Blue Velvet ☆ 音彩ブログ

As time goes by.~日々の残像~ここは日常のヒトコマを切り取る場所。日々の想いや感じたままの言葉の置き場所。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --    

イチロー快挙達成の日にジョージを聴いていた。 

イチロー 日米通算4000本安打達成おめでとうございます!!
日本での記録が1/3だから認められないだとか、重箱の隅突っついてケチつけるヤツがどの国にもいるんだね。殿堂入りを目指してやってるわけじゃないのはイチローの謙虚さが物語っているじゃないか。
あ?ご心配無用。日本人の誇りとして日本人が素直に勝手に喜んでいるだけですから。

てことで、久々に音楽ネタを。

『While My Guitar Gently Weeps』はBeatlesの中でもベスト3に入るくらい大好きな曲。

これが昨日入ったカフェでインストで流れたんだけどすっごい柔らかくて新鮮だった。
ほら、スーパーや大型ショッピングセンターでよく耳にするオルゴール的なあんな感じで。
こうして無名のアレンジャーによる、無名のミュージシャンのインストゥルメンタルも
誰も気付かないところで時代を刻み続けているんだなと思うと嬉しくもあったりして。

2013-08-22.jpg

Beatlesが好きというよりも、それ以上にジョージが大好きだった。
曲のセンスはもちろん、世界観に心酔していたなあ、あの頃。
あんな髭の似合う大人になりたいなんてことも。

そんなこんなで帰ってからYoutubeサーフィンしていたら、

すっげー豪華で美しいセッション発見!!







ここにクラプトンもいたら天国からジョージがストラトキャスター弾きながら降りてきそうだにゃ。
プリンスが歌わないでギターに徹してるってだけでオドロキだけど、
クラプトンとは違う味があって、これはこれでありかなと。
何よりもみんなジョージ大好きでトリビュートしてるって雰囲気が伝わってきて心地いい。

ジョージ44歳のときの映像がありました。


「The Prince's Trust Concert 1987」より
(このチャリティーコンサートのVHS版持っていたんだけど、どっかへいっちゃったな・・・)

鬚を生やし、シックな黒のジャケットで決め、ストラトキャスターを弾くジョージは、
あの傑作ライブ『Concert for Bangladesh』と対照的ですごくいい。
何と言ってもこのコンサートはジェフ・リンのサポートがあって、リンゴ、クラプトン、エルトン・ジョンという
ジョージ復活作『Cloud Nine』のレコーディング・メンバーが揃っているのですから、
この時点でアルバムの構想が盛り上がって作られたのではと勝手に思っています。

お、DVDあったゾ!




スポンサーサイト

category: 【 洋楽 G・H 】

thread: 音楽のある生活  -  janre: 音楽

tag: 洋楽  ビートルズ  ジョージ・ハリスン  イチロー 
TB: 0    CM: 2   

イチロー×矢沢永吉 英雄の哲学  

イチロー×矢沢永吉 英雄の哲学

再読。
少しモヤモヤが晴れた。

この二人の共通項は、何もない空間を破り、切り取り、最高のものを求め続けているということ。
人生。筋が通っていて、常に刺激を求め、強い信念を持ち、遊び心を忘れていない。
超一流は超一流を知る。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

イチロー×矢沢永吉 英雄の哲学 -1

人は、現役で在り続けなければならない (p15)
人は、子どものころの気持ちを忘れてはならない (p37)
人は、最高のレベルを求めなくてはならない (p59)
人は、未知の扉を開けなくてはならない (p79)
人は、自己と向き合わなくてはならない (p105)
人は、変化し続けなくてはならない (p131)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


イチロー×矢沢永吉 英雄の哲学イチロー×矢沢永吉 英雄の哲学
矢沢 永吉 「イチロー×矢沢永吉 英雄の哲学」製作委員会

ぴあ 2006-06-30
売り上げランキング : 37199

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



category:  ├ Books

thread: 最近読んだ本  -  janre: 本・雑誌

tag:   矢沢永吉  イチロー 
TB: --    CM: --    

まだ誰も登ったことのない高みへ  

●イチローがメジャー史上初“9年連続200本安打”達成!!●

鳩山政権が16日にも誕生する。
お国はイチローに国民栄誉賞を授与するのであろうか。

イチローは、これまでに二度、国民栄誉賞の授与を打診されており、いずれも辞退している。
二度にわたって打診した時の政府の姿勢も異様だが、
それを二度とも辞退するイチローの精神のありようも並大抵のものではない。
そこが他の一流選手との決定的な違いなのかもしれない。
一流を超えた一流、まさに超一流だといえる。

はじめて国民栄誉賞について内意を問うたのは、
2001年、イチローがメジャーリーグで日本人選手初の首位打者を獲得した時のことだ。
小泉内閣から授与について打診があった。

対してイチローの返事はNO!!

「光栄だが、まだ現役で発展途上の選手なので、もし賞をいただけるのなら現役を引退した時にいただきたい」

要するに、あのイチローがまだ未熟だと答えているのだ。

そして再び2004年に、メジャーシーズン最多安打を記録すると、
政府は、再び国民栄誉賞の授与を画策する。
イチローはこの時も辞退した。

二度も辞退したことで世間から、
「失礼だ」「傲慢だ」「何様?」という声が上がった。
半面「当然」「立派」「カッコいい」という声もそれ以上に大きかった。

今さらこんなドメスティックな枠組みにはめこもうとする方がどうかしている。
たとえば、モーツアルトにレコード大賞をあげると言ったら、
あいつはどう言うだろう。
あるいは芥川龍之介に直木賞をとか。
セコさで言うとジェームスディーンにベストジーニスト賞。
大きく出てイエス・キリストにノーベル平和賞。

いずれにしても、アメ玉を貰って喜ぶのは腹を減らした人間だけだ。

イチローのような存在をつかまえて
「あなたは立派な日本人でした」
という言い方をするのは、侮辱にさえなりかねない。
「あなたは、日本人離れして立派でした」
というんなら別だけど。
 
二度目も辞退したイチロー。

辞退そのものよりも、二度目の打診に驚いた。
だって、「二度は断れないだろう」という傲慢さがあまりにも見え見えで。
カタにハマった人間観がいかにもお役人らしかったからだ。

ところが、イチローは固持した。
真に卓越した個性は、空気を読まない。
それがアウトスタンディングということだ。

どの時代にも先駆者はいる。

誰が赤っ恥をかくことになろうと「要らないものは要らないよ」
と、はっきりと態度で示す。これが素晴らしい。
今世紀最大のヒーローと言っても過言ではないイチローって男はさらに何を目指すんだろう。

category: 【 随筆的なサムシング 】

thread: 日々のつぶやき  -  janre: 日記

tag: 2009年  野球  イチロー  国民栄誉賞  メジャーリーグ 
TB: --    CM: --    

PROFILE

Comments+Trackback

月別アーカイブ(過去ログ)

カテゴリ

タグクラウドとサーチ

ご訪問ありがとうございます

Welcome to Flag Counter!

フリーエリア

【免責事項】

Memorial,Steven Paul Jobs

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

Twitter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。