Blue Velvet ☆ 音彩ブログ

As time goes by.~日々の残像~ここは日常のヒトコマを切り取る場所。日々の想いや感じたままの言葉の置き場所。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --    

不可解な大臣辞任劇  

ガキだった頃、振り返ってみれば、犬の放し飼いが許された大らかな時代で、
道の端っこにワンコの糞が転がっていても不思議ではなかった。

そんな中で登下校の時、誰かがうっかり糞を踏んでしまうと、
それをきっかけに鬼ごっこのような遊びがはじまる。
「バイ菌を移される」という、今に思えば実に下らないエンガチョ遊びだった。
ところが大人になっても、しかも大臣となっても小学生レベル以下のチャラ男がいた。

と思っていたら、こんな記事を見つけた。

●鉢呂経産相辞任 記者クラブに言葉狩りされて●
http://tanakaryusaku.jp/2011/09/0002887

これを読んで鉢呂氏を擁護する気も同情する余地もまったくないが、
会見中にキレる記者もいれば、オフレコの意味を知らないバカもいるってことだ。
理由はどうあれ表に出てしまった以上議員の責任になるわけだから、
そういう相手が取材活動をしているってことを肝に銘じておくべきだったと思う。
本来は、福島の人に直接謝って、福島の人にこれを「許すか許さないか」どうなのか?
という事を直接問うのが大事なのであって、記者に向かって謝って、身内に首斬られてるような形では、
意味無いんだよね。茶番だよ。

いずれにしても最終的には辞任を決断したのは鉢呂氏本人。
どうしてこのようなことで、事実関係のろくな説明もないまま、辞任しなければならないのか、
閣僚としての責任感はどうなっているのか、
その程度の人物なのであれば、経産大臣を続けていても、ろくな仕事はできなかったであろうことは確かだ。



人気ブログランキングへにほんブログ村 音楽ブログ 好きな曲へblogram投票ボタン



スポンサーサイト

category: 【 随筆的なサムシング 】

thread: 政治・経済・時事問題  -  janre: 政治・経済

tag: 政治・経済・時事  民主党  鉢呂吉雄 
TB: --    CM: --    

PROFILE

Comments+Trackback

月別アーカイブ(過去ログ)

カテゴリ

タグクラウドとサーチ

ご訪問ありがとうございます

Welcome to Flag Counter!

フリーエリア

【免責事項】

Memorial,Steven Paul Jobs

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

Twitter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。