Blue Velvet ☆ 音彩ブログ

As time goes by.~日々の残像~ここは日常のヒトコマを切り取る場所。日々の想いや感じたままの言葉の置き場所。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --    

【DVD】蘇える優作 ‐「探偵物語」特別篇  1998年公開作品 

蘇える優作 ‐「探偵物語」特別篇 [DVD]蘇える優作 ‐「探偵物語」特別篇 [DVD]

TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D) 2009-11-21
売り上げランキング : 74906

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

亡くなって20年の歳月が経つ今も、ビデオやCMでファンを魅了し続けている俳優・松田優作の、往年の人気TVドラマ「探偵物語」の第一話と第五話をスクリーンに蘇らせた特別篇。予告篇や優作の出演映画の映像を、様々なエピソードと共に綴った「メモリアルフィルム」が、二話の前後に挿入された構成になっている。コミカルとシリアスが同居した探偵・工藤の男臭さに憧れずにはいられない。優作を語るには絶対外せない作品。

■キャッチコピー■
永遠に、自由(アウトロー)。―不滅のヒーローに喝采!秘蔵・優作メモリアル
竹中直人ナレーションによる秘蔵・優作メモリアルフィルム収録!


●第1話「聖女が街にやって来た」
●ベストセレクション「探偵物語」予告篇傑作選(第7話・第18話・第19話・第20話・第22話・第27話)
●第5話「夜汽車で来たあいつ」

【キャスト】
松田優作 成田三樹夫 山西道広 竹田かほり ナンシー・チェニー 
第1話:緑魔子 熊谷美由紀 佐藤蛾次郎 山谷初男 
第5話:水谷豊 古尾谷雅人 原田美枝子

【スタッフ】
原案:小鷹信光(徳間書店刊)
監督:村川透(第1話)/澤田幸弘(第5話)
脚本:丸山昇一
撮影:仙元誠三(第1話)/杉村博章(第5話)
音楽:SHOGUN
製作:セントラル・アーツ
構成:山口猛



20110926.jpg

ハードボイルドの主人公は、とにかく渋くなければならない。

およそムダとしか思えないことにこだわり、妙にやせ我慢をし、
ボディにパンチを喰らいながらもへらずグチを叩く。
渋くなければ単なるアホだ。

でも日本の場合はちょっと様相がちがっていて、単なるアホであればあるほどハードボイルド的に愛される。
それはすべて「傷だらけの天使」の萩原健一と「探偵物語」の松田優作のおかげ。

ビギのファッションに身を包みやることなすことがカッコ悪い「あにきぃ~」(水谷豊)の姿と、
渋すぎる成田三樹夫から「工藤ちゃん・・・図にのるなよ探偵!」と凄まれて
ベスパP150Xでトンズラこいちゃう私立探偵こそがカッコ悪いがゆえにカッコよかったのである。


人気ブログランキングへにほんブログ村 音楽ブログ 好きな曲へblogram投票ボタン


スポンサーサイト

category:  ├ Movie

thread: 私が観た映画&DVD  -  janre: 映画

tag: 映画  DVD  1998年  松田優作  成田三樹夫  萩原健一  水谷豊  古尾谷雅人  原田美枝子  竹中直人 
TB: --    CM: --    

♪♪ サザンオールスターズ 『さくら』 

さくらさくら
サザンオールスターズ

ビクターエンタテインメント 1998-10-21
売り上げランキング : 6591

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

【Tracks】
1. NO-NO-YEAH/GO-GO-YEAH
2. YARLEN SHUFFLE~小羊達へのレクイエム~
3. マイ フェラ レディ
4. LOVE AFFAIR~秘密のデート
5. 爆笑アイランド
6. BLUE HEAVEN
7. CRY 哀 CRY
8. 唐人物語(ラシャメンのうた)
9. 湘南SEPTEMBER
10. PARADISE
11. 私の世紀末カルテ
12. SAUDADE~真冬の蜃気楼~
13. GIMME SOME LOVIN’~生命(いのち)果てるまで~
14. SEA SIDE WOMAN BLUES
15. (The Return of)01 MESSENGER~電子狂の詩(うた)~(アルバム・ヴァージョン)
16. 素敵な夢を叶えましょう


BOOK OFFで驚いた。ワンコインで無造作に置かれていた。
Bergamot的にはサザンの中でも1,2位を争うほどの珠玉の一枚。
絶対売りません(笑)


ハードな“NO NO Yeah/GO GO Yeah”や“CRY哀CRY”
ソウルフルな“YARLEN SHUFFLE”
ワルツ調の“湘南SEPTEMBER”
社会風刺的なフォーク“私の世紀末カルテ”
美メロバラッド“素敵な夢を叶えましょう”

そしてなんといっても

桑田節エロ全開モード
セオーノ・ルーハ・ナ・キテス マイ フェラ レディ...

