Blue Velvet ☆ 音彩ブログ

As time goes by.~日々の残像~ここは日常のヒトコマを切り取る場所。日々の想いや感じたままの言葉の置き場所。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --    

「敗者」 

俳優松山ケンイチの手による「敗者」を読了する。

これは2012年NHK大河ドラマ「平清盛」出演の1年にそって書き綴られたエッセイ。
低視聴率だったから「敗者」なのではない。
それをたったの1年で演じたが十二分に演じきれなかっただろう松ケンからの、逆説的なメッセージなんだろうと受け取った。

-あとがきより引用-

「父になってみて、成功か失敗かということよりも、本気か本気でないかの方が大事だと確信できたことは、自分にとっても大きな変化だった。」

敗者
敗者松山 ケンイチ

新潮社 2013-02-28
売り上げランキング : 199994


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


それにしても彼の文章は非常に清らかであり欺瞞がない。
この男が演技者として、まだまだ高みに登っていかんことを一ファンとして祈らずにはおれない。
自分にとっても「清盛」のドラマは、なんだか他人事ではないドラマだった。
一度50歳で死の淵をさまよった清盛が、再生して、そのあとでようやく手に入れた「武士の世の頂点」が、もはや武士の望んでいるものではなかったということ、それは清盛自身がもはや以前の武士ではなかったからで、全国では打倒平家ののろしが見え隠れし始めている、朝廷からも平家を疎んずる声が出ている、そんな皮肉。
そして、滅びてゆくだろう平家の行く先を知りながらも自らは死ななければならないというジレンマ。

「まだ武士の世は出来ていない。わしがおらねば武士の世など出来ぬ」
熱病で63歳で死んだのに生霊になって現れ、そう言う清盛に、西行はこんなふうに語るのだ。
「皆そうだ。清盛に思いを託した者たちもみなそのように思いながら死んでいったのではないか」と。
そして、その言葉を聞いて、清盛は、もう敗けてもいいのだ、と、悟る。

そうやって、ひとつの命が滅しても志は水脈の下でも引き継がれてゆく。
自分が死ぬ時が来て、そんなふうに感じたりできるのだろうか?
まったく先は不透明だけど、そんな景色に出会えればなんて素敵なんだろうと思った。
とにもかくにも、生きてゆくということは、なんと難しく、そして楽しいのだろう。


遊びをせんとや生れけむ 戯れせんとや生れけん
  
   遊ぶ子供の声きけば 我が身さえこそ動がるれ



・・・と続く。


これは、清盛が好んだわけでもないが、テーマソングのように使われていた。


NHKのチーフ演出 柴田岳志氏は、以下のようにHPで述べている。

この歌をわれわれは、「生きていればいろいろ大変なことはあるけど、子どもが遊ぶように夢中になって生きようよ」という意味にとらえ、ドラマの節々に登場させています。
最初は清盛の母・舞子(吹石一恵)が子守唄として歌います。
次は、白河法皇(伊東四朗)の愛妃である祇園女御(松田聖子)が、舞いながら歌います。
その後は、白河法皇のひ孫である雅仁親王(松田翔太)がまた別のバージョンで歌います。
これは1年をかけて、つないでいきます。
さまざまな人物が、いろいろな状況下で、それぞれ違う聞こえ方をしながら、でも、「どうせ生きるなら夢中になって楽しみながら生きようよ」というメッセージを伝えていきたいと考えています。
この今様は、今回のドラマを企画する上の大きな原動力であったし、作品のキャッチフレーズであり、テーマです。


・・・ なるほど。

またまた原田芳雄さんのことを思い出した。

その場(映画の現場)で楽しく遊ぶこと、それが一番だ。
現場でいかに楽しく遊んで遊ばせてもらうか、それが一番大事なんだよ。
そこから全てが始まるんだから。
映画はな、仕事ではなく遊びなんだ。
そんなふうにいつも芳雄さんは言っていたそうだ。

人生イコール映画が一生かけての遊びって言い切れた、それってすごいことだ。
自分に置き換えてみると、「人生そのものが博打ですからね」とは言ったことはあるけど、
今、この瞬間に死ぬことになったとしても、まだまだ残念ながら「いやあ、うまいこと遊ばせてもらいましたよ」とは言えそうもないな。


