Blue Velvet ☆ 音彩ブログ

As time goes by.~日々の残像~ここは日常のヒトコマを切り取る場所。日々の想いや感じたままの言葉の置き場所。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --    

TOTO - Africa トト『アフリカ』 1982年 

関東もとうとう梅雨入りしました。
雨はキライじゃないのですが、
やっぱり晴れた日が恋しいものです。

梅雨寒な昨日、

ランチは久しぶりの

「一風堂」

赤丸 
替玉1枚 
ばりかた

 
20120609 一風堂 赤丸


窓を殴る雨の分厚いウォールがフェイドアウトしたあと

訪れた静寂のなか聴覚はかえって刺激され

あたりまえの虫の音までもが心の奥底を震わせる


たしかに自分たちは表層的に見えている世界の中だけでしか生きていけない存在なのかもしれない。
でもその表層的存在でしかない自分のDNAにも、地球に原始の雨が降り注ぎ、
三葉虫から恐竜からネアンデルタール人から、連綿と受け継がれてきた生命シグナルが刻み込まれている。
その最新表現型としての自分と、こうやってくだらんことをくっちゃべってる自分とを重ねてみる。

そして世界の成り立ちとそこに内包される自分をイメージする。

何かから何かが連想され、次々に浮かんでは消えてゆくモノども。
あるいは自分が創り上げてきたルーティンなものにしか過ぎないのかもしれないが。
それらの関連性を今一度突き止めてみたいと思うし、千年の時間はないわなぁとも思う。

そんなこんな自分も、この宇宙にきっちりと組み込まれている。


◆今日の1曲◆
(旧音彩ブログより一部再アップ)

I bless the rains down in africa
どうか恵みの雨がアフリカに降りますように

TOTO最大のヒット曲「Africa」の歌詞に何度も登場するフレーズ。
スロベニアのコーラスグループPerpetuum Jazzileがライブで大胆にカヴァーしている。

アフリカに降る雨を讃えよう



冒頭で降雨をこんな芸術的な指パッチン見たことがない(笑)
太腿をパタパタさせて豪雨を表現しながらジャンプして雷を響き渡らせる。
体を使ってのパフォーマンスを目を瞑って聴いていると、
雨が次第に強くなって雷が轟く光景が浮かんでくる。
やがてアフリカの母なる大地が雨で潤い、喜びの歌が広がっていく。


一瞬、ボーカルの一人がトビー・マグワイア(スパイダーマン)に見えたことは内緒。

トビー・マグワイア

思わず、
キルスティン・ダンスト探しちゃった(笑)

キルスティン・ダンスト


コーラスっていいなあ・・・・・・


ハモネプに外人部門があったら優勝間違いなし!!(ぇ?)ハモネプ





原曲はこちら

TOTO - Africa トト『アフリカ』

1982年、全米4位を記録した大ヒットアルバム「TOTO Ⅳ 聖なる剣」からのセカンドシングル。
全米1位獲得。このアルバムで大ブレイク。TOTO人気を不動のものとした。



エンディングのサビ前のフレーズが秀逸。
I seek to cure what's deep inside, frightened of this thing that I've become
そしてコーラスI bless the rains down in africaでフェイドアウト。

ぶ厚いコーラス、洗練されたメロディー、感動的なシンセ。
何から何まで完璧なのに全然イヤミがない。


TOTO IV~聖なる剣TOTO IV~聖なる剣
TOTO

Sony Music Direct 2005-12-21
売り上げランキング : 24809

Amazonで詳しく見る
by G-Tools





人気ブログランキングへにほんブログ村 音楽ブログ 好きな曲へblogram投票ボタン



スポンサーサイト

category:  ├ TOTO

thread: 音楽のある生活  -  janre: 音楽

tag: ランチ  ラーメン  一風堂  トト  トビー・マグワイア  キルスティン・ダンスト 
TB: 0    CM: 5   

PROFILE

Comments+Trackback

月別アーカイブ(過去ログ)

カテゴリ

タグクラウドとサーチ

ご訪問ありがとうございます

Welcome to Flag Counter!

フリーエリア

【免責事項】

Memorial,Steven Paul Jobs

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

Twitter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。