Blue Velvet ☆ 音彩ブログ

As time goes by.~日々の残像~ここは日常のヒトコマを切り取る場所。日々の想いや感じたままの言葉の置き場所。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --    

筑紫さんが遺したもの 



井上陽水- 最後のニュース -


筑紫哲也 井上陽水この曲を聴くたびに、2008年11月天昇された筑紫哲也氏が偲ばれる。
長年、友人関係にあった氏と井上陽水。
その縁もあってか、同番組のエンディングに使用されていた曲で、陽水がTBS「筑紫哲也氏追悼番組」に出演しこの曲を歌いながら涙した。

筑紫さんはひたすら淡々と粛々と語り、視聴者に回答を即求める事無く疑問を投げかける人で、まさに「言葉少なくとも心に響く」ということを教えられた。
裏番組では正論をかざし、現場に行くこともせず机上で判断し、挙句の果てには全く関係の無い人までをも巻き添えにする「目立ちたがり屋」で暴走を繰り返す元アナウンサーとはわけが違う。そのような風潮がある今の報道姿勢と、真っ向から対立する持論を展開する人だった。

「TBS~筑紫哲也NEWS23」のワンコーナー「多事争論」で、TBSがオウム真理教幹部に坂本弁護士のインタビュー映像を見せた問題を「TBSは死んだに等しい」と発言。同コーナーで自ら出演する局を痛烈に批判し大きな反響を呼んだこともあった。

その語り口や論調がニュースキャスターに相応しいかという点は抜きにしても、独特なこだわりと、視点と、日本という国家を、集団を冷静に分析できるということは素晴らしいことだ。それだけ個というものをしっかりと持っていた人だと思う。
特に関わりがあったわけでもなければ、熱心に追いかけていたというわけでもない。
それでも、この言われようのない喪失感は何なのだろうか。

「痛快な切り口」だった記憶だけが多く残る。




人気ブログランキングへにほんブログ村 音楽ブログ 好きな曲へblogram投票ボタン
スポンサーサイト

category: 【 随筆的なサムシング 】

thread: 日々のつぶやき  -  janre: 日記

tag: 邦楽  政治・経済・時事  井上陽水  筑紫哲也 
TB: 0    CM: 0   

TPPを考える 

かねてより、TPPに関する議論には何とも言えぬ違和感を抱いていた。

2010年10月1日の菅首相が所信表明演説でTPP参加を表明するまでは、TPPに関する議論は全くと言ってよいほど聞かれなかったにもかかわらず、その後世論は一気にTPP賛成に振れ、反対するのは農業関係者だけという状況になってしまっている。
TPPに関する一連の動きで異様なのは、TPPの経済効果を精査し、代替案に関する議論もほとんどなされることがないままに、賛成派が大勢を占めることとなっている点である。

「バスに乗り遅れるな」と言うが、行き先も途中下車できるかもわからない極めて危険なバスにどうして乗る必要があるのか。賛成するのであれば、少なくとも、TPPとは何か、市場開放を推進する上でTPP以外の代替案は無いのか程度については一定の知見を持ち合わせていなければならないはずなのに、賛成派の大多数はそうした議論の基盤を有していない。

実際、「TPPとFTA、EPAの違いは何か」「TPPの参加国はどこか」という、この問題を議論する上で極めて基礎的な知識すら持ち合わせずに、なんとなく「解放は日本にとって良いことだ」といったムードだけで賛成している向きがあまりにも多いように感じられる。

未曾有の東日本大震災、先の見えない福島原発事故などの混沌を抱えながら疲弊した経済状態の中で、フレキシブルな対応が可能な二国間FTAに比べて厳格な取り決めであるTPPへの参加は国の将来を左右しかねない重要な決定である。それに関する議論があまりにもお粗末なことに危機感を覚える。



『サルでもわかるTPP』
http://luna-organic.org/tpp/tpp.html

『もっと知ろう。考えよう。TPP』
http://www.think-tpp.jp/



人気ブログランキングへにほんブログ村 音楽ブログ 好きな曲へblogram投票ボタン


category: 【 随筆的なサムシング 】

thread: 日々のつぶやき  -  janre: 日記

tag: 政治・経済・時事  TPP 
TB: 0    CM: 0   

陸山会事件判決 

20110927.jpg
http://news.nicovideo.jp/watch/nw119836

小沢の好き嫌いは別にして気味の悪いものがある。
検察官が主張もしていない、証拠も出していない事案について裁判所が事実として認定して有罪とか、
証拠がなくても裁判官は、法廷でのやりとりや印象で有罪にできるということを公にしたということ。
スゲーなコレ。
Twitterで流れてくる情報とテレビじゃ全く逆の報道なんだけど、いいのかこんなんで。







人気ブログランキングへにほんブログ村 音楽ブログ 好きな曲へblogram投票ボタン


category: 【 随筆的なサムシング 】

thread: 政治・経済・時事問題  -  janre: 政治・経済

tag: 政治・経済・時事  小沢一郎  石川知裕  陸山会 
TB: --    CM: --    

不可解な大臣辞任劇  

ガキだった頃、振り返ってみれば、犬の放し飼いが許された大らかな時代で、
道の端っこにワンコの糞が転がっていても不思議ではなかった。

そんな中で登下校の時、誰かがうっかり糞を踏んでしまうと、
それをきっかけに鬼ごっこのような遊びがはじまる。
「バイ菌を移される」という、今に思えば実に下らないエンガチョ遊びだった。
ところが大人になっても、しかも大臣となっても小学生レベル以下のチャラ男がいた。

と思っていたら、こんな記事を見つけた。

●鉢呂経産相辞任 記者クラブに言葉狩りされて●
http://tanakaryusaku.jp/2011/09/0002887

これを読んで鉢呂氏を擁護する気も同情する余地もまったくないが、
会見中にキレる記者もいれば、オフレコの意味を知らないバカもいるってことだ。
理由はどうあれ表に出てしまった以上議員の責任になるわけだから、
そういう相手が取材活動をしているってことを肝に銘じておくべきだったと思う。
本来は、福島の人に直接謝って、福島の人にこれを「許すか許さないか」どうなのか?
という事を直接問うのが大事なのであって、記者に向かって謝って、身内に首斬られてるような形では、
意味無いんだよね。茶番だよ。

いずれにしても最終的には辞任を決断したのは鉢呂氏本人。
どうしてこのようなことで、事実関係のろくな説明もないまま、辞任しなければならないのか、
閣僚としての責任感はどうなっているのか、
その程度の人物なのであれば、経産大臣を続けていても、ろくな仕事はできなかったであろうことは確かだ。



人気ブログランキングへにほんブログ村 音楽ブログ 好きな曲へblogram投票ボタン



category: 【 随筆的なサムシング 】

thread: 政治・経済・時事問題  -  janre: 政治・経済

tag: 政治・経済・時事  民主党  鉢呂吉雄 
TB: --    CM: --    

PROFILE

Comments+Trackback

月別アーカイブ(過去ログ)

カテゴリ

タグクラウドとサーチ

ご訪問ありがとうございます

Welcome to Flag Counter!

フリーエリア

【免責事項】

Memorial,Steven Paul Jobs

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

Twitter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。