Blue Velvet ☆ 音彩ブログ

As time goes by.~日々の残像~ここは日常のヒトコマを切り取る場所。日々の想いや感じたままの言葉の置き場所。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --    

♪♪ Fleetwood Mac - Tango in the Night (1987年)  

Tango in the NightTango in the Night
フリートウッド・マック

Warner Bros / Wea 1994-09-22
売り上げランキング : 34067

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



フリートウッド・マック全盛期メンバーでの最後のオリジナルアルバム。全米7位を獲得。

アルバム的には『Rumors』よりも、L・バッキンガムのセンスの良さが光るこっちが好きかもしれない。

ジャケットの美しさから言っても既に息を呑む名盤であることに間違いござんせん。

こないだレコードラックから出てきたLP盤。すっかり見入ってしまった。

LP-Tango in the Night

-Side One-
1. Big Love
2. Seven Wonders
3. Everywhere
4. Caroline
5. Tango In The Night
6. Mystified

久しぶりに針を落としてみた。うーーーん、やっぱりねえ、なんつったってスティービー・ニックス。
全曲ステ曲が無い中で、Side Oneから「1曲を選べ」といったら、
躊躇せず即答で『Seven Wonders』(全米19位)をチョイスしますね。
スティービーの官能的なハスキーボイスがたまらんのです。
たぶん、たぶんですけど非難を恐れずに言うなら、
「これで・・・ソロで行ける!」って確信したんではないでしょうか。




-Side Two-
7. Little Lies
8. Family Man
9. Welcome To The Room...Sara
10. Isn't It Midnight
11. When I See You Again
12. "You And I, Part II"

Side Twoからは、このアルバムから最大のヒットとなった、
クリスティン・マクヴィーの『Little Lies』(全米4位)。
「どうせ嘘をつくなら、もっとじょうずに甘い嘘をついてよね」なんてことを、
こんなに可愛く言われちゃったら、
「ごめん」って頭をナデナデしたくなるわなあ・・・ね?そこの御仁も。





人気ブログランキングへにほんブログ村 音楽ブログ 好きな曲へblogram投票ボタン


スポンサーサイト

category:  ├ Fleetwood Mac

thread: 音楽のある生活  -  janre: 音楽

tag: 洋楽  HR/HM  フリートウッド・マック  スティービー・ニックス  クリスティン・マクヴィー  1987年 
TB: 0    CM: 3   

PROFILE

Comments+Trackback

月別アーカイブ(過去ログ)

カテゴリ

タグクラウドとサーチ

ご訪問ありがとうございます

Welcome to Flag Counter!

フリーエリア

【免責事項】

Memorial,Steven Paul Jobs

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

Twitter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。