Blue Velvet ☆ 音彩ブログ

As time goes by.~日々の残像~ここは日常のヒトコマを切り取る場所。日々の想いや感じたままの言葉の置き場所。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --    

花は散り心ざわめく 

2013-04-12 東京ミッドタウン
2013/04/12 東京ミッドタウン) 
モノクロに加工してみたら意外にいいじゃん的なヲイ。


去年の大河ドラマ「平清盛」の総集編を見終えた。

「面白う生きることが、夢じゃ」清盛はそう言って、「お前はまたそんな子供のようなことを」と、
源義朝にポカリと殴られ、それを佐藤義清(後の西行)は傍らで笑って聞いていた。

振り返ればいろんな荷物を抱えて、ここまでやって来たもんだ。
他人様に言えないことだってずいぶんしてきた。
それなのにいっちょまえのツラして、若造に説教たれたりもして。

他者の存在の中に自分がいる。社会的評価の中に自分の存在もあり、
実の「個」の自分なんて単独では存在しないものなのかもしれないとさえ思わされる時もある。

自分の人生を否定するわけではないけど、
じゃあ「面白う」生きてきたんか、奴らに高笑いを聞かせてやれたのかと自分に問うている自分がいる。
それだけじゃないことはわかってる。いままでの人生、悪い旅じゃなかったとは思ってる自分もいる。
そんな対峙するものを行ったり来たりしてるんだ。

でも・・・
花は散り、心はざわめく。
やっぱり春なんでありんすか?

当たり前のようにヒトが死に、ヒトが自分の利益のために他人を利用する、親族さえも、親子さえも。
生きてゆくために清盛は叔父の首を跳ね、義朝も親の斬首を命じられた。
そんな想いをしても、自分の「まだ見ぬ世界」を見ようという意思。その夢を見つつも中半で潰えてしまうもの。
男が切られ、残された女が物乞いし身体を売り、子供が売られ、その体から放つ臭気に、
そんな時代のリアルすぎる仮想空間に放り込まれた自分は、果たして正常でいられるだろうか。

なんだろう・・・
この無力感と脱力感と徒労感は・・・

いや、今だって、目を向ければ同じようなもんだ。
ライブが終わっても、映画館を出ても、PCをシャットダウンしても、世界では飢餓と殺戮が続いている。
隣国いたっては日本を標的にミサイルをブッ飛ばして核戦争おっ始めようと恫喝している。

中学生の時、人類は悪だと思った。

永井豪先生の「デビルマン」の影響が大だったのだけれど、まんざら間違いでもない。
その時の自分はなす術もなく、ただただ破壊衝動に満ちていた。
一歩踏み出す力もなく、世界とどうやって寸法合わせていいか皆目検討つかずにいた。

デビルマン


平家は壇ノ浦で滅びた。
清盛入道はその前に、一族の絶滅を予見しながら病に倒れて没した。

でも、いつの時代でも唯一残るのは、やはり前に進もうとする意思なのだ。
何かを犠牲にしても這い上がろうとする意思、良いとか悪いとか、そんなものを超越して、
たとえ形に残らなくっても、その意思だけが人間存在ってやつの「何か」を支えてくれるんだと思う。

そいつが、

美しかろうがさもしかろうが
崇高であろうが卑賤だろうが
後世に残ろうが消えようが

オレの「生」を生きたい。
そしてオレ流の死にざまで「死」を迎えることができたら、
面白う生きてきた証になると信じている。

そうだブルハ聴こう。
今日も青空でありますように・・・



スポンサーサイト

category: 【 随筆的なサムシング 】

thread: 日々のつぶやき  -  janre: 日記

tag: 東京ミッドタウン  平清盛  西行  源義朝  永井豪  デビルマン  ブルーハーツ 
TB: 0    CM: 6   

We wish you a merry christmas !!  

Merry Christmas 2012

皆様も素敵なイブをお過ごしください




22日(土) 鎌倉「報国寺」へ行ってきた。


報国寺(正式名称:功臣山報國禅寺)は、通称竹寺として有名な禅宗寺。臨済宗建長寺派に属する。
京都嵯峨野ほどではないが、整備の行き届いた竹の庭を散策できるようになっている。
-- 続きを読む --

category: 【 随筆的なサムシング 】

thread: 日々のつぶやき  -  janre: 日記

tag: 鎌倉  報国寺  平清盛  松山ケンイチ 
TB: 0    CM: 4   

『平清盛』第46回 11/25放送「頼朝挙兵」を見終えて 

振り返ってみれば、会社の代表として、リーダーとして、
YESよりもNOの方を多く言ってきたかもしれない。
それは反対のための反対ではない。
おまえ、まだまだだろ、こんなもんじゃないだろと。

そしてNOを跳ね返して成りあがってくるヤツを待った。
ヤツらが登ってくるのを心底嬉しいと思った。
でも、世の中は何か違う風向きにもなったりして。
適材適所なんて都合のいい言葉もまかり通ったりもして。

「自分にデキることを一生懸命やったらいいんだよ」

「誰も君を責めはしない、ヒトには向き不向きがあるんだからね。」

そんな耳障りの良い都合のいい風にだけ吹かれて生きていくことは、
ホントに楽しいのか?おまえらはホントにそうなのか?
そんなコトドモを思い始めると震えが止まらない。
身体の軸が狂って平穏無事に立っていることができなくなるくらい。

ドラマを見終えて、、、、
そう、ボクはきっと今、笑っているけどかなり参っていて痛々しいんだと思う。

ヒトはヒトそれぞれでいい、置かれた場所で咲いたらいい。
そのひとつひとつがかけがえのない花だ。
でもその言葉におんぶに抱っこした時から衰退は始まってゆくのだ。きっと。

テメーの細胞を振り絞らないで出てきたコトドモは、
残念ながら「当たり」の解だったとしても、半分以下の価値しか有していないだろう。
伊豆に幽閉された頼朝のように、
おまえも「今日が明日でも明日が昨日でも変わらないような生活がずっと続くのだ」とうなづきながら、
そんな風に吹かれ続けていて、それでいいのか?本当にそれでいいのか?