スポンサーサイト

category:  ├ Books

thread: 読書メモ  -  janre: 本・雑誌

tag: 松山ケンイチ 
TB: --    CM: --    

「欲しい本、探します」の甘い誘惑 

2013-05-24 神保町
(2013-05-24)

古本の聖地神保町に立つと寄り道してあれこれ物色したくなるんだよね。

店に入ると古紙の放つ湿った匂いっていうのかな、

あの独特な鼻に抜けていくすすけた匂いが好きだったりする。



古本屋で探している本に出会えたらラッキーだ。
兎にも角にも古本全体の絶対数が多いし、希少なものであることも珍しくない。
一軒の古本屋で扱う本の量を考えたら、探している本に出会う確率なんて、ほとんどゼロに近い。


今はネットで本を簡単に探すことができるから、そういう苦労も少なくなった。
それでも、見つからない本というものがある。
古本の世界というのは、本当に奥が深いなあと思う。

2013-05-24 神保町 -2

デストロイヤーに卍固め!! 42年前の「ゴング」にくぎ付けになる。

あのころ猪木はヒーロー、馬場は神だったなあ・・・猪木不死鳥のカムバックと書かれていた。



小さな古本屋でも「欲しい本、探します」なんて貼り紙を見ると、ついつい期待を抱いてしまう。
小さくても、実は、すごい力を持っていて、ものの数分で探している本を見つけてしまうのではないだろうか。
とか、たかが古本屋だと思っていたけれど、これはもしかしてもしかするぞ。みたいなね。

そういう期待感MAXでワクワクしながら、レジで欲しい本の題名を告げると、大抵はイヤな顔をされる。
この日もそう。
「そういう本は買う人が少ないから、あまり流通してないんだよねえ」
ほーら来た聞き慣れた常套句が。
こっちはあまり流通していないから、アチコチ苦労して探しているんだってば。

今までずいぶん多くの店で探求書を申し込んできたけれど、連絡が届いたことは、これまでに一度もない。
そもそも探してくれているのかどうかも不明だし、意識の片隅にでも置いてくれているのかどうか・・・
こちらでは確かめる術はない。
たとえそうであっても一縷の望みを託して氏名、連絡先を書いて店主にお願いする自分(苦笑)

現実的に考えると、一冊の本をピンポイントで探し出すというのは、かなり無茶なんだろうなあ。
まして、それが古本という世界であれば、なおさらのこと。
子供みたいに甘い夢など、おちおち見ないことだよ、この世界は(笑)


2013-05-24 天使と悪魔

上・中・下そろっていたので捕獲。315円なり。
映画がおもしろかったので読んでみようかなと思ってたのですよ。
昨日「下」に突入。

category:  ├ Books

thread: この本買いました  -  janre: 本・雑誌

TB: 0    CM: 0   

「青春漂流」 立花隆(著) 

青春漂流

懐かしい本が出てきた。
社会人駆け出しのころ出会い多大な影響を受けた一冊。
初版から30年近く経つが、プロローグを読み返しただけでも心打つ。

「人生における最大の悔恨は、自分が生きたいように自分の人生を生きなかったときに生じる。
一見いかに成功し、いかに幸せそうに見えても、それがその人の望んだ人生でなければ、
その人は悔恨からのがれることができない。反対に、いかに一見みじめな人生に終わろうと、
それが自分の思い通りの選択の結果として招来されたものであれば、
満足はできないが、あきらめはつくものである。」


青春とは何歳までか。「青春」などという言葉を使うのはこっ恥ずかしい年代ではあるが、
20代後半から30歳ごろまでに自分の進むべき道を見定め、
一心に努力を重ねた11人のエピソードを読んでみて、
不肖私もまだ青春期にいると言っていいのだと思ったと同時に、
ひょいっと背中を押されたような気分になる。
これほど惹き込まれたノンフィクションはあまり記憶にない。
彷徨っていた高校生のころに読んでいればもっと変化に富んだ人生を歩んでいたかもしれない。
著者は立花隆。立花らしからぬ(笑)とても読みやすい文体で書かれていている。

