Blue Velvet ☆ 音彩ブログ

As time goes by.~日々の残像~ここは日常のヒトコマを切り取る場所。日々の想いや感じたままの言葉の置き場所。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --    

終戦記念日 靖国神社 愛国心 公安 

20120815 靖国神社
靖国神社  訪問日:2012/08/15


「自分たちの命が犠牲になることで日本が良くなるなら、
それで日本国の未来の役に立つのなら、
郷里や家族、愛する人たちを守れるのなら、
喜んで、自分は命を捧げる」


そう言葉を残して、伯父は特攻天号作戦期間中に沖縄で散華した。
8人兄弟の末っ子だった亡き父がいちばん慕っていたという伯父。
享年21歳。軍服姿の遺影でしかお会いしたことがない。


8.15 靖国神社へ参拝

今年もこの日がやってきた。

やはり、いろいろな意味で「特別な日」である。
毎年、戦没し英霊となった伯父に、今の日本の状況と、
現代日本の礎を創ってくださったことへの感謝の気持ちを捧げている。

愛国心って
ホントはものすごく素敵な言葉


こんなことを書くと、過剰に反応示すサヨクがいるのは承知の上。
自分の属する国を愛することに、本来、イデオロギーなんて関係ないことだ。
そんなことは言うまでもなく、思想観、価値観の問題でもない。

昨年の東日本大震災後、愛国っていう言葉をごく自然に、
また純粋に言う人が増えた気がする。

素敵なことだと思う。

家族を、郷里を、会社を、国を、
愛することって本当に美しいって思う。

松原国家公安委員長が靖国参拝 終戦日、民主閣僚で初
2012年08月15日 http://www.asahi.com/

松原仁国家公安委員長が15日朝、東京・九段北の靖国神社に参拝した。民主党政権で終戦記念日に閣僚が靖国神社に参拝するのは初めて。野田佳彦首相は閣僚に公式参拝の自粛を求めていた。松原氏は参拝後、記……


2名の現役閣僚が参拝したが、民主党としては上出来?か。
「政治家」まして現役閣僚が公人/個人を使い分けるのはどうかと思うけど。


公安


これをネットにのせただけで殺伐とした気分になる。
どこかで、国家権力がこのことばを常に検索しているのではないかと。
盗聴は彼らの得意技だし、ネットで検索ぐらいは確実にやっているとみて間違いない。
怖いけど(笑)でもまあ・・・・既にのせてしまったのでもう遅い。

ガキの頃、漠然とながら刑事になりたいと思っていた時期があった。
身内に警察官僚がいたという環境のせいであったかもしれない。
なので、当時読む小説は推理小説以外ほとんど読んだ記憶がない。
少し大人になって、警察の裏事情を知るようになると、それも消え失せた。

私たちが公安の存在を意識するのは、例外なく彼らが不祥事をおこしたときだろう。
「その存在がオモテに出てくる」こと自体が彼らにとって一種の敗北でもある。
なにしろ印象悪すぎ。彼らを映像で見ることができるのは、たとえば映画「A」だ。
森達也がオウム真理教信者の日常を追ったこのドキュメンタリーでは、
路上で信者に接触してもいないのに、中年の捜査官は突き倒されたフリして大げさに痛がってみせる。
転び公妨(ころびこうぼう)という手法で、冗談のようだがほんとにやっている。



あるいは「踊る大捜査線」大杉漣が演じた公安部の捜査官は青島に「あんたらイメージ悪いよぉ」
と軽口を叩かれながらも決して笑みをうかべたりはしない。
公安、と一口に言っても、その所属はさまざまだ。
全国の自治体警察には警備部があり、そのなかに公安は内包されている。
警視庁だけが公安部として「部」扱いなのは首都の治安維持が重い任務だから、ということになっている。
実は強大な権力とカネをもっているのだけれど。

他にも「内閣情報調査室」「公安調査庁」などがありお互いが微妙な関係を保ちながら捜査を続けている。

しかしその捜査方法なるものがスゴイ。刑事は、知ってのとおり犯人を“捜す”のが捜査だが、
公安の場合は「目星をつけて」「徹底的に張りつく」、いわゆる見込み捜査が主流なのだということ。
犯人逮捕が優先事項ではない、というか。こりゃあどう考えてもお互い相容れるわけがない。
お互いが、お互いを軽蔑しあっている理由がこんなところでも理解できる。

