Blue Velvet ☆ 音彩ブログ

As time goes by.~日々の残像~ここは日常のヒトコマを切り取る場所。日々の想いや感じたままの言葉の置き場所。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --    

忘年会 2011-12-26 

20111226忘年会

12/26、例年より遅い弊社の忘年会でした。

冒頭、東日本大震災、福島原発事故で犠牲となった多くの方々の鎮魂と、世界中からの恩に感謝し、
1分間の黙祷を捧げた。

私事の交通事も故もあって、今年はある意味、一生に一度あるかないかの激動の1年だったと言える。
そんな中、今期は起業以来の最高収益を計上することができた。
ひとりひとりの弛まぬ奮闘があればこそ。そして、それを支える家族あっての賜物。

感謝、感謝、本気で感謝してます。



巻き込む人がいれば巻き込まれる人がいることを忘れちゃいけない。
みんな幸せになってほしいから、伝えなきゃいけないことがある。
伝わっているかも知れないけれど、結局「継続こそ力なり」だから。

起業し始めの頃は、不安、緊張、混乱でいっぱいいっぱいだった。
自分のジャッジに迷いもあった。だから後ろを走る人の気持ちを死ぬほど考えた。
要するに余裕もなく嫌われないようにしていた。
でもそんなものは、責任転嫁でしかなかった。「おまえらも責任取れよ」みたいな。
ある日(助言)を境にそんなんでは何時までたっても、成長も、輝きも、成功も手にすることはできないことに気づかされた。
だから仲良しこよしをやめて「全責任を負う」と腹をくくった。

説得力を出すために、言行一致の一点だけをとにかく意識した。
あの人変わっちゃったと思われていたかもしれない。
孤独で誰も理解してくれないと必死で悩んで駆けずりまわっていた時期もあった。
それでも嫌われることを恐れず、フレームワークの力を信じてルールを徹底していった。

20111226 忘年会-2

厳しいこと、言いたくないことを言う時は、愛情を裏付けにすると決めている。
勝手で一方的かもしれないけれど、相手の将来、ひいては人生しょってんだから。
今では本気で向き合うことだけが、ルールも感情も越えて、人と人を「絆」で結んでくれている。

自分でもなく他人でもなく、組織の発展に忠実に生きてこそ強靭なベクトルを示すことができる。
示したベクトルに最も強い確固たる自信を持ち、責任から目を背けず妥協を許さずして前進はない。
組織内の人が同じベクトルで進み始めれば、否が応にも「エナジー」は生まれる。
エナジーは自分、社員、家族、ユーザ、全ての関係者に恩恵をもたらす。
そして初めてトップであることを理解してもらえるようになるんだと思う。
最後はトップの成長に組織は連動していることを組織内の人は肌で感じる。
それでも離れていくものにヤキモチを焼くなら、自分の未熟さと向き合うしかない。

「2012年」

素晴らしい仲間、尊敬できる同志に囲まれ、もっと高く飛んでいけるようにしよう。
目標を高く設定したなら、そこに追いつくために毎日自問自答し続けよう。

夢や目標は、頭で考えているうちはまだ曖昧。
口に出して、書いてこそ、明確になり、行動が変わる。
行動が変われば、結果も変わる。

将来が決まれば今日も決まる。
情熱と自信の連続が大事を成す!!



君たちとなら一緒に歴史を創造していけると確信した1日だった。




人気ブログランキングへにほんブログ村 音楽ブログ 好きな曲へblogram投票ボタン



スポンサーサイト

category: 【 随筆的なサムシング 】

thread: 日々のつぶやき  -  janre: 日記

tag: 忘年会  2011年 
TB: 0    CM: 0   

エアロスミス in 東京ドーム 2011/11/30 

2011130 東京ドーム エアロ参戦

がんばっているよ!日本


アムロいきます!!エアロ行きます!!

と宣言してから、ついに迎えたこの日。

開演ギリギリ間に合いました。

エアロスミス来日 11/30東京ドーム参戦調整中

夫婦で参戦!!

-- 続きを読む --

category:  ├ Aerosmith

thread: 音楽のある生活  -  janre: 音楽

tag: 洋楽  HR/HM  2011年  東京ドーム  エアロスミス  B'z   
TB: 0    CM: 6   

表参道ヒルズ Xmas tree 2011 

青山へ立ち寄りの帰路、久しぶりに表参道ヒルズへ。

本館吹抜けの大階段に設置された巨大なクリスマスツリーが幻想的に演出されてました。

表参道ヒルズ クリスマスツリー 2011 -1

”WALT DISNEY 110th Anniversary Special in Omotesando Hills”