その11人のラインナップ。

稲本裕(オーク・ヴィレッジ塗師)
古川四郎(手づくりナイフ職人)
村崎太郎(猿まわし調教師)
森安常義(精肉職人)
宮崎学(動物カメラマン)
長沢義明(フレーム・ビルダー)
松原英俊(鷹匠)
田崎真也(ソムリエ)
斎須政雄(コック)
冨田潤(染織家)
吉野金次(レコーディング・ミキサー)

主人公たちの人生は波乱万丈だ。駆け落ち、ギャンブル、借金、酒、なんでもある。
それでもある時、腹をくくる瞬間がある。
皆、ストレートな人生を送っているわけではない。苦悩の中に自分の道を見出し、
それまで悶々としていたエネルギーをその道にぶつける。
悩むときに人一倍悩む。そして道が見つかったときには人一倍努力する。

恥をかけ!
涙を流せ!
その先に得るものがある!


そうした青春時代に苦悩した人のナマの声が聞けてとてもおもしろい。
読後すがすがしい気分になること間違いなし。


青春漂流 (講談社文庫)青春漂流 (講談社文庫)
(1988/06/07)
立花 隆

商品詳細を見る

category:  ├ Books

thread: 読書メモ  -  janre: 本・雑誌

tag:   立花隆 
TB: 0    CM: 0   

Artistic night in 六本木 

2013-03-28 毛利庭園夜桜
毛利庭園 撮影日:2013/03/28


2013-03-28 六本木ミッドタウン夜桜
ミッドタウン 撮影日:2013/03/28


昨日ホリエモンを久しぶりに見た。
ニコ生で記者会見とはいかにも彼らしい。

30キロ減!へぇ~

全く別人に見えました。

と、同時に中島らも(著)「牢屋でやせるダイエット」を思い出したのでした。


中島らも(著)「牢屋でやせるダイエット」-1
中島らも(著)「牢屋でやせるダイエット」

大麻取締法違反で逮捕、拘置された22日間の留置所生活を綴った獄中エッセイ。
護送される車の中、麻薬取締官を「この手錠、これ、抜けますね」と言って脅かしてみたり、
「獄中記」というには、あまりに破天荒で笑えるんだなこれが。

らもは、基本、好きだ。読んだ本は数えきれない。
ついていけない時もある。
あまりにもブッ飛びすぎている時だ。

もう一つ、ちょっと辛すぎる時もある。
あまりにも研ぎすまされている時だ。

でも、好き。気になる。亡くなった今でも、気になる。
彼の書いたものを読むと、いつも、そんな気持ちになる。

この本も、しかり。
牢屋に入ることで、らもは「生きるということは、自分に残されている時間という
監獄に入れられているようなものだ」
という持論にたどり着く。
自分に与えられた時間を粛々と消化していく「生」は、時間というものに縛られることが大前提。
そこからの解放は、死を意味する。

あり余る時間とシンプルな生活の中で、そんなことを黙々と考える日々。
牢屋の中でも、らもは、絶望なんかしていなかったことが
この本を読むときちんと伝わってくる。それでこそ、中島らもだ。

「教養とは、一人で時間を潰すことのできる能力である」
本書でのらもの言葉。

もしこの世界が彼の言うように「監獄」なのだとしたら、
私たちが生きるために最も必要な能力とは、
やはり教養なのだろうと思う。
お金なんて何とでもなる。
取調官や看守たちとの愉快なエピソードの数々も、
おそらく彼なりにシビアな現実に「教養」という武器をもって立ち向かった証拠なのだろう。
そういう世界との戦い方こそが本当のクリエイティビティだと思う。

中島らもは弱い人間かもしれないが、
弱い人間なりに必死に世界と対峙したのだとつくづく思う。
それこそ本当の人間の強さだ。
人に従うだけで戦ってすらいない人間には何も言う資格はない。