“マイ フェラ レディ”

どれもこれも粒ぞろい。
凝ったアレンジはマニアックなまでにエグイ。

料理に例えるなら、

スティーリー・ダン(Steely Dan)とサザンの煮しめ。
ヒムロック風ドメスティック・フォークのパイ包みサザン揚げ。
和歌のH/M仕立てのサザン・ソース風サラダ。
ジェフ・ベックとサザンのピリ辛炒め。
サザンのギルモア和え。
島倉千代子とハワイアン演歌のサザン・リキュール。
S嬢とM男のジャズ・ロック・マリネ。

どうです、この多彩な豪華料理。

こんな美味しい料理、二度と食べれませんよ。
それだけ俗世に執着してるっていう噂も(笑)

●1998年10月リリース。全78分。


最高に笑える桑田珠玉のエロ歌『マイ フェラ レディ』

マイ フェラ レディ サザンオールスターズ 歌詞情報 - goo 音楽
マイ フェラ レディ サザンオールスターズ 歌詞情報 - goo 音楽


歌詞を見れば一目瞭然。そのエロさ絶倫。

もともと、桑田はゴロ合わせに関しては天才的なひらめきを持っている。
もってはいるが・・・
「マイ フェラ レディ」は、いかにスペイン語チックに聴かせるか、
相当苦労しただろうな。
毎日が言葉との格闘だったに違いない。
それにしても、なぜここまでヤル気になったのだろうか。
得意のナンセンスな遊び心と言ってしまうとそれまで。
日本人の概念の中に巣食っている“見ざる 言わざる 聞かざる”のような、
奇妙な美徳を笑い飛ばしたかったんじゃないかな。
ここまでに開けっぴろげに堂々と歌われちゃうと、
イヤラシサのカケラもない。
最初に聴いたときはホント爆笑したのだが、
その一方で桑田の性的開放感とおおらかさは原始的日本人そのもので、
縄文世界につながるのでは?とハタと気がついた。
考えてみれば、はるか昔から語り継がれてきた民謡などに描かれたセックスは驚くほどワイルドで露骨だ。
神社の御神体が男性器だったり、女性器だったりするんだから。
一方、縄文の土器や土偶を見ると、醜いものは醜く、激しいものは激しく、
性表現も解放的に見えちゃうから不思議だ。
そこには形式的美しさを求めた弥生文化とは異なる世界が広がる。
激しい情念を押し込めた、いわばオルタナアートといってもいい。

ということで、

爆笑した後に日本文化が見えてきたのであります。



category:  └ サザンオールスターズ

thread: 音楽のある生活  -  janre: 音楽

tag: 邦楽  1998年  サザンオールスターズ   
TB: --    CM: --    

♪♪ 徳永英明 - 最後の言い訳 (1988年)  



徳永ってピアノの旋律が似合うアーティストだなって、つくづく思う。
女性ヴォーカリストのカバーが大ヒットしたが、
カバー曲を歌ってこそ、自分の歌の大切さがわかったとか・・・・
彼のDNAの全てはオリジナルにある。




どんなに愛していても
心が自分に向かっていない相手には
想いも言葉も時間も
言い訳にしかならねーんだ。

沁みるねぇ・・・・。

懐かしさも、切なさも、

弱さも、いたらなさも、

ふがいなさも・・・・




ん?


あったよ、こんなころも。

ずっと引きずったこともあった。



オトコノコは・・・

フラれたりしたら、

ひとりで酒かっ喰らって泣きゃぁいい。



できるだけ歯ぁ食いしばって。

ぜんぶ曝け出して。

一晩中その子の名を呼んで。



そして泣き叫び飽きたら、

布団かぶって寝て、起きてまた外へ出て行けばいい。



オトコノコはなぁ・・・

恋愛もSEXも痛い目あって覚えるしかねーんだ。



人気ブログランキングへにほんブログ村 音楽ブログ 好きな曲へblogram投票ボタン






category: 【 邦楽 た・な・は 】

thread: 音楽的ひとりごと  -  janre: 音楽

tag: 邦楽  徳永英明  1998年 
TB: --    CM: --    

PROFILE

Comments+Trackback

月別アーカイブ(過去ログ)

カテゴリ

タグクラウドとサーチ

ご訪問ありがとうございます

Welcome to Flag Counter!

フリーエリア

【免責事項】

Memorial,Steven Paul Jobs

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

Twitter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。