Blue Velvet ☆ 音彩ブログ

As time goes by.~日々の残像~ここは日常のヒトコマを切り取る場所。日々の想いや感じたままの言葉の置き場所。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --    

思うまま有るがままつらつらと 

今年初の2連休。土日休みは久しぶりです。

このところ花冷えどころか冬に戻ろうかという寒さ。
寒かったり暖かかったりで、そらあ体調も崩れるわなあ。
クシュン(嘘)


2013-03-29 汐留
浜離宮恩賜庭園 (撮影日:2013/03/29

菜の花がまぶしく咲き誇る。汐留ビル群の冷たさが温もりに変わった日。


2013-03-30.jpg
近所の公園にて (撮影日:2013/03/30

まだまだ元気だ。愛おしい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


30日昼、PCのメンテナンス作業中、部屋にエスニックな香りが広がってきた。

もしかしてもしかすると?



タイカレー

タイカレー!!!

ガーリックライスとの相性バツグンです。

生春巻も、
スイートチリソースちょろっと付けて
うまうまでした。

ごっつあんです、Thanks!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

女優坂口良子さん逝去。57才か・・・
確かに若過ぎる。美人薄命とはこのことをいうのだろう。

思い入れのある著名・有名人の訃報に触れると、
「残念」とか「悲しい」とか「驚き」という様ざまな感情を抱くものだが、
坂口良子さんの場合は「有り得ない!!」だった。

ドラマ『前略おふくろ様』のかすみちゃん、可愛いすぎるほど可愛かった。



僕らより上の世代ですが、綺麗でかわいいアイドル的存在だったのは間違いありません。

ご冥福をお祈りします。




そして、この曲。
ジャニス・イアン「ラヴ・イズ・ブラインド〜恋は盲目〜」

坂口良子さんとジャニス・イアン。なぜかワンセットになっている。
先ほどググってみたらやっぱりそうだった。

TBSドラマ(1976年)『グッドバイ・ママ』(Goodbye, Mama)の主題歌。




スポンサーサイト

category: 【 随筆的なサムシング 】

thread: 日々のつぶやき  -  janre: 日記

tag: 浜離宮恩賜庭園  染井吉野  カレー  坂口良子  ジャニス・イアン  ドラマ  1976年 
TB: --    CM: --    

ランチ カレー CM ネスカフェ 

CoCo壱のカレーが
食べたい!!


って、日が月に何度かある。

溜池山王へ行ってきた。

20120627 CoCo壱野菜カレー

迷わず、

『やさいカレー』

ほうれん草トッピング。
いつもは2辛なのに、
3辛で・・・」
初です。

けっこうピリピリッとく~る~
でも、
クセになりそうな辛さ。

隣席の学生風は大盛り5辛だぜぇ~
汗だくで一心不乱!!
どうだ、わいるどだろう~


会社へ戻って
バリスタでコーヒータイム


20120627 コーヒータイム

違いがわかるオトコの~なんちゃってつぶやいたら、
女性スタッフに「?顔」されました。
世界中どこでもネスカフェとか・・・
知らんだろうな(笑)




原曲は1973~1974年にヒットしたバーブラ・ストライサンドの「追憶:The Way We Were
映画の主題歌でもあったわけですが、小学生だった自分は映画にまったく興味もなく、
ただただ「美しい曲」という印象でしたね。

車、洋酒、化粧品、ファッション、、、etc
昔のCMは大人の世界への憧れや象徴だった気がします。
こういう気品と奥行きのあるCMは、
もうネットでしか見られないと思うと至極残念であります。


人気ブログランキングへにほんブログ村 音楽ブログ 好きな曲へblogram投票ボタン




category:  ├ 美味ログ

thread: 美味しいもの  -  janre: グルメ

tag: グルメ  CoCo壱番屋  カレー  バリスタ  コーヒー  CM  ネスカフェ  バーブラ・ストライサンド  1979年  1973年 
TB: 0    CM: 4   

約束を破る自分を許すのをやめよう。  

【3/1 遅めのランチは豆カレー】
20120301ランチ-カレー

約束をしないのは責任から逃れる行為だ。
約約束をすれば責任と言う重いプレッシャーを背負うことになる。
あえて責任を背負い、そのプレッシャーをなぎ倒してこそ進化を遂げる。


でも約束を破った時に、いとも容易くすいませんと言う奴がいる。
謝って済むなら桜田門なんて必要ありませんって。
ニヤニヤしながら謝られて気分のいい人なんていません。

何故人の神経をそこまで逆撫でできるのか本人に聞いてみた。
理由にならない理由をこじつけながら、もっともらしい言い訳に終始する。
挙句に「ペナルティーを受けるので許して欲しい」と言う。

だけどね、罰は罪を帳消しにするためにあるんじゃない。

罪は決して消えないもの。罰はあくまで反省し更生する為の手段でしかない。
約束を破ったことを許して貰いたいなら、逃げずにもう一度約束をするしか道はない。
そして見事その新たな約束を守ってこそ前回のしでかした約束反故への本質的な反省となる。

また、本人が何故約束を破ってはいけないのかを意識しなければ意味が無い。
約束を破られた人の痛みが伝わる罰じゃなきゃ意味が無い。
自分に痛みがあるように、他人にも痛みがある事を自覚してもらわなきゃいけない。

約束を破られた相手がどれだけ困るか分かったら、二度と破らないと約束することだ。
そして約束を反故にしといて謝っただけで許してもらう習慣から抜け出す事だ。
必ずそれ以上の成果を添えて反省する事でしか他人は納得しない。

約束を破る自分を許すのをやめよう。
謝って許してもらうのをやめよう。


人気ブログランキングへにほんブログ村 音楽ブログ 好きな曲へblogram投票ボタン



category: 【 随筆的なサムシング 】

thread: 日々のつぶやき  -  janre: 日記

tag: ランチ  カレー 
TB: 0    CM: 0   

PROFILE

Comments+Trackback

月別アーカイブ(過去ログ)

カテゴリ

タグクラウドとサーチ

ご訪問ありがとうございます

Welcome to Flag Counter!

フリーエリア

【免責事項】

Memorial,Steven Paul Jobs

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

Twitter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。