Blue Velvet ☆ 音彩ブログ

As time goes by.~日々の残像~ここは日常のヒトコマを切り取る場所。日々の想いや感じたままの言葉の置き場所。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --    

キーワードは「今」 

ディープ・パープルの今年リリースしたアルバムが「Now What!?(今度は何なの?)」、ボン・ジョヴィの今年リリースしたアルバムが「What About Now (今こそどうだい)」、日本で今年流行した言葉が「今でしょ?」。この言葉がこれだけ流行ったのは、やっぱり普遍性があるからなのだろう。林先生の本「いつやるか? 今でしょ!」を本屋で斜め読み。

以下メモ。

●相談に正論で返すな。相手に伝わる言葉、相手の権威トレンドに合わせる。
●ひとりの時間も大事にしろ。
●おすすめの本教えてくださいとか言われるが、自分で本も見つけられないような感度の低い奴におすすめの本教えたところで無駄だ。
●「勝ち易きに勝つ!」道を選べ!
●こだわりはなるべく少ないほうがいい 。
●人が見ている自分こそが本当の自分である。
●古典と言われるような過去の作品は、過去のスゴイ奴の我々へのプレゼント。
●この世の中は悪口で望みが叶うことはない。
●悪い流れは、必ず変わる。

さすが「伝えるプロ」が書いた本だけあり、かなり読みやすかった。うまくいかないことに対して苦しんでいる人に、一般的なビジネス書にありがちなイケイケドンドンでやる気を出させる感じの本ではなく、考え方を変えてみるといいですよ的な本。



2013-11-28.jpg
六本木~2013イルミネーション~

超過密スケジュール真っ只中、久しぶりの徹夜で、イルミネーションがまぶしかった。
直前までやってた恐ろしい作業がフラッシュバック。
同時に戦闘モードの自分にリンクした。

音の無い空間で自分ひとりでただ黙々と。
雑念や煩悩とありのまま向き合い容に落とし込む。
欲するものを欲するままに突き進む。

だけどこの2日間、一瞬雲を突き抜けた爽快感が・・・
ガムシャラから抜け出てニュートラルな自分をしばらく味わっていた。
新鮮で、いつの間にか景色が変わっていて、無かったものがまた少しだけ手に入った。

「ガムシャラ」と「ニュートラル」

どちらとも付き合ってかなきゃいけない。
でもそれを同時にやるのが苦手な自分。
どちらもちょうど良くが未だやりきれてない。

充電完了。



Bon Jovi - What About Now

スポンサーサイト

category: 【 随筆的なサムシング 】

thread: 日々のつぶやき  -  janre: 日記

tag:   洋楽  林修  ボン・ジョヴィ 
TB: 0    CM: 4   

久しぶりのヨーロッパへ 

七夕ですね!!

会社のビルの入り口付近に飾られた短冊がとてもカラフルです。

20120704.jpg


ところで来週末

Europe(ドイツ~イタリア~スペイン)へ

旅立ちます。

ほとんど仕事がらみで9日間の予定。
なのでこの2~3日は、
スケジュール調整やら何やら準備に多忙を極めた次第で。


初ヨーロッパはスペインへ行ったのが94年。
そしてドイツ赴任時代があって・・・
20004年バルセロナ訪問以来だから8年ぶりとなる。

バルセロナは年中温暖な気候に恵まれていると言われてますが、
寒がりな自分は、やっぱり冬はちょっと寒かった(笑)


グエル公園から見たバルセロナの街並み
グエル公園から見たバルセロナ

グエル公園(位置)

街の向こうに地中海を眺望できるステキな場所。

写真を見るたび、

あまりの美しさにため息が出たのを思い出す。



画像ホルダー

画像holderをチェックしていたら

サンタ・カテリーナ市場
フレデリック・マレ美術館
ミラーリェス邸の石門
ペドラルベス宮殿
ガウディーの家博物館
カタルーニャ音楽堂


等々、、、

なつかしくて、

しばらく時間を忘れるほど。


市場で見たイベリコ豚の生ハムブロック群は圧巻!!
イベリコ豚(生ハムブロック)

当時、見たことも食べたこともなかったイベリコ豚。
あまりの美味しさにカタコトのスペイン語で
ムイ リコ!(とてもおいしい!)」を連発したら、
「食べろ食べろ」と異なる部位を皿ごと出されて、
何枚も試食させてくれたっけ(笑)

イベリコ豚 生ハム試食

他の写真も紹介したいところですが、
今日はこの辺にしときます。

では、

Have a Nice Day!!







人気ブログランキングへにほんブログ村 音楽ブログ 好きな曲へblogram投票ボタン




category: 【 随筆的なサムシング 】

thread: 日々のつぶやき  -  janre: 日記

tag: 七夕  旅行  スペイン  ドイツ  イタリア  イベリコ豚  生ハム  ボン・ジョヴィ 
TB: 0    CM: 6   

カラオケとニャン子とボン・ジョヴィ 

その道のプロフェッショナルが僕の周りにいて、困ったら彼らに聞ける。 
これほどまでに幸せなことはない。
たったひとりで、がんばっていてもしょせん・・・自己基準の中。
自分の限界を超えるには、すでに限界以上で普通に生活している人達と、
時間・会話・空間を共有することだ。

越えて行け そこを
越えて行け それを
今はまだ人生を 人生を語らず

(by 吉田拓郎)

20120615 異業種的交流会2次会「カラオケ」

不定期な異業種的交流会の後は定番のカラオケへなだれ込む。
T-BOLAN」がこの秋復活するっていうんで、
嬉しさのあまり歌いまくってしまった。

・悲しみが痛いよ 
・おさえきれない この気持ち 
・すれ違いの純情 
・マリア 
・離したくはない

ボン・ジョヴィBon Jovi) では「It's My Life」をみんなで大合唱!!