今年、ウォルト・ディズニー生誕110周年を記念したクリスマス・イベントだそうで、
ディズニーキャラクターが随所に散りばめられてます。


●表参道ヒルズ・イベント情報●
http://www.omotesandohills.com/event/


表参道ヒルズ クリスマスツリー 2011 -2


気がつけば11月も末。そっか・・・残すところ1ヶ月あまりですか。

2012がすぐそこに。うかうかしているとあっという間に明けちゃうよ。





「忙」

忙しいとは心を亡くすとはうまく言ったもので、イライラ殺気だったり、言うつもりのない言葉が出たり。
そうやって忙しい事にかまけて他人を傷つけてきたことを反省するように意識しなきゃな。
原因は全て自分が作った仕組みや予定の組み方のせいだったりするもんだけれど。

具体的には、忙しい時の自分の言葉や表情にふと立ち止まってみるようにしよう。
少なくとも傷つかずに済む人を傷つけたりしてきたんだな、という気がする。
抱えるものが大きくなっていくなら、普段犠牲にしている人やモノにこれ以上の負担はかけられない。
そう思い始めている。

そして、どうあるべきか自戒してみたりするけど、全ては必要な点と点のバランスなんだと思う。
そういうモノを軽視して今まで生きてきたが、これからの人生は少しだけ気の遣える大人になりたいなと。
これまでに迷惑かけた人の中に、直接会って謝罪することができない人がいるのが悔しいが。

他人や仕事に振り回されて心を亡くさないために、何をやるべきなのか。
自分がどれだけやりたいことを目いっぱいできているかを考え続けようと思う。
その分大切な人たちにどれだけ迷惑かけているかも常に考えようと思う。

周囲の希望に全て答えることは不可能だけれど、せめて心配をさせた事には報いたいと思う。
そうするために必要な、「自分の心」を亡くすわけにはいかない。
そこだけは、多少非効率な作業であっても踏ん張りどころであり我慢のしどころ。

大切な人達を守るために、自分の心は大事に守りたいと思う。




人気ブログランキングへにほんブログ村 音楽ブログ 好きな曲へblogram投票ボタン



category: 【 随筆的なサムシング 】

thread: 日々のつぶやき  -  janre: 日記

tag: 2011年  クリスマス  表参道ヒルズ  ディズニー 
TB: 0    CM: 0   

MUSICMAN(初回生産限定 “MUSICMAN” Perfect Box)(DVD付) 

【復活!桑田佳祐ドキュメント~55歳の夜明け~】

本日20:00~
NHK総合で放送されます。



昨日の「Mステ」に出演した桑田先生。涙もんでした。
「銀河の星屑」~「月光の聖者達」のスペシャルメドレーを披露してくれました。
桑田ファンならずとも、胸に響くものがあったのではないでしょうか。

やっぱり、

あなたはグレート!!
いつまでもアイラヴ!!



そして、

「月光の聖者達」が歌い終わると同時に届いた

初回生産限定“MUSICMAN”Perfect BOX

桑田佳祐MUSICMAN

宅配業者の怠慢で今日まで遅配となったことは許してあげよう。

いつものにーちゃん直立不動。

君の責任じゃないんだから、そんなに恐縮するなって。

さあ、君も歌おう。


♪♪いまがあ~

現在(いま)がどんなにやるせなくても明日(あす)は今日より素晴らしい♪♪


MUSICMAN(初回生産限定 “MUSICMAN” Perfect Box)(DVD付)MUSICMAN(初回生産限定 “MUSICMAN” Perfect Box)(DVD付)
桑田佳祐

ビクターエンタテインメント 2011-02-23
売り上げランキング : 24

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


まず、このジャケットの美しさをどう表現していいだろうか。
純和風なテイストに「日の丸」としか見えないのだが、
桑田先生が何を想い、どう伝えたいのかは今のところ見出せないでいる。

さきほど、全曲(17曲)聴き終えたばかり。

まず1曲目で捉まった。
今の政治批判とも受け取れるメッセージが随所に。

現代人諸君!!(イマジン オール ザ ピープル)

言うことがブレまくりの党首
政府与党は所得(かね)を搾取

毒入りの食品を疑う
年老いた親を賄う
国民(たみ)が国家(くに)の負債を担う


現代人諸君!!(イマジン オール ザ ピープル) 桑田佳祐 歌詞情報 - goo 音楽



もともと、語呂合わせには天才的なひらめきを持っている桑田先生。
これ以上でも、以下でもない。
今までも世相を斬る曲が多数あったが、
これは思わず膝を叩いて「おっしゃるとおり!」と納得してしまう。

こういうことを、さらりと発信できるのは、

きよしろう、くわたけいすけ・・・他には思い浮かばない。います?
シビれるわあ、ほんとに。

これを放送禁止などと自主規制したら許さねーから。



歌は誰かに歌えって言われて歌うものじゃない。

誰も「歌うな」とやめさせる権利はない。

歌いたいやつが、歌いたい歌を、歌いたいときに、

歌いたいように歌いたいだけ歌うんだ。






「月光の聖者達(ミスター・ムーンライト)」

月光の聖者達(ミスター・ムーンライト) 桑田佳祐 歌詞情報 - goo 音楽

ディープな曲だ。少年時代に聞いたビートルズの『Mr. Moonlight』にインスパイアされたとか。
こないだの「めざまし」でも話していたし、BOOK“MUSICMAN'S NOTE”にもそれは書いてあった。

