Blue Velvet ☆ 音彩ブログ

As time goes by.~日々の残像~ここは日常のヒトコマを切り取る場所。日々の想いや感じたままの言葉の置き場所。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --    

♪♪ Eric Clapton - Tears in heaven (1992)  



この曲は不慮の事故で喪った息子コナーへ捧げる歌・・・クラプトンファンなら誰でも知っていることと思います。

91年3月、コナーちゃんはニューヨークのアパートの53階から、隣の4階建てビルの上に誤って落下。
わずか4才6ヶ月という小さな命でした。


ABCニュースでも大きく取り上げられました。

documentary about conor clapton's death on ABC News.
 ABC news: Conor Clapton


Conor Clapton Tears in heaven (Eric Clapton)
http://youtu.be/KB_k2BC0O58
もしも天国に行ったら

天国で逢いたいと思ってくれるだろうか

もしも天国で逢えたなら
おまえの手を握ってもいいかい

もしも天国で逢えたなら
おまえを抱きしめてもいいかい

天国でなら 誰にも邪魔はされない

天国でなら 誰にも遠慮はいらない

もしも天国で逢えたなら・・・

でも、それさえも叶わぬことだろう
オレは天国にいける男じゃなない・・・



息子と過ごす時間が少なく何もできなかったのではないかという後悔と、

それでも悲しみを乗り越えて前向きに生きようとする姿が伝わって来ます。


アンプラグド~アコースティック・クラプトンアンプラグド~アコースティック・クラプトン
エリック・クラプトン

ワーナーミュージック・ジャパン 2010-06-23
売り上げランキング : 14554

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

アンプラグド~アコースティック・クラプトン [DVD]アンプラグド~アコースティック・クラプトン [DVD]
エリック・クラプトン

ワーナーミュージック・ジャパン 2005-08-31
売り上げランキング : 2513

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


この前年(90年)、ともにツアーを廻っていたギタリストのスティーヴィー・レイ・ヴォーンを移動中のヘリコプターの事故で亡くすという事態にも直面しています。
こうした不幸の連鎖で、クラプトンは再びドラッグやアルコールに依存するのではないかと、当時の音楽関係者や多くのファンが心配していましたが、ずっと通っていたアルコール依存症の治療センター「ヘイゼルデン」で共に治療している仲間のおかげで持ちこたえていたと自伝書で語っています。

エリック・クラプトン自伝
エリック・クラプトン(原著), 中江昌彦 (翻訳)
エリック・クラプトン自伝

クラプトンの上っ面だけを舐めてちゃいかんな?という動機で読んだ本。
2008年ベストセラー。

アルコール、ドラッグ依存にオンナ遊び。ある程度は知っていたけど、ここまでとは思いもしませんでした。
こんなに破滅的な人生を送ってきながら超一流のミュージシャンとして君臨し、
さまざまな音楽シーンに多大な影響を与え続けきたクラプトン。
翻訳の中江さんがあとがきで書かれているように、
多くのロックスターがメチャメチャな生活を送り死んでいった中で、
このおっさん、よくこんなんで生き延びてこられれたなぁ、凄いなぁとつくづく思います。

エリック・クラプトン自伝


気が狂うのを防ぐために曲を書いていた・・・このあたりの記述は本当に壮絶。
いくつかある“うねり”の中で、最も心が震わされるくだりです。
ミュージシャンとは多かれ少なかれ、みんなCrossroadsを通って今があるってことですかね。
本が書かれた2007年に至る最後の10年は、家庭・仕事・健康の何れにも恵まれ、
流れ的にはハッピー・エンドなのですが、全体を通した印象では、
この幸せのどこがいつ崩れてもおかしくないような危うさがクラプトンの人生にはある気がします。



人気ブログランキングへにほんブログ村 音楽ブログ 好きな曲へblogram投票ボタン





スポンサーサイト

category:  ├ Eric Clapton

thread: 音楽のある生活  -  janre: 音楽

tag: 洋楽    DVD  1992年  エリック・クラプトン  中江昌彦   
TB: 0    CM: 4   

♪♪ 安全地帯 - あの頃へ (1992年) 

20111211.jpg
(多摩川から冬空を眺める)

人は時間とともに、いろんな形に変わる生き物。

無意味という言葉だけが残る人と、
新しい世界が広がる二者が確実に存在する。

こうやって好き勝手に自己満足なブログを転がしてますが、
読み返してみると我ながら節操もないなあと、しみじみ思う今日この頃。
自分は賢人でも詩人でもありませんし、人を諭すような人間でもありません。
ただ、そこにある何かを考えて表現しなくては生きていけない人に間違いござんせん。

それに対して素直で有るべきだということ。
それが血肉の一つになるんだということ。

それを繰り返し、読み返しながら自分が確かになっていくんでしょうね。
仮に背伸びしたところで、それ以上でもそれ以下でもない等身大の自分ってのがいる。
これって無理してるなとか、ああこれは本当に思ってるなとか。

なんていうか、自己矛盾と自問自答の繰り返しで成長するってことがようやく解ってきた。
アタクシのような中途半端な人間が、整合性取ろうと必死こいちゃいかんですな。
そんなもん、ちいちゃくちいちゃくまとまるオチしか待ってないわ(笑)

要するに、びくびくするより前に出て、出る杭打たれて、また飛び出しちゃえばいい。
心配しないでも誰も気にしてないだろうし、さっさと前に進んじゃえばいい。

さーて、残りわずかな2011年。こうしてツッパって生意気に走ってやろうと思います!



ブログタイトルから離れてしまいましたが、こないだ、どこぞの飲み屋で流れていたこの曲。
妙に懐かしく、玉置浩二だとすぐわかったが、何せ曲名が思い出せない。

キーワード「玉置浩二 あの頃へ」でググッてすっきり。

何かとお騒がせで奇行が目立つ玉置さん。
最近、メディアに登場しませんが(飽きられたか?)
こんな琴線に触れる曲をたくさん世に送り出せんだから、
やっぱりアーティストとして活躍してほしいと願わざるを得ません。





人気ブログランキングへにほんブログ村 音楽ブログ 好きな曲へblogram投票ボタン



category: 【 邦楽 あ・か・さ 】

thread: 音楽のある生活  -  janre: 音楽

tag: 邦楽  1992年  安全地帯  玉置浩二  多摩川   
TB: 0    CM: 2   

PROFILE

Comments+Trackback

月別アーカイブ(過去ログ)

カテゴリ

タグクラウドとサーチ

ご訪問ありがとうございます

Welcome to Flag Counter!

フリーエリア

【免責事項】

Memorial,Steven Paul Jobs

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

Twitter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。