Blue Velvet ☆ 音彩ブログ

As time goes by.~日々の残像~ここは日常のヒトコマを切り取る場所。日々の想いや感じたままの言葉の置き場所。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --    

Artistic night in 六本木 

2013-03-28 毛利庭園夜桜
毛利庭園 撮影日:2013/03/28


2013-03-28 六本木ミッドタウン夜桜
ミッドタウン 撮影日:2013/03/28


昨日ホリエモンを久しぶりに見た。
ニコ生で記者会見とはいかにも彼らしい。

30キロ減!へぇ~

全く別人に見えました。

と、同時に中島らも(著)「牢屋でやせるダイエット」を思い出したのでした。


中島らも(著)「牢屋でやせるダイエット」-1
中島らも(著)「牢屋でやせるダイエット」

大麻取締法違反で逮捕、拘置された22日間の留置所生活を綴った獄中エッセイ。
護送される車の中、麻薬取締官を「この手錠、これ、抜けますね」と言って脅かしてみたり、
「獄中記」というには、あまりに破天荒で笑えるんだなこれが。

らもは、基本、好きだ。読んだ本は数えきれない。
ついていけない時もある。
あまりにもブッ飛びすぎている時だ。

もう一つ、ちょっと辛すぎる時もある。
あまりにも研ぎすまされている時だ。

でも、好き。気になる。亡くなった今でも、気になる。
彼の書いたものを読むと、いつも、そんな気持ちになる。

この本も、しかり。
牢屋に入ることで、らもは「生きるということは、自分に残されている時間という
監獄に入れられているようなものだ」
という持論にたどり着く。
自分に与えられた時間を粛々と消化していく「生」は、時間というものに縛られることが大前提。
そこからの解放は、死を意味する。

あり余る時間とシンプルな生活の中で、そんなことを黙々と考える日々。
牢屋の中でも、らもは、絶望なんかしていなかったことが
この本を読むときちんと伝わってくる。それでこそ、中島らもだ。

「教養とは、一人で時間を潰すことのできる能力である」
本書でのらもの言葉。

もしこの世界が彼の言うように「監獄」なのだとしたら、
私たちが生きるために最も必要な能力とは、
やはり教養なのだろうと思う。
お金なんて何とでもなる。
取調官や看守たちとの愉快なエピソードの数々も、
おそらく彼なりにシビアな現実に「教養」という武器をもって立ち向かった証拠なのだろう。
そういう世界との戦い方こそが本当のクリエイティビティだと思う。

中島らもは弱い人間かもしれないが、
弱い人間なりに必死に世界と対峙したのだとつくづく思う。
それこそ本当の人間の強さだ。
人に従うだけで戦ってすらいない人間には何も言う資格はない。

笑ってしまうネタのオンパレードだが、僕にとって今では泣ける話の連続。
亡くなってしまったけど、
今でもミナミのどこかで酒を飲んでいると信じている。


牢屋でやせるダイエット牢屋でやせるダイエット
中島 らも

青春出版社 2003-07
売り上げランキング : 820784

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


牢屋でやせるダイエット (青春文庫)牢屋でやせるダイエット (青春文庫)
中島 らも

青春出版社 2005-06-09
売り上げランキング : 150563

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




スポンサーサイト

category:  ├ Books

thread: 読書メモ  -  janre: 本・雑誌

tag: 六本木    エッセイ  中島らも  ホリエモン 
TB: --    CM: --    

PROFILE

Comments+Trackback

月別アーカイブ(過去ログ)

カテゴリ

タグクラウドとサーチ

ご訪問ありがとうございます

Welcome to Flag Counter!

フリーエリア

【免責事項】

Memorial,Steven Paul Jobs

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

Twitter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。