Blue Velvet ☆ 音彩ブログ

As time goes by.~日々の残像~ここは日常のヒトコマを切り取る場所。日々の想いや感じたままの言葉の置き場所。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --    

♪♪ The Emotions - Best Of My Love (1977年) 

Rejoice




●アルバム『Rejoice』(邦題:リジョイス)に収録。1977年リリース。
●全米Billboard Black Albumsで最高1位。同Billboard Pop Albumsで最高7位。

●シングルカットされた「Best Of My Love」はE,W&Fのモーリス・ホワイトがプロデュース。
全米Billboard Pop Singles最高1位
同Billboard Black Singles最高1位
同Billboard Club Play Singles最高11位


おそらく、どこかで1度は聴いたことのある曲じゃないかな。
昇り詰めていく高揚感に溢れた一曲です。
複雑なコーラスワーク、高音で伸びていく3人のハーモニーが鳥肌物。
癖のある荒削りでビートの利いたソウルナンバーもいいが、
誰にでも受け入れられるダンスナンバーの中にも、
人の心に響く力を兼備え色あせぬ曲もあるんですね。

RejoiceRejoice
Emotions

Sony 1990-02-01
売り上げランキング : 325469

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

【TRACKS】
1. Best Of My Love
2. A Feeling Is
3. A Long Way To Go
4. Key To My Heart
5. Love's What's Happenin'
6. How'd I Know That Love Would Slip Away
7. Don't Ask My Neighbors
8. Blessed
9. Rejoice



人気ブログランキングへにほんブログ村 音楽ブログ 好きな曲へblogram投票ボタン



スポンサーサイト

category: 【 洋楽 T・The 】

thread: 音楽のある生活  -  janre: 音楽

tag: 洋楽  R&B  ソウル  ディスコ/クラブ  1977年  エモーションズ  E,W&F  モーリス・ホワイト  ソウル・トレイン 
TB: --    CM: --    

♪♪ Earth, Wind & Fire - Fantasy (1978年) 

アース・ウィンド&ファイアー(E,W&F)
宇宙のファンタジー



批判を恐れずに言うならば、70年代後半、空前のディスコブームに拍車をかけたのが「E,W&F」である。
当時のディスコファンにとって、「E,W&F」の代名詞ともいえるこの曲は涙もんの1曲じゃないでしょうか。
イントロからは想像もできないダンサンブルなナンバー。僕ももこの曲で「E,W&F」に掴まったひとり。
アルバム「太陽神」に収録され全米アルバム・チャートで最高3位を記録。
決めのホーン・セッション、フィリップ・ベイリーの魅惑のファルセット、モーリス・ホワイトの重厚なボイスが
あってこその「E,W&F」。ここ数年またライヴ活動を再開しているが、今やオリジナル・メンバーは、フィリップ・ベイリー(vo)、バーダイン・ホワイト(b)、ラルフ・ジョンソン(vo, perc)の3人しかいない。
モーリスが生きているうちに、もう一度オリジナル・メンバー全員が揃った「E,W&F」を聴きたい。


太陽神太陽神
アース・ウィンド&ファイアー

Sony Music Direct 2004-09-01
売り上げランキング : 38357

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




人気ブログランキングへにほんブログ村 音楽ブログ 好きな曲へblogram投票ボタン




ファンタジー~パーフェクト・ベスト(初回生産限定盤)(DVD付)ファンタジー~パーフェクト・ベスト(初回生産限定盤)(DVD付)
アース・ウインド&ファイアー フィリップ・ベイリー・ウィズ・フィル・コリンズ モーリス・ホワイト エモーションズ

SMJ(SME)(M) 2009-02-18
売り上げランキング : 4624

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


モーリスの“アイ・ニード・ユー”まで入っているのが嬉しい。

category:  ├ Earth, Wind & Fire

thread: 音楽のある生活  -  janre: 音楽

tag: 洋楽  ソウル  ファンク  R&B  E,W&F  フィリップ・ベイリー  モーリス・ホワイト  1977年 
TB: --    CM: --    

♪♪ The Communards - Never Can Say Goodbye (1987年)  

コミュナーズ - さよならは言わないで -



フィリップ・ベイリー(E,W&F)を彷彿とさせるジミーのファルセットボイスが心地いい。
麻布十番「マハラジャ」でガッツシかかってました。

♪Never Can Say Goodbye といえばジャクソン5(Jackson5)。
ノリはグロリア・ゲイナー(Gloria Gaynor)のカバー感が強い。
-- 続きを読む --

category: 【 洋楽 T・The 】

thread: 音楽のある生活  -  janre: 音楽

tag: 洋楽  ディスコ/クラブ  コミュナーズ  E,W&F  ジャクソン5  グロリア・ゲイナー  マドンナ  マハラジャ  1987年 
TB: --    CM: --    

PROFILE

Comments+Trackback

月別アーカイブ(過去ログ)

カテゴリ

タグクラウドとサーチ

ご訪問ありがとうございます

Welcome to Flag Counter!

フリーエリア

【免責事項】

Memorial,Steven Paul Jobs

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

Twitter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。