Blue Velvet ☆ 音彩ブログ

As time goes by.~日々の残像~ここは日常のヒトコマを切り取る場所。日々の想いや感じたままの言葉の置き場所。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --    

♪♪ Scatman John - Scatman (1995年) ~スキャットマンから学んだこと~ 



たぶん、彼の死を知らない人も多いことだろう。
多くの人にとって、それはどうでも良いことなのかもしれない。
でも僕は、彼の死を知った日は、彼の歌を聴かずにはいられなかった。
心地よいリズム。前向きな歌詞。そして小気味よいスキャット。

いつも通り。そう、いつも通りなんだ。だから余計悲しかった。

彼の名は、スキャットマン・ジョン。
幼い頃から吃音症。どもってしまうという障害を持っていた。
誰ともまともに話せなくて、いつもビクビクしていたという。

「ことばが上手く話せない」

そんな劣等感を抱く幼い彼の唯一の友だちがピアノだった。
裏切らない音楽は彼の言葉になった。
ピアノというコミュニケーションの手段を得た彼は、
徐々にジャズ・ピアニストとして活躍するようになり、
ほそぼぞと生計を立てつつ、デビューを果たしたのは52歳。

1999年、彼がなくなる5年前だった。



-- 続きを読む --
スポンサーサイト

category: 【 洋楽 S 】

thread: 音楽のある生活  -  janre: 音楽

tag: 洋楽  1995年  スキャットマン・ジョン 
TB: --    CM: --    

PROFILE

Comments+Trackback

月別アーカイブ(過去ログ)

カテゴリ

タグクラウドとサーチ

ご訪問ありがとうございます

Welcome to Flag Counter!

フリーエリア

【免責事項】

Memorial,Steven Paul Jobs

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

Twitter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。