Blue Velvet ☆ 音彩ブログ

As time goes by.~日々の残像~ここは日常のヒトコマを切り取る場所。日々の想いや感じたままの言葉の置き場所。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --    

花は散り心ざわめく 

2013-04-12 東京ミッドタウン
2013/04/12 東京ミッドタウン) 
モノクロに加工してみたら意外にいいじゃん的なヲイ。


去年の大河ドラマ「平清盛」の総集編を見終えた。

「面白う生きることが、夢じゃ」清盛はそう言って、「お前はまたそんな子供のようなことを」と、
源義朝にポカリと殴られ、それを佐藤義清(後の西行)は傍らで笑って聞いていた。

振り返ればいろんな荷物を抱えて、ここまでやって来たもんだ。
他人様に言えないことだってずいぶんしてきた。
それなのにいっちょまえのツラして、若造に説教たれたりもして。

他者の存在の中に自分がいる。社会的評価の中に自分の存在もあり、
実の「個」の自分なんて単独では存在しないものなのかもしれないとさえ思わされる時もある。

自分の人生を否定するわけではないけど、
じゃあ「面白う」生きてきたんか、奴らに高笑いを聞かせてやれたのかと自分に問うている自分がいる。
それだけじゃないことはわかってる。いままでの人生、悪い旅じゃなかったとは思ってる自分もいる。
そんな対峙するものを行ったり来たりしてるんだ。

でも・・・
花は散り、心はざわめく。
やっぱり春なんでありんすか?

当たり前のようにヒトが死に、ヒトが自分の利益のために他人を利用する、親族さえも、親子さえも。
生きてゆくために清盛は叔父の首を跳ね、義朝も親の斬首を命じられた。
そんな想いをしても、自分の「まだ見ぬ世界」を見ようという意思。その夢を見つつも中半で潰えてしまうもの。
男が切られ、残された女が物乞いし身体を売り、子供が売られ、その体から放つ臭気に、
そんな時代のリアルすぎる仮想空間に放り込まれた自分は、果たして正常でいられるだろうか。

なんだろう・・・
この無力感と脱力感と徒労感は・・・

いや、今だって、目を向ければ同じようなもんだ。
ライブが終わっても、映画館を出ても、PCをシャットダウンしても、世界では飢餓と殺戮が続いている。
隣国いたっては日本を標的にミサイルをブッ飛ばして核戦争おっ始めようと恫喝している。

中学生の時、人類は悪だと思った。

永井豪先生の「デビルマン」の影響が大だったのだけれど、まんざら間違いでもない。
その時の自分はなす術もなく、ただただ破壊衝動に満ちていた。
一歩踏み出す力もなく、世界とどうやって寸法合わせていいか皆目検討つかずにいた。

デビルマン


平家は壇ノ浦で滅びた。
清盛入道はその前に、一族の絶滅を予見しながら病に倒れて没した。

でも、いつの時代でも唯一残るのは、やはり前に進もうとする意思なのだ。
何かを犠牲にしても這い上がろうとする意思、良いとか悪いとか、そんなものを超越して、
たとえ形に残らなくっても、その意思だけが人間存在ってやつの「何か」を支えてくれるんだと思う。

そいつが、

美しかろうがさもしかろうが
崇高であろうが卑賤だろうが
後世に残ろうが消えようが

オレの「生」を生きたい。
そしてオレ流の死にざまで「死」を迎えることができたら、
面白う生きてきた証になると信じている。

そうだブルハ聴こう。
今日も青空でありますように・・・



スポンサーサイト

category: 【 随筆的なサムシング 】

thread: 日々のつぶやき  -  janre: 日記

tag: 東京ミッドタウン  平清盛  西行  源義朝  永井豪  デビルマン  ブルーハーツ 
TB: 0    CM: 6   

自分に向き合う時間が増えてます。 

忙殺されながらも、しょげず、めげずに生きてます。

こんなとき何が自分を支えるのかといえば、
最後は「らしさ」だと思う。
らしさだけあれば何でもできる気がするから不思議だ。

自分らしさ。

今は過去の積み上げを活かすときでしょうね。
カッコ悪いくらいの自分を好きになれなきゃどうしようもない。
まさに「ドブネズミみたいに美しくなりたい」っていう心境。


●今日の1曲●

リンダリンダ by The Blue Hearts on Grooveshark

THE BLUE HEARTSTHE BLUE HEARTS
THE BLUE HEARTS

トライエム 1987-05-21
売り上げランキング : 3856

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



-- 続きを読む --

category: 【 随筆的なサムシング 】

thread: 日々のつぶやき  -  janre: 日記

tag: 邦楽  1987年  ブルーハーツ 
TB: 0    CM: 4   

ブルハの「青空」を聴きながら 



神様にワイロを贈って
天国へのパスポートをねだっているような奴は
腐るほどいる。



謝罪はするが、


誠実さの欠片もなく、


責任を取らない政治家がその最たる例。



やることをやれよ! やるべきことを。



「愚直」という言葉がある。「バカ正直」と言い換えても良い。
不器用だが、限りなくリアルでもある。
ブルーハーツはそんな言葉を音楽で表現し続けたバンドだった。
人は弱いもの、そしてどうしようもない。
でも、彼らの前を向いて歩くのだというポジティブなアティチュードが、
アルバム全作に一貫されていた。

「ミサイルほどのペンを片手に面白いことたくさんしたい」
「見てきたものや聞いたこと今まで覚えたぜんぶデタラメだったら面白い」
「僕らは泣くために生まれたわけじゃない」
「くそったれの世の中にションベンかけてやろう」

最高だった。シビレた。言葉のひとつひとつが乾いた心にビンビン響いた。

難しい言葉や比喩等を使わず、試行錯誤のしすぎないシンプルなパンクサウンドと、
単純でも深い意味のある詩に覚醒した。

ヒロトのワケの分からないトチ狂ったようなパフォーマンスさえも、
80年代的相対主義が蔓延し醒めた視線のなか、
無力者の「不定形」な怒りを代弁しているような気がした。
それは極めて新鮮な生き様だったのだ。

「生まれた所や皮膚や目の色でいったいこの僕の何が分かると言うのだろう」

ヒロト、マーシー・・・
あんたら、やっぱり凄ぇーや。


人気ブログランキングへにほんブログ村 音楽ブログ 好きな曲へblogram投票ボタン








category: 【 邦楽 た・な・は 】

thread: 音楽のある生活  -  janre: 音楽

tag: 邦楽  ブルーハーツ   
TB: 0    CM: 5   

PROFILE

Comments+Trackback

月別アーカイブ(過去ログ)

カテゴリ

タグクラウドとサーチ

ご訪問ありがとうございます

Welcome to Flag Counter!

フリーエリア

【免責事項】

Memorial,Steven Paul Jobs

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

Twitter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。