It's my life
It's now over
I ain't gonna live forever
I just want to live while I'm alive
(lt's my life)


これが俺の人生さ
今でなきゃダメなんだ
かぎりある命
その命あるかぎり、精一杯生きたい
(俺の人生なのだから)

銀座みゆき通り にゃんこ-2

先日、銀座中央通りを歩いていたら、銀座松坂屋の交差点で「銀座ねこ」に遭遇。
意外にも銀座は猫が多い街。いたるところで見かける。
大勢の人が集まってても、写メでパシャパシャやられてても、実に堂々たるもの。
じっとしていて動かない。
それにしても飛び乗ろうにも、そんなにジャンプできる?ていうレベルの高さに、

「きみさあ、どうやって登ったの?」

「It's my lifeだにゃん、、、それが何かにゃん?」

かみさん曰く、そんな案内板に5~6匹いることも珍しくないという。
(せまっ!)
首輪ならぬスカーフを巻いているってことは、
誰かが世話してんだろうね。

銀座みゆき通り にゃんこ


◆今日の1曲◆

Bon Jovi - It's My Life



この曲は「New Jersey」以来、遠ざかってた自分にアルバム「Crush」を買わせてくれた記念すべき1曲。
You Give Love A Bad Nameで初めて全米No1になったとき、ジョンは25ぐらいかな。
今50ですか。でも若くない分、音にも歌詞にも曲にも深みが増してて、聴いて嬉しくなった。






人気ブログランキングへにほんブログ村 音楽ブログ 好きな曲へblogram投票ボタン



category: 【 随筆的なサムシング 】

thread: 日々のつぶやき  -  janre: 日記

tag: 吉田拓郎  T-BOLAN  ボン・ジョヴィ  HR/HM  カラオケ  銀座  ねこ 
TB: 0    CM: 6   

【アルバムレビュー】 Journey / FRONTIERS (ジャーニー / フロンティアーズ) 1983年 


Journey - Separate Ways 投稿者 analogue


Journey 2現アメリカン・ロックの覇者をBon Joviとするならば、80年代産業ロックの王道を突っ走っていたバンドがJourneyだった。

忘れもしません、あれは1983年。「ベストヒットUSA」の中で流れていたセパレイト・ウェイズSeparate Ways)のビデオクリップで一発でノックアウト!!Journeyの曲を摘んで、過去、幾度となくブログへエントリーしてきましたが、この曲への思い入れは、Journey暦の中でも原点になった一曲であり重要な位置を占めてます。

黄金期メンバー(1977~1986)
・スティーヴ・ペリー Steve Perry (Vo)
・ニール・ショーン Neal Schon (Gu)
・ロス・ヴァロリー Ross Valory (Ba)
・ジョナサン・ケイン Jonathan Cain (Key)
・スティーヴ・スミス Steve Smith (Dr)

今ならダサ過ぎてベタなビデオでも、あの時のやられた感はかなり衝撃的で、それまでのアメリカン・ロックのイメージをドライブ・シュートでぶっ飛ばされるほど、まさにJourneyはカルチャーショックそのものでした。次の日そのまま貸しレコード屋へ直行。そして手にしたLPがフロンティアーズFRONTIERS)。カセットへ録音してテープが伸び切るほど聴いていました。盤を買ったのは社会人になってから。
-- 続きを読む --

category:  └ Journey

thread: 音楽のある生活  -  janre: 音楽

tag: 洋楽  1983年  HR/HM  ジャーニー  ボン・ジョヴィ 
TB: 0    CM: 2   

【Skid Row】- 18 And Life - 1989年 

Skid RowSkid Row
Skid Row

Atlantic / Wea 2000-01-01
売り上げランキング : 60877

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Skid Rowスキッド・ロウ)は1986年結成、1989年デビューしたアメリカのヘヴィメタバンド。

普段は、新人バンドに期待することなんて少ないのに、Bon Joviがバックで支えてデビューということで、
視聴もせず即買した記憶が昨日のことのように思い出されます。
Vo.のセバスチャン(愛称:バズ)が合流したあとバンドのスタイルを変化させる間もなくデビューし、
ストレートなストリート感覚を直接チャートの上位に持ち出すことができたのが、彼らの最大の功績でしょうね。
奇を衒うことなくストレートにミュージックシーンに叩きつけた、この1st2nd(Slave To The Grind)は、
80年代のHMブーム最後の収穫だったといっても過言じゃないと思います。

【Tracks】
1. Big Guns
2. Sweet Little Sister
3. Can't Stand The Heartache
4. Pieces Of Me
5. 18 And Life
6. Rattlesnake Shake
7. Youth Gone Wild
8. Here I Am
9. Makin' A Mess
10. I Remember You
11. Midnight/Tornado

1998年、バズとメンバー間の対立で解散。2000年にバズ抜きの新メンバーで再結成。
期間限定でもいいから「バズありのスキッド・ロウ」をもう一度聴きたい今日この頃です。


-- 続きを読む --

category: 【 洋楽 S 】

thread: 音楽のある生活  -  janre: 音楽

tag: 洋楽  1989年  HR/HM  スキッド・ロウ  ボン・ジョヴィ 
TB: 1    CM: 4   

PROFILE

Comments+Trackback

月別アーカイブ(過去ログ)

カテゴリ

タグクラウドとサーチ

ご訪問ありがとうございます

Welcome to Flag Counter!

フリーエリア

【免責事項】

Memorial,Steven Paul Jobs

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

Twitter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。