Blue Velvet ☆ 音彩ブログ

As time goes by.~日々の残像~ここは日常のヒトコマを切り取る場所。日々の想いや感じたままの言葉の置き場所。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --    

エアロスミス来日 11/30東京ドーム参戦調整中 

エアロスミス来日2011


「チケットGetz!!」と、ささやいた瞬間、社内がワァワァ炎上。

♂「昔っからよく聴いてまあ~す」

♀「顔に似合わず超sexyな声なんですよね~」

♂「エアロスミスとケアレスミスの違いを教えてください!」

♂「スティーヴン・タイラに2000点!!」

なんてことが勝手に飛び交っている。

おいおーい、エアロ基地ってこんなにいたか?
おまいらアルマゲドンしか知らねーだろうが(爆)

エアロスミス東京ドームチケット20111130


ただし(と前置きしてから)

「予定が入ってて微妙なんだよ・・・」

ニンマリするM・A

「行けなかったら、僕に譲ってくださいっ!!」
Dream onだけで、100万出しても、生で聴きたいんです。」

確かにそれは言えてる。

熱い男だぜ。



これ聴いちゃうと、エアロ最高のバラードは「ミス・ア・シング」より上かなって思う。

B'zはまた寄生するのだろうか・・・まあ、それはどうでもいい。
エアロは結成40周年という長い歴史を刻んできた。平均年齢が還暦だってーのに現役バリバリ。
今回オリジナルメンバーってのが嬉しい。
カッコいいおっさん達に7年越しで会えるって考えただけでゾックゾクする。

少しずつ復習しとかなあかんだろなぁ。
思い浮かんだ曲をズズイーッと。

・Dream on
・Train Kept a Rollin
・Mama Kin
・Walk This Way
・Sweet Emotion
・Back In The Saddle
・Dude(looks like a lady)
・Angel
・I Don't Want To Miss a Thing
・EAT THE LICH
・WHAT IT TAKES
・CRAZY
・FALL IN LOVE
・NINE LIVES
・HOLE IN MY SOUL


セレクトしたのは、

Sweet Emotion
この曲を聴きながら〆よう。

そういえば、映画「アルマゲドン」の挿入歌だったな、コレ。
R&Bしてますなぁ・・・ぶっちゃけ、この曲がカッコイイと思えるまで10年はかかっている。
いや、それ以上かも。聴けば聴くほど味が出てきた。スルメみたいに。
この曲かどうかはわからないが、ジョー・ペリーの使うトーキングモジュレーターを聴いて、
ジェフ・ベックは「やられた!」と思いそれ以降使わなくなったという噂があった。
まあ、それはそれで、新境地を切り開いたんだから善しとしなきゃな、ベック。



着地点はそうきたか!!

「世の中、Sweetだけでは生きらんないよ?坊や」と言わんばかりのオチに脱帽。
ニッポンでは常識に囚われ、世間を恐れ、200%作れないシロモノ。
このPVにしかめっ面をするか、自由な発想を展開するかはあなた次第です。

「Sweet Emotion」

直訳すれば「やさしい気持ち」?
なんせ怖いもの知らずなエアロワールド。ここに相川七瀬が入ってきちゃダメだ。
非難を恐れずに言うならば、ずばり「ヤリテーんだ」でいいんじゃないでしょうか。
1975年リリース3rdアルバム「TOYS IN THE ATTIC」(邦題:闇夜のヘヴィ・ロック) に収録。
振り返ってみれば、エアロを追っかけたのはこのアルバムからだった。後追いでしたが。


Toys in the AtticToys in the Attic
(2008/12/10)
Aerosmith

商品詳細を見る

売上600万枚を計上、全米11位を記録。文字通りエアロ出世作となったアルバム。
最高傑作と呼ばれるのは次作の「Rocks」(ロックス)でしょうけど、
Bergamot的にはこのアルバムの方が好み。
ラップあり、バラードあり、よりヘヴィなHRあり、サイケ風味も程よい按配で構成された、as it were...
エアロの入門書といっても過言じゃない。と言い切ってみる。

【TRACK LIST】
1. Toys in the attic (ライブの定番)
2. Uncle Salty
3. Adam's apple (信仰心をおちょくった?聖書ネタ)
4. Walk this way (全米4位、ライブ終盤では欠かせない)
5. Big ten inch record (ブラス・ロック風なロックンロール)
6. Sweet emotion (全米11位、ライブ終盤では欠かせない)
7. No more
8. Round and round
9. You see me crying



ただいま、1.3.4.5.6をリピートしながら覚醒中。

しばらくエアロ漬けな毎日を過ごしそうな?勢いで聴いている。


よかった、今日OFFで(笑)


人気ブログランキングへにほんブログ村 音楽ブログ 好きな曲へblogram投票ボタン
スポンサーサイト

category:  ├ Aerosmith

thread: 音楽のある生活  -  janre: 音楽

tag: 洋楽  HR/HM  エアロスミス  ジェフ・ベック    B'z  相川七瀬  1975年 
TB: 0    CM: 4   

Jeff Beck 1954 Les Paul Oxblood 

ジェフ・ベックが愛し、自身の名盤Blow By Blow(1975年)のアルバム・カバーにも登場し数多くの伝説的名演を残したオックスブラッド・レスポール。
ギブソンから完璧に再現したJeff Beck 1954 Les Paul Oxbloodが発売となるらしい。





最初の限定50本は、ジェフ・ベック本人が一本一本実際に演奏し、
直筆のサインと製造番号が施されて出荷となるというもの。
プレミアムもんですね。


Jeff Beck 1954 Les Paul Oxblood

1本諭吉240人。 
新車1台買えます。すっげ!

まあ、投資目的でオトナ買いする金ピカヤロウってどこにでもいます。
ああヤダ、ヤダっ、ヤダねぇ・・・札束で頬ビンタするむさい守銭奴。
ひとりでも多くのコアなファンが手にして貰いたいものだ。

その後順次リリースされる限定100本は、1本741,000円。

限定150本の詳しくは⇒ギター・マガジン・オンライン
http://guitar.digimart.net/2009/01/gibson_3.html



人気ブログランキングへにほんブログ村 音楽ブログ 好きな曲へblogram投票ボタン



Blow By Blow
Jeff Beck

Blow By Blow
Wired There & Back Truth (Exp) Guitar Shop ジェフ・ベック・グループ
by G-Tools

category: 【 洋楽 I・J・K 】

thread: 音楽のある生活  -  janre: 音楽

tag: 洋楽  HR/HM  ジェフ・ベック  ギブソン    レスポール  1975年 
TB: --    CM: --    

PROFILE

Comments+Trackback

月別アーカイブ(過去ログ)

カテゴリ

タグクラウドとサーチ

ご訪問ありがとうございます

Welcome to Flag Counter!

フリーエリア

【免責事項】

Memorial,Steven Paul Jobs

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

Twitter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。