Blue Velvet ☆ 音彩ブログ

As time goes by.~日々の残像~ここは日常のヒトコマを切り取る場所。日々の想いや感じたままの言葉の置き場所。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --    

♪♪ Fleetwood Mac - Tango in the Night (1987年)  

Tango in the NightTango in the Night
フリートウッド・マック

Warner Bros / Wea 1994-09-22
売り上げランキング : 34067

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



フリートウッド・マック全盛期メンバーでの最後のオリジナルアルバム。全米7位を獲得。

アルバム的には『Rumors』よりも、L・バッキンガムのセンスの良さが光るこっちが好きかもしれない。

ジャケットの美しさから言っても既に息を呑む名盤であることに間違いござんせん。

こないだレコードラックから出てきたLP盤。すっかり見入ってしまった。

LP-Tango in the Night

-Side One-
1. Big Love
2. Seven Wonders
3. Everywhere
4. Caroline
5. Tango In The Night
6. Mystified

久しぶりに針を落としてみた。うーーーん、やっぱりねえ、なんつったってスティービー・ニックス。
全曲ステ曲が無い中で、Side Oneから「1曲を選べ」といったら、
躊躇せず即答で『Seven Wonders』(全米19位)をチョイスしますね。
スティービーの官能的なハスキーボイスがたまらんのです。
たぶん、たぶんですけど非難を恐れずに言うなら、
「これで・・・ソロで行ける!」って確信したんではないでしょうか。




-Side Two-
7. Little Lies
8. Family Man
9. Welcome To The Room...Sara
10. Isn't It Midnight
11. When I See You Again
12. "You And I, Part II"

Side Twoからは、このアルバムから最大のヒットとなった、
クリスティン・マクヴィーの『Little Lies』(全米4位)。
「どうせ嘘をつくなら、もっとじょうずに甘い嘘をついてよね」なんてことを、
こんなに可愛く言われちゃったら、
「ごめん」って頭をナデナデしたくなるわなあ・・・ね?そこの御仁も。





人気ブログランキングへにほんブログ村 音楽ブログ 好きな曲へblogram投票ボタン


スポンサーサイト

category:  ├ Fleetwood Mac

thread: 音楽のある生活  -  janre: 音楽

tag: 洋楽  HR/HM  フリートウッド・マック  スティービー・ニックス  クリスティン・マクヴィー  1987年 
TB: 0    CM: 3   

♪♪ Stevie Nicks - Edge of seventeen (1981年)  

Bella DonnaBella Donna
Stevie Nicks

Atlantic / Wea 2010-03-16
売り上げランキング : 3823

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

【track list】
1.Bella Donna
2.Kind Of Woman
3.Stop Draggin' My Heart Around
4.Think About It
5.After The Glitter Fades
6.Edge Of Seventeen
7.How Still My Love
8.Leather And Lace
9.Ouside The Rain
10.The Highwayman


1981年7月リリースされたスティービー・ニックス初のソロ・アルバム。当時彼女は33歳。
フリートウッド・マックのバンド活動と並行して行ったソロ活動のデビュー作にして、
いきなり全米№1となった。

ジャケットで魅せられ、中身でノックアウト!
全曲捨て曲ナシ。イチャモンつけるヤツがいたら出て来い!っていうアルバム。
ソロアルバムを出すってんで待ちきれなかった思い出が蘇ります。




category:  ├ Fleetwood Mac

thread: 音楽のある生活  -  janre: 音楽

tag: 洋楽  1981年  HR/HM  フリートウッド・マック  スティービー・ニックス 
TB: --    CM: --    

♪♪ Fleetwood Mac - Rumors (邦題:噂) 1977年 

2008年結成40周年を迎えたフリートウッド・マック。

ロック小僧だった自分があまりのメロディーの良さと、スティーヴィー・ニックスの魅力にメロメロになっていました。
当時のメンバー間の状況は2組の離婚などから最悪。男女間の恋愛を歌うグループとしては致命傷です。
でもポリスなんかもそうだったように、危機的な状況から時を超える名盤が生まれることもあります。

噂
(2008/12/17)
フリートウッド・マック

Amazonで商品詳細を見る

1. Second Hand News
2. Dreams
3. Never Going Back Again
4. Don't Stop
5. Go Your Own Way
6. Songbird
7. The Chain
8. You Make Loving Fun
9. I Don't Want To Know
10. Oh Daddy
11. Gold Dust Woman


1977年リリース。驚異の32週全米NO.1 !売り上げ1000万枚以上!
アメリカン・ロック/ポップ・シーンにおける金字塔的アルバムの決定版。
ステ曲が無い中で、スティービー・ニックスの「Dreams」、L・バッキンガムの「Go Your Own Way」
クリスティン・マクヴィーの「You Make Loving Fun」は絶対外せない。



Dreams


Go Your Own Way


You Make Loving Fun




人気ブログランキングへにほんブログ村 音楽ブログ 好きな曲へblogram投票ボタン

category:  ├ Fleetwood Mac

thread: 音楽のある生活  -  janre: 音楽

tag: 洋楽  HR/HM  フリートウッド・マック    スティーヴィー・ニックス  ポリス  1977年 
TB: --    CM: --    

PROFILE

Comments+Trackback

月別アーカイブ(過去ログ)

カテゴリ

タグクラウドとサーチ

ご訪問ありがとうございます

Welcome to Flag Counter!

フリーエリア

【免責事項】

Memorial,Steven Paul Jobs

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

Twitter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。