Blue Velvet ☆ 音彩ブログ

As time goes by.~日々の残像~ここは日常のヒトコマを切り取る場所。日々の想いや感じたままの言葉の置き場所。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --    

「アナと雪の女王」 

2014-05-17 アナと雪の女王

カミさんの強烈なプッシュで観てきました。
楽曲のレベルの高さに驚愕。ご存じ「Let It Go」はもちろんサントラ盤を買おうかと思ったほど。語尾の母音にまで気を使っている日本語訳も丁寧に仕上げている。松たか子神田沙也加の吹替もおみごと。

とにかく面白い。ミュージカルだと曲が入ることでテンポが落ちる、というか意図的に落とすのが普通なのに、
この作品は曲がはじまるとスピードが逆に増す。でも、いくら面白くて出来が良くてもヒットしない作品も多いのが現状。実は内在する破天荒さが大ヒットにつながったのではないかと私は睨んでいる。というのも、主人公の姉妹、かなり無茶苦茶なのである。知り合った当日に結婚を決めてしまう妹(だから彼女はイタイ思いをするのよと、カミさんが言う)がヤンキー入ってるのはもちろん、心象風景がそのまま氷として実体化してしまう姉は、その力のコントロールを自らやめてしまう。
 

♪れりごぉ~れりごぉ~

ありのぉ~ままのぉ~と訳すからポジティブに聞こえるけれど、
私的には「んもうやっちゃいましょうよ!」だね。この乱暴さが、子どもだけでなく、大人にもうけた理由ではないかと。
少なくとも「しょーがねーなこの姉妹は」と思いつつも、だからこそキュートだと満足。

スポンサーサイト

category:  ├ Movie

thread: 映画感想  -  janre: 映画

tag: 映画  ディズニー  松たか子  神田沙也加 
TB: 0    CM: 4   

今年、太宰治生誕100周年 

そういえば、本日より根岸監督「ヴィヨンの妻」が公開ですか。
映画の評判云々よりも、原作が太宰治というだけで拒否反応。
うぅ、、、たぶん観ないなぁ。
学生時代、「人間失格」を2ページも読まずに挫折しました。
でもフードコーディネーター・飯島奈美さんの料理は見たい気もする。

文芸作品っていうんでしたっけ?これってダメなんですよね。
読みきった記憶がほとんどありません。なので感想文が苦痛でした。

好きな作家・・・
「司馬遼太郎」「吉川英治」「松本清張」「五木寛之」は、
寝る間も惜しんで貪るように読んでましたね。

我が家の書棚には、これプラス「高杉良」「大沢在昌」「北方謙三」「星新一」「宮沢賢治」や、
「白洲次郎・正子関連書籍」「矢沢永吉関連書籍」は全冊揃っているかと。
他に歴史もん、ハードボイルド、哲学系、自己啓発系、音楽系、花の画集・写真集、ビジネス関連書数冊、etc.

書棚


「ヴィヨンの妻」のヒロインは松たか子。
最近テレビで見ないと思ったら、
ちゃんとシゴトやってたんですね。
もう、歌わないんでしょうか。






category: 【 随筆的なサムシング 】

thread: 日々のつぶやき  -  janre: 日記

tag:   太宰治  松たか子 
TB: --    CM: --    

PROFILE

Comments+Trackback

月別アーカイブ(過去ログ)

カテゴリ

タグクラウドとサーチ

ご訪問ありがとうございます

Welcome to Flag Counter!

フリーエリア

【免責事項】

Memorial,Steven Paul Jobs

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

Twitter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。