Blue Velvet ☆ 音彩ブログ

As time goes by.~日々の残像~ここは日常のヒトコマを切り取る場所。日々の想いや感じたままの言葉の置き場所。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --    

スーパーキッズ、ハワード君のROCK'N'ROLLに悶絶 

Youtubeのお気に入りを整理していたら、

こんなん出てきました。




スティックを落としそうになっても慌てず笑顔を見せたり、
観客のWaoh!にWaoh!で応えたり、
ぜんまい仕掛けのなんとかみたいだけど、堂々たるパフォーマンスっぷり。

これで3歳ですってよ奥さん!
(奥さんって誰・・・)

こんなにちっちゃな子が私の曲を!って、
ジョーン・ジェットも嬉しいだろうね。

最初見た閲覧回数が300万回だったかな、たしか。
今じゃ世界各国から1200万回越えるVIEWがある。
こんな子が欲しいっていうコメント・・・わかるわあ・・・



ジョーン・ジェット&ザ・ブラックハーツ

バイオグラフィーはAmazonより引用。
画像はhttp://youtu.be/HPkTGm4RtVMチャプターより拝借。

Joan Jett女傑ハードロック軍団・ランナウェイズ解散後、そんじょそこらの野郎どもより雄々しくソロ・デビュー(笑)。革ジャン、革パン、歌舞伎の隈取りを彷彿とさせるアイラインを武器に、今ではろっけんろーらーのエタニティ・アンセムとなった「I LOVE ROCK N ROLL」(82年)を威風堂々ヒットさせた。

以降、「DO YOU WANNA TOUCH ME?[OH YEAH!]」「BAD REPUTATION」といったナンバーでチャートを賑わせながら、ライヴ・ツアーを積極的に敢行。「ジョーン・ジェットはフィーメール・チャック・ベリーだ」と言わしめるほど天下一品のギター・ワークと、自身のバンド"ザ・ブラックハーツ"とのあうんの呼吸で、気合い全開のパフォーマンスと仮面ライダー並に3つに割れた腹筋を見せつけていく。

また90年代半ばに入ってからは、ライオット・ガール・ムーヴメントの立役者として、あまたのレディース・バンドの頼れる姐御的存在に――。そして、アメリカの「女性協会(National Organization Of Woman)」の一員でもある彼女は、現在でも暴力終結のための活動も果敢に行っている。
R&Rの基本「3コードの美学」に忠実なロック・アマゾネスは、今日も明日もその先も正義のためにプレイし続けるのだ。――どこまでもついて行きますぜ、姐さん!

リッスンジャパン提供. Copyright © 1999 - 2009 Listen Japan. All Rights Reserved.




70年代を彩ったガールズ・バンド「ザ・ランナウェイズ」を語りたいところだが、
後日、ブログアップするとして・・・

さて、
ハワードくん。

現在6歳?すっげー進化している。
キュートだね、だけで終わってなかったのが
ロッケンロー!!



テクニック云々はどうであれ、素人目からしても、スゴイ成長しているんだなってわかる。
もう“I Hate Myself For Loving You”完コピできてんじゃない?
と思うと、ぜひともジョーン・ジェットとコラボってほしいものだ。






人気ブログランキングへにほんブログ村 音楽ブログ 好きな曲へblogram投票ボタン



スポンサーサイト

category: 【 洋楽 I・J・K 】

thread: 音楽のある生活  -  janre: 音楽

tag: 洋楽  HR/HM  ジョーン・ジェット  ランナウェイズ  1982年 
TB: 0    CM: 6   

PROFILE

Comments+Trackback

月別アーカイブ(過去ログ)

カテゴリ

タグクラウドとサーチ

ご訪問ありがとうございます

Welcome to Flag Counter!

フリーエリア

【免責事項】

Memorial,Steven Paul Jobs

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

Twitter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。