Blue Velvet ☆ 音彩ブログ

As time goes by.~日々の残像~ここは日常のヒトコマを切り取る場所。日々の想いや感じたままの言葉の置き場所。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --    

Nena & Kim Wilde - Anyplace, Anywhere, Anytime 

昨日、登記事項証明書と印鑑証明書を取りに法務局へ。
待っている間、職員さんの対応をしばらく観察。

こういう仕事って何をモチベーションにしているのかな、
ってね。

創業時、一生かかわらないだろうと思っていた法務局で、
法人登記するにも手続きが分からず、右往左往していたときのこと。
当時、担当した職員(♂)さんがとても親切に対応してくださって、
「よかったですね。これで登記できます。」
と声をかけてくれた時、不覚にも涙ぐむオレって、初々しかったなぁ(笑)

そんなことを思い出しながら、気が付けばかなりの時間が過ぎている。
この時期だからか、新卒風の若者に指示しながらだったので処理は遅かった。
イライラするほど気にしなかったものの、違和感をうっすら覚えた。
なんていうんだろう、対応している人から期待している言葉を聞けない感じ。
たとえば、サービス業でいう「ありがとうございました」とか「またお待ちしてます」が。

はい、見事に裏切られました。

さんざん待たせておきながら実際に出てきた言葉は
「本日はどのようなご用件でしょうか?」だから、
そりゃ「はあ?」って半分コバカにしながら聞き返しますわね。

「いま、手続きしてもらってますが?」
「・・・・」
言葉、ないのかい!(笑)

何かひと言あれば長い時間待つのに耐えられると言うか・・・
「大変お待たせしました」、あるいは「また何かお困りでしたらいつでもご相談ください」とか。
何も釣り銭を期待するほど声をかけてくれとは言いませんけど?

きっと一日、何の仕事もしないで済むのが良い事で、仕事が多い日は疲れる日なんじゃないの?
そういう部分が冒頭の、彼らが何をモチベーションにして仕事しているのかに繋がるわけで。
一人でも多くの市民の役に立ってる事が幸福感に変わっていれば、言葉は変わる気がする。

いや、言葉を変えれば、自分の幸福感が変わるのかな。
とにかくもうちょっとなんとかしなきゃ役所はいつかダメになっちゃう気がする。
職員の態度のせいで、足腰の悪いお年寄りが「あの出張所には行きたくない」とか。
どんな仕事でもリピーターがいなくなったらジ・エンド。

余計なお節介かもしれないが、自分本位でうっす~い幸福感しか得られない気がする。
お役人さん、このままじゃ安定もなくなっちまうよ?



ドイツのディスコでヘビロテでかかりまくっていたなあ(ナツカシイ)

ネーナ(左)のパートがドイツ語なのに全然キツく聴こえない。むしろ可愛らしい感じ。
ええ?ネーナもキム・ワイルドも1960年生だから今年52歳!?
このライブ映像はもっと若かった時のだろうけど、
姐さん、あなたたちほんとカッコイイです!!

If we belong to each other, we belong
Anyplace anywhere anytime



人気ブログランキングへにほんブログ村 音楽ブログ 好きな曲へblogram投票ボタン



スポンサーサイト

category: 【 洋楽 L・M・N 】

thread: 音楽のある生活  -  janre: 音楽

tag: 洋楽  ネーナ  キム・ワイルド  ディスコ/クラブ  2003年 
TB: 0    CM: 2   

PROFILE

Comments+Trackback

月別アーカイブ(過去ログ)

カテゴリ

タグクラウドとサーチ

ご訪問ありがとうございます

Welcome to Flag Counter!

フリーエリア

【免責事項】

Memorial,Steven Paul Jobs

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

Twitter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。