それはフレーズからも顕著に現れている。

「切ない"Yeah(イェ)Yeah(イェ)の歌"」はビートルズの曲のことを指すだろうし、
「ビルの屋上の舞台(ステージ)で巨大(おおき)な陽が燃え尽きるのを見た」は、
アップル本社ビル屋上で解散前のビートルズが予告なしで敢行した最後のライブの様子なんだろう。

当時のビートルズと熱狂的なファンとの関係性から感じられた社会的背景と、
世間の何がどうなろうと毎日懸命に仕事し必死の思いで生きる人々。
今の社会が抱える問題の矛盾や偽善から生じる温度差。

そして、ふと思い出す若かりし日々。

二度とあの日の僕には
戻れはしないけど
瞳(め)を閉じりゃ煌めく季節に
みんなが微笑(わら)ってる


ニンゲンは思い出に生きるのは寂しいことだけれど、
その思い出に救われることだってあるのさ。
それは、、、
「ボギー、あんたの時代はよかった」と歌うジュリーの感覚に似ているのかもしれない。



Beatles / Mr. Moonlight




人気ブログランキングへにほんブログ村 音楽ブログ 好きな曲へblogram投票ボタン


category:  └ サザンオールスターズ

thread: 音楽のある生活  -  janre: 音楽

tag: 2011年  邦楽  桑田佳祐  サザンオールスターズ  洋楽  ビートルズ 
TB: --    CM: --    

『バーレスク』が第68回ゴールデン・グローブ賞・主題歌賞受賞  

日本時間の2011年1月17日、第68回ゴールデングローブ賞の発表が行われ、
映画『バーレスク』がゴールデングローブ賞の主題歌賞を受賞しました。


2曲ノミネートされてたんですね。


クリスティーナ・アギレラ
"BOUND TO YOU"
(作曲:サミュエル・ディクソン 作詞:クリスティーナ・アギレラ、シア・ファーラー)




受賞したのは


シェール
"YOU HAVEN'T SEEN THE LAST OF ME"
(作詞・作曲:ダイアン・ウォーレン)



DIVAに拍手!!

シェールとえばこの曲です。

believe




人気ブログランキングへにほんブログ村 音楽ブログ 好きな曲へblogram投票ボタン



category:  ├ Movie

thread: 私が観た映画&DVD  -  janre: 映画

tag: 洋楽  映画  2011年  クリスティーナ・アギレラ  シェール  ゴールデン・グローブ賞 
TB: --    CM: --    

2011初詣 -池上本門寺- 

日本海側は大荒れな年末年始だというのに、
この三が日、東京は天気にも恵まれ穏やかな正月でした。
家族全員で「池上本門寺」へ初詣。
・・・何年ぶりだろう・・・
改めて、家族の大切さ素晴らしさを実感しました。

2011初詣 池上本門寺 -8

2011初詣 池上本門寺 -4

2011初詣 池上本門寺 -1

桑田の紅白で復活。いやぁ、嬉しかったねぇ。
年甲斐も無くちょいとウルっときちゃいました。
少し痩せたのかな・・・顔がすっきりしていて。
声が心配されていたが、全然ダイジョーブじゃない?
これまた嬉しかったなぁ。
主治医も驚異的な快復と驚いていたとか。
ハラ坊の献身的なサポートに感謝していると、
元日夜の生ラジオで話してました。

さあ、2011年桑田伝説の幕開けです。
酒を断って甘党になってもシモネタ全開でお願いします。
ニューアルバム「MUSICMAN」の発売日(2.23)が楽しみ。




幸せか不幸かどうかは自分の受け止め方しだい。
かと言って、今日から考え方を変えるのは難しい。
でも、今日からできることはある。

どんなに辛くても

『笑うこと』

泣きながらでもいいから

『笑ってみよう』

もし、笑えないなら
笑ってもらえる仲間を持とう。

環境を変えようとするより、
一緒に、自分の受け止め方を変えよう。

人は何度だって生まれ変わることができる。

そのきっかけは、
一人の人間との出逢いかもしれない。
一冊の本との出逢いかも知れない。

もし、
この『音彩ブログ』がきっかけになるのであれば、
明日からの変わろうとするあなたの勇気と共に歩みたい。


to be continued...




人気ブログランキングへにほんブログ村 音楽ブログ 好きな曲へblogram投票ボタン


category: 【 随筆的なサムシング 】

thread: 日々のつぶやき  -  janre: 日記

tag: 2011年  初詣  桑田佳祐 
TB: --    CM: --    

PROFILE

Comments+Trackback

月別アーカイブ(過去ログ)

カテゴリ

タグクラウドとサーチ

ご訪問ありがとうございます

Welcome to Flag Counter!

フリーエリア

【免責事項】

Memorial,Steven Paul Jobs

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

Twitter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。