Blue Velvet ☆ 音彩ブログ

As time goes by.~日々の残像~ここは日常のヒトコマを切り取る場所。日々の想いや感じたままの言葉の置き場所。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --    

扉の向こう側 

あっち向いてこっち向いて、いや、それじゃないと明後日の方を見たりする。
でもよくよく考えてみると、着地点はほぼ決まっているような気がする。
これって結局はぶれてないということなのだろうか。
みんなの前であがいてるふりしてるだけで、実はけっこう醒めた男なのかもしれないな。

それでいいのかもと底の底では思ってる自分だっている。
もういい歳なんだろ。やりたいことだってやってきただろ。
背負っているのも大きいだろ。重装備にもなっただろ。
オマエの望んでいる面白い人生ってホントはなんなんだ?
そう思いながら、ぐるぐるまわって、酒飲んで扉が開いた気になって。

ジム・モリソンは「知覚の扉」というフレーズから、自らのバンドを「ドアーズ」と名付け、
登りつめて、ステージですっぽんぽんになって、ドラッグと酒に溺れ、
最後の最後で自分自身が最も早く知覚の扉の向こうに行ってしまった。

ジム・モリスン詩集―「神」「新しい創造物」ジム・モリスン詩集―「神」「新しい創造物」
ジム モリスン James Douglas Morrison

新宿書房 2005-10
売り上げランキング : 194141

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

歳喰ったせいかもしれないけど、人生は長いようで短いものだと最近つくづく思う。
短い中でできることなんてほんとこれっぽっちもない。
でも短い中でもそれなりに長いスパンで考えると、できることはないわけじゃない。
今のままでええんかい、おまえ。
まあ、ちょっと先には、また別の御託を並べてるだけなのかもしれないんですけどね。
もうちょっとストイックに生きようといつも思ってるんですよ。

昨日、街道のベンチに座って、地上1m足らずの視線で街ゆくお姉ちゃんとか若者を見てました。
その視線で見る夜の世界は、なんか優しくなれたような気が一瞬だけだけどするんですよね。
そんな視線の先に、きっと咲いてるんでしょうね、素敵な花が。
いつもそんなレベルのあたりを嗅ぎまわっているだけなのかもしれないんですけど。
朝になったら夜露のように消える何かをね。

とにかくね、いつもそんなろくでなしに付き合ってもらってる方々に深謝しております。
これからもどうかよろしくです。


The Doors- Light My Fire

スポンサーサイト

category: 【 随筆的なサムシング 】

thread: 日々のつぶやき  -  janre: 日記

tag: 洋楽  ドアーズ  ジム・モリスン   
TB: 0    CM: 0   

♪♪ Rapture Riders - Blondie vs. The Doors (2006年) 

Greatest Hits: Sound & Vision (W/Dvd)Greatest Hits: Sound & Vision (W/Dvd)
Blondie

Capitol 2006-01-26
売り上げランキング : 257295

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

【TRACKS】
ディスク:1
1. Heart Of Glass
2. Sunday Girl
3. Atomic
4. Call Me
5. The Tide Is High
6. Rapture
7. Maria
8. In The Flesh  Remix
9. Rip Her To Shreds
10. Denis
11. Picture This
12. Fade Away (And Radiate)
13. Hanging On The Telephone
14. One Way Or Another
15. Dreaming
16. Union City Blue
17. Island Of Lost Souls
18. Good Boys  Blow-Up Mix
19. End To End
20. Rapture Riders  Blondie vs. The Doors (Bonus Track-previously unreleased)

ディスク:2
1. In The Flesh (DVD)
2. Denis (DVD)
3. Detroit 442 (DVD)
4. Picture This (DVD)
5. Hanging On The Telephone (DVD)
6. Heart Of Glass (DVD)
7. Dreaming (DVD)
8. The Hardest Part (DVD)
9. Union City Blue (DVD)
10. Atomic (DVD)
11. The Tide Is High (DVD)
12. Rapture (DVD)
13. Island Of Lost Souls (DVD)
14. Maria (DVD)
15. Good Boys (DVD)
16. Rapture Riders (DVD)


「えっ、何これっ?」と驚かされる曲がたまにある。

最近では“Rapture Riders - Blondie vs. The Doors”

ブロンディの81年全米No.1ヒット曲で最後のシングル“Rapture”

アメリカの伝説的ロック・バンド、ドアーズ の“Riders On The Storm”が美しくマッシュ・アップした曲だ。

ジム・モリソンのヴォーカルが乗っかっちゃてる、というマツコデラックスなナンバー!!

水と油ほどに違うナンバーを組み合わせるとは、換骨奪胎とはいえどあっぱれ!

ミュージック・ビデオまで作ってしまって、

若き日のジム・モリスン、レイ・マンザレクの演奏シーンを拝むことができる。

これぞ贅沢の極み、まさに音楽オタクの夢ですな。



Rapture RidersRapture Riders
Blondie Vs the Doors

EMI 2006-05-22
売り上げランキング : 783488

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

【TRACKS】
1. Rapture Riders (Single Edit)
2. Rapture Riders (Full Version)
3. Rapture (Single Version)
4. Rapture (Special Disco Mix)


ドアーズ(The Doors) の“Riders On The Storm ”は、

ジム・モリスンが生きている間に発売されたシングルとしては最後のものであり、

遺作となったアルバム、1971年発表の『L.A.ウーマン』に収録されている楽曲。


La WomanLa Woman
Doors

Rhino / Wea 2007-03-27
売り上げランキング : 51233

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

【TRACKS】
1. Changeling
2. Love Her Madly
3. Been Down So Long
4. Cars Hiss by My Window
5. L.A. Woman
6. America
7. Hyacinth House
8. Crawling King Snake
9. WASP (Texas Radio and the Big Beat)
10. Riders on the Storm


ドアーズ


ドアーズ(The Doors)
1965年米国ロサンゼルスで結成。バンド名はオルダス・ハクスリーの著書『知覚の扉』から。
オリジナル・メンバーはジム・モリソン(vo)、レイ・マンザレク(key)、ジョン・デンズモア(ds)、
ロビー・クリーガー(g)。66年エレクトラ・レコードと契約、67年にアルバム『ハートに火をつけて』でデビュー。
アルバムタイトル曲「ハートに火をつけて」が大ヒット。
ジム・モリソンのセクシャルなパフォーマンスによるライヴも評判となり高い人気を得る。
71年7月にジムが滞在先のパリで急死。27歳という若さだった。残った3人で活動を続けるが、73年に解散。
その後も未発表ライヴや伝記映画の公開などで注目を集めた。
さらにマンザレク、クリーガーを中心に元カルトのイアン・アストベリーをヴォーカリストに迎え、
“ザ・ドアーズ・オブ・21stセンチュリーの名で2003年に来日も果たした。


The Doors - Light My Fire


ハートに火をつけてハートに火をつけて
ドアーズ

ワーナーミュージック・ジャパン 2005-08-24
売り上げランキング : 7798

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




人気ブログランキングへにほんブログ村 音楽ブログ 好きな曲へblogram投票ボタン



category:  ├ Blondie

thread: 音楽のある生活  -  janre: 音楽

tag: 洋楽  HR/HM  ディスコ/クラブ  1967年  1981年  2006年  ブロンディ  ドアーズ  ジム・モリスン 
TB: 0    CM: 0   

PROFILE

Comments+Trackback

月別アーカイブ(過去ログ)

カテゴリ

タグクラウドとサーチ

ご訪問ありがとうございます

Welcome to Flag Counter!

フリーエリア

【免責事項】

Memorial,Steven Paul Jobs

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

Twitter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。