Blue Velvet ☆ 音彩ブログ

As time goes by.~日々の残像~ここは日常のヒトコマを切り取る場所。日々の想いや感じたままの言葉の置き場所。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --    

大局観 自分と闘って負けない心 (角川oneテーマ21) [新書]   羽生善治 

大局観  自分と闘って負けない心 (角川oneテーマ21)大局観 自分と闘って負けない心 (角川oneテーマ21)
羽生 善治

角川書店(角川グループパブリッシング) 2011-02-10
売り上げランキング : 2872

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

読了。

『社会のなかで生きていくには、時には誰かを警戒したり、何かに恐れを持って当然だが、挑戦するときには上手にそれを軽減した方が良いと思っている。いちばん手ごわいのは、「漠然とした不安」だ。恐怖の対象が明確なら、それについて研究したり考えたりすればいいが、漠然としていると、どうすればいいのかわからない。最近の私は、漠然とした不安は暗闇と同じで、ただ暗くて何も見えないから不安に思うだけで、実体は何もないのではないかと考えるようにしている。』- 58p -


天才でも色々悩んでいるという事実には勇気づけられた。
再読して整理してみる価値あり。


大局観

大枠で捉えれるかどうか。
表面的なことにとどまらない本質的な意味を知る、理解すること。

局部的に切り取って突き詰めたものは、膨大な情報の結晶だ。
でも実は目の前でたった一つの点として存在している。

突き詰めた点をしっかりと持っていることは最低条件になるわけだけど。
その点は必ずしも繋げなければいけないわけじゃない。
繋げたほうがいい点がたくさんあるってことだ。

だから大局観。

点を点として捉えず、点の集合体として捉える。
自分に必要な点をゆっくり、しっかり、ほどけない糸で結んでいく。
ピンと張りつめた糸もあるし、ゆるく繋がる糸もある。

1+1=2だけれど、1の中身は多種多様。
プラスのさせ方も多種多様。
てことは2の中身は実は無限大。

何と何をどう繋げるか。
そしてその繋げたモノをまた何とどう繋げるか。
そんな途方もないこと本気でやるなら、大局観なしにできるかなぁ。
かなり難しそうだけど。
身の丈に合った、もっと小さいところからやればいい。

培おう。大局観。


人気ブログランキングへにほんブログ村 音楽ブログ 好きな曲へblogram投票ボタン



スポンサーサイト

category:  ├ Books

thread: 読書メモ  -  janre: 本・雑誌

tag:   羽生善治   
TB: 0    CM: 0   

PROFILE

Comments+Trackback

月別アーカイブ(過去ログ)

カテゴリ

タグクラウドとサーチ

ご訪問ありがとうございます

Welcome to Flag Counter!

フリーエリア

【免責事項】

Memorial,Steven Paul Jobs

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

Twitter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。