出世は刑事より公安の方が早いと言われているが、実際には公安のストレスは相当なものらしい。
これは大沢在昌(著)新宿鮫シリーズでも垣間見ることができるし、
多くの公安関連本を読めばいかに彼らがストレスとの戦いでもあるかを知ることができる。


人気ブログランキングへにほんブログ村 音楽ブログ 好きな曲へblogram投票ボタン




スポンサーサイト

category: 【 随筆的なサムシング 】

thread: 日々のつぶやき  -  janre: 日記

tag: 靖国神社  終戦記念日  松原仁  野田佳彦  公安  森達也  大杉漣   
TB: 0    CM: 2   

いのちの食べかた (よりみちパン!セ) 

コンビニの前でたむろって、くっちゃべって、メール打って、
愛に飢えているかどうかなんて知ったこっちゃない。

温度のないインストタントな関係を欲したければ、
それはそれで知ったこっちゃない。

しかしながら、食い散らかしてゴミをばら撒く下劣は見るに耐えない。

そこの少年少女よ・・・
感覚が幼すぎやしませんか。

想像力を豊かにしようぜ。
-- 続きを読む --

category:  ├ Books

thread: 読書メモ  -  janre: 本・雑誌

tag:   森達也   
TB: 0    CM: 2   

ご臨終メディア ―質問しないマスコミと一人で考えない日本人  森達也/森巣博(著) 

ご臨終メディア ―質問しないマスコミと一人で考えない日本人 (集英社新書)ご臨終メディア ―質問しないマスコミと一人で考えない日本人 (集英社新書)
森 達也 森巣 博

集英社 2005-10-14
売り上げランキング : 183017

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

自分はテレビを含むマスコミの信頼度が極端に低い。
彼らの特権意識の強さがそうさせるのか、数多の不祥事によるものなのか。
それはともかく、彼らに対して一線を引いているのは確かだ。

今何かと大騒ぎになっている普天間問題を例にとると、
彼らは、鳩のアゲアシを取っては、
「公約違反ではないのか」「場当たりだと思わないのか」に終始している。
こんな分かりきっていることを垂れ流すマスコミはどうかしてるぞ。
おそらく国内のどこへ移設しようとしても民意はノーだ。

「移設」先探しで普天間問題を解決する展望は絶無です。
政府は「移設」先探しを断念し、アメリカに普天間基地を閉鎖させ、
無条件撤去させるべきです。


沖縄や徳之島だけではない生活に関わる国民全体の大問題を、
彼らはハッキリとそう主張すべきじゃないのか?
民主党の「日米安保は対等な立場で」はどこへ行ったんだ。
マスコミはこの民主党の腰砕けを糾弾すべきだと思うぞ。
情報操作しているとしか思えません。

この本は普段、何も疑問を持たずにマスメディアと接している人に一読を勧めたい。
本来、マスメディアが果たす役割とは何なのか、ジャーナリズムとは何か、
といった本質的なことから、民放各局の不条理なビジネスモデルまで、
如何に多くの問題を抱えたメディアだってことがよくわかる。
彼らに真実を再構成する権利など、ハナからないのだ。
そんな当たり前すぎることが再確認できる異色の新書だ。


【著者略歴】
・森達也
1956年生まれ。ドキュメンタリー作家。98年オウム真理教を描いた映画『A』を公開。
続編『A2』とともに各国映画祭で高い評価を受ける。

・森巣博
1948年生まれ。オーストラリア在住のジャンル横断的な異色作家。



人気ブログランキングへにほんブログ村 音楽ブログ 好きな曲へblogram投票ボタン



category:  ├ Books

thread: 読書メモ  -  janre: 本・雑誌

tag:   森達也  森巣博  民主党  普天間 
TB: --    CM: --    

PROFILE

Comments+Trackback

月別アーカイブ(過去ログ)

カテゴリ

タグクラウドとサーチ

ご訪問ありがとうございます

Welcome to Flag Counter!

フリーエリア

【免責事項】

Memorial,Steven Paul Jobs

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

Twitter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。