Blue Velvet ☆ 音彩ブログ

As time goes by.~日々の残像~ここは日常のヒトコマを切り取る場所。日々の想いや感じたままの言葉の置き場所。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --    

HSAS - Discography;Through the Fire (邦題:炎の饗宴) 

Through the Fire・アルバムタイトル:Through the Fire
・アーティスト:HSAS

Geffen Records 1997-05-27
売り上げランキング : 3412

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


HSASとは、1984年に突如誕生したプロジェクト・バンド。
Family Nameの頭文字を並べただけの素っ気無いプロジェクト名ですが、
この豪華な顔ぶれは凄い!

Hagar Schon Arronson Shrieve

・ヴァン・ヘイレンに加入する前のサミー・ヘイガー(Sammy Hagar) (Vo)
・ジャーニー全盛期のニール・ショーン(Neal Schon ) (g)
・元ビリー・スクワイアーのケニー・アーロンソン(Kenny Aaronson) (b)
・元サンタナのマイケル・シュリーヴ(Michael Shrieve ) (Ds) 

HSAS around 1984


Through the Fire (邦題:炎の饗宴)

この伝説的なプロジェクトが残した唯一のアルバムで、
たった一夜限りのライヴをスタジオでオーバーダビングしたという超レアもの。

なんてたってヴォーカルはサミーです。悪いはずがありません。
ニールのプレイも攻撃的で、ジャーニーでの鬱憤を晴らすかのようにヘヴィでエグイ。
これぞ骨太のアメリカン・ハードロック!!
商業的には成功しませんでしたが、80年代の超鉄板アルバムに間違いナシです。
サミーが着ている“寿司さしみ”のTシャツは漢字ブームの走りでもありました。
ひさしぶりに聴くと、もう一度このメンツでやって欲しかったなぁ・・・とつくづく思う。

HSAS around 1984 -2


【Tracks】
1. Top of the Rock
2. Missing You
3. Animation
4. Valley of the Kings
5. Giza
6. Whiter Shade of Pale
7. Hot and Dirty
8. He Will Understand
9. My Home Town

【お気に入り3曲レビュー】

track,2 Missing You
Missing You by Hsas on Grooveshark

Bergamot的ベストトラック。
ハードに弾きまくりたかったニールショーンの真骨頂!!
こういう曲を歌わせたら、サミーって上手いよなあ。
この1年後にヴァン・ヘイレン(Van Halen)に加入する。

track,6 Whiter Shade of Pale
Whiter Shade Of Pale by Hsas on Grooveshark

前記事にUPしたプロコル・ハルムの名曲「青い影」のカヴァー。
スマッシュヒットした。
美しく熱い演奏を惚れ惚れしながら聴くと、この時代にこの4人が会し、
この素晴らしい名曲が生まれたことに感謝したい。

track,8 He Will Understand
He Will Understand by Hsas on Grooveshark

ニールの魅力は、起承転結のはっきりしたメロディアスなソロを弾く一方で、
強引に音を詰め込む、弾きまくりの時の汗臭いプレイにある。
サミー最高!!


人気ブログランキングへにほんブログ村 音楽ブログ 好きな曲へblogram投票ボタン




スポンサーサイト

category: 【 洋楽 G・H 】

thread: 音楽のある生活  -  janre: 音楽

tag: 洋楽  HR/HM  1984年  HSAS  サミー・ヘイガー  ニール・ショーン  ケニー・アーロンソン  マイケル・シュリーヴ  プロコル・ハルム 
TB: 0    CM: 0   

♪♪ Journey - Send Her My Love (1983年) 

ジャーニー “マイ・ラヴ”


Journey "Send Her My Love" 投稿者 bluntedsoul

ニール・ショーンの哀愁漂う啼きのギターと、
スティーヴ・ペリーのハイトーン・ハスキーボイスに捉まった。
あらためて聴くと意識が遠のいていくみたいな・・・
後半のリフは本当に泣けてくる。



1976年発表のLook Into The Future(未来への招待状)は最高傑作なのだが、
初期の頃の音楽性は、どちらかというと玄人受けするタイプで、
ヒット曲もなく商業的に泣かず飛ばずだった。
スティーヴ・ペリーを迎えてからは、より大衆受けする音楽性に変化し、
アルバム「インフィニティ」では200万枚を記録するヒットとなった。

1981年、時代はちょうどAORブームが吹き荒れていた頃、
アルバム「エスケイプ」はロック界のみならず、全米チャートを制覇してしまう。
一部の中にはジャーニーのことを「産業ロックだ」と陰口を言う輩もいたが、
あまりにも売れすぎたことへの皮肉だろうな。
そして、1983年発表、この曲が収録されているアルバム「フロンティアーズ」
全米2位を記録した。


人気ブログランキングへにほんブログ村 音楽ブログ 好きな曲へblogram投票ボタン



category:  └ Journey

thread: 音楽のある生活  -  janre: 音楽

tag: 洋楽  HR/HM  ジャーニー  ニール・ショーン  スティーヴ・ペリー  1983年 
TB: --    CM: --    

PROFILE

Comments+Trackback

月別アーカイブ(過去ログ)

カテゴリ

タグクラウドとサーチ

ご訪問ありがとうございます

Welcome to Flag Counter!

フリーエリア

【免責事項】

Memorial,Steven Paul Jobs

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

Twitter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。