もう年末で、大河ドラマ「平清盛」はこのまま低視聴率で終焉を迎えるだろう。
途中、何度も挫折しそうになりながらもこの1年見続けた。
平家の真の長である清盛入道は、これから一族もろともどんどん奈落の底へ堕ちてゆく。
やがて平家一門は討伐されて、その最後を見ぬ間に清盛は病死するのだ。
それらを見るのは辛いが、ボクは両眼をしかと見開いて、その光景を見届けねばならない。
清盛の死を、そして平家の滅亡を。

だが、それでも、ボクの眼は、頂きに立たないと見えない風景を見ようとした「漢」の視点の隣に、
できればありたいと願っている。
頂きに立つことが大事なのではない。その意志と努力が大事なんだとつぶやきながら。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

己にとって、生きるとは如何なることか、
それを見つけた時、心の軸ができる。
心の軸が、体を支え、体の軸が、心を支えるのだ。


初回放送の中井貴一さん演じる父(忠盛)が息子(清盛)に諭した言葉

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

category: 【 随筆的なサムシング 】

thread: 日々のつぶやき  -  janre: 日記

tag: 大河ドラマ  平清盛   
TB: --    CM: --    

【ドラマ】2012年 NHK大河ドラマ「平清盛」 第1話-ふたりの父- 

20120110.jpg

初回視聴率歴代ワースト3位で発進だそうで。
僕は見ましたよ。國村隼さんの麿には思わず噴出しちゃいましたけど、
少なくとも昨年の本能寺以降挫折してしまった「江~」よりはかなり良いと思います。

初っ端からOPテーマのピアノで引き込まれました。左手1本で弾いているなんてとても思えません。
全編に流れるピアノがとても印象的で泣けました。
驚いたのは、劇中にELPの「Tarkus」をアレンジ起用していること。
プログレを持ってくるなんぞ、大河史上初めてじゃないでしょうか。

何はさておき、伊東四朗さん演じる白河法皇です。
間の持ち方、話をしているときのオーラ、無言のときのオーラ・・・・・・
タフマン効果でしょうか、しびれました。絶倫過ぎて怖いくらいにはまり役です。

大河ドラマ「平清盛」公式サイト
http://www9.nhk.or.jp/kiyomori/

2012年NHK「平清盛」 白河法皇役伊藤四郎

「帝よ、ここはワシの世じゃ!!」

ネットを漁ってみれば、あるよあるよドラマ批判。
時代考証がなってないとか、史実と違うとか、あんなキャラは居なかったとか、俳優の演技がどうたらこうたら等々。
その時代に生きていて、それはそれはまるで見ていたかのように・・・すごいですね。

計算された型どおりの教科書のようなドラマ、おもしろいですかい?

そんなに言うんだったら、放送大学でも見て研究してりゃいいんです。
舞台は平安時代末期。武家政権樹立の礎を築いた「平清盛」を、
NHK大河ドラマ脚本家による斬新すぎる新説、ファンタジー作品として見たらどうでしょう。
想像の世界に思うがままに自分といっしょに遊んでくれる主人公がいるからおもしろい。
われわれ凡人は、想像力を高めながら、松ケン清盛という人物を通じて、
多くの国民が、今の日本を、国家を、家族を、友人を、恋人を、そして自分を考えるキッカケになれば、
それでいいんじゃないでしょうか。

●心に響いた言葉●

─…─…──…─…─…──…─…─…──…─…───…─…───…─…─…──…─…─

己にとって、生きるとは如何なることか、
それを見つけた時、心の軸ができる。
心の軸が、体を支え、体の軸が、心を支えるのだ。


中井貴一さん演じる父(忠盛)が息子(清盛)に諭した言葉。

─…─…──…─…─…──…─…─…──…─…───…─…───…─…─…──…─…─

両方のバランスを持ってこそ、平家の統領にふさわしいと説く。
貴一さん、武田信玄のときはまだ貫禄不十分で軽く感じましたが、
年を重ねて説得力が出てきたというか、いい味がでてきたと思います。

「心の軸」は物語を通してのキーワードになるのか。


第2話が楽しみです。



人気ブログランキングへにほんブログ村 音楽ブログ 好きな曲へblogram投票ボタン







category:  └ CM&TV集

thread: 大河ドラマ 平清盛  -  janre: テレビ・ラジオ

tag: TV  ドラマ  NHK  大河  平清盛  松山ケンイチ  中井貴一  洋楽  プログレ  ELP 
TB: 0    CM: 0   

PROFILE

Comments+Trackback

月別アーカイブ(過去ログ)

カテゴリ

タグクラウドとサーチ

ご訪問ありがとうございます

Welcome to Flag Counter!

フリーエリア

【免責事項】

Memorial,Steven Paul Jobs

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

Twitter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。