笑ってしまうネタのオンパレードだが、僕にとって今では泣ける話の連続。
亡くなってしまったけど、
今でもミナミのどこかで酒を飲んでいると信じている。


牢屋でやせるダイエット牢屋でやせるダイエット
中島 らも

青春出版社 2003-07
売り上げランキング : 820784

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


牢屋でやせるダイエット (青春文庫)牢屋でやせるダイエット (青春文庫)
中島 らも

青春出版社 2005-06-09
売り上げランキング : 150563

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




category:  ├ Books

thread: 読書メモ  -  janre: 本・雑誌

tag: 六本木    エッセイ  中島らも  ホリエモン 
TB: --    CM: --    

イチロー×矢沢永吉 英雄の哲学  

イチロー×矢沢永吉 英雄の哲学

再読。
少しモヤモヤが晴れた。

この二人の共通項は、何もない空間を破り、切り取り、最高のものを求め続けているということ。
人生。筋が通っていて、常に刺激を求め、強い信念を持ち、遊び心を忘れていない。
超一流は超一流を知る。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

イチロー×矢沢永吉 英雄の哲学 -1

人は、現役で在り続けなければならない (p15)
人は、子どものころの気持ちを忘れてはならない (p37)
人は、最高のレベルを求めなくてはならない (p59)
人は、未知の扉を開けなくてはならない (p79)
人は、自己と向き合わなくてはならない (p105)
人は、変化し続けなくてはならない (p131)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


イチロー×矢沢永吉 英雄の哲学イチロー×矢沢永吉 英雄の哲学
矢沢 永吉 「イチロー×矢沢永吉 英雄の哲学」製作委員会

ぴあ 2006-06-30
売り上げランキング : 37199

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



category:  ├ Books

thread: 最近読んだ本  -  janre: 本・雑誌

tag:   矢沢永吉  イチロー 
TB: --    CM: --    

『1年後の3.11 被災地13のオフレコ話 』 ゆうみ・えこ(著) 

生きることは罪深いと誰かが言う。
されど我ら全てが罪人なら、この地球は、救いきれない罪を乗っけて廻ってることになる。
しかし、それはあながちハズレてもいない。

あの日から1年6ヶ月

3.11

被災地在住(宮城県)の漫画家が描いたコミック・エッセイを読む。



『1年後の3.11 被災地13のオフレコ話』
1年後の3.11―被災地13のオフレコ話

ゆうみ・えこ(著)による本作は、これまで新聞やテレビが扱うことのできなかった生々しい震災のありさまを描いた作品である。

1年後の3.11―被災地13のオフレコ話-1

たとえば著者は、被災地のソープ街が盛況なことに眉を潜める人々に対して、

  ガレキの撤去に来ている人たちは過酷なのです
  重機を使ってガレキを持ち上げると…


と、ガレキとともにショベルカーに挟み上げられた遺体を描いてみせる。そのような仕事に疲れ果てた現場で働く従事者たちが“H”な行為に走るのは“生きている”ことの確認、人間らしいじゃないの、とつぶやく。

死骸の指を切って指輪を盗むヒト、渋滞からはみ出して歩行者を轢きながら走ったクルマ、無神経な報道カメラマン、電器大型量販店から物品を盗みだす震災泥棒等々、これでもかと著者のペンは厳しい。
しかし、本書は、いたずらにスキャンダラスな事実を暴くものではない。
歩道の人群れを撥ね飛ばして逃げる車を目撃した女性は語る。

  本当に恐ろしいのは
  自分もやってしまうかもしれないことよ
  ──もし子供を乗せて逃げていたとしたら…
  もしかしたら私も…


まさに帯に書いてあるとおり人はその時鬼畜にもなるということだ。

著者の心は常に被災地の人々に寄り添う。その語り口はナイーブで、不器用ながら前向きだ。うち続く悲惨な出来事の中で、静かに、愛情を持って誠実に光を求め続ける。
この作品をこの1年6ヶ月の報道にあふれた「いい話」「悲惨な話」の一種と読み飛ばすことも不可能ではないだろうが、そうして素通りできないのは、そこにリアルな遺体が描かれているから。それをそのように描く覚悟を決めた時点で、著者のカメラアングルは大きく広がったのだ。

コミック・エッセイは、動脈硬化を起こし、形骸化した報道を砕く針となり得るか。なってほしい。
いや、なるだろう。ならなければならない。

あいなきじだいにうまれてきたわけじゃない。なんびとも。

1年後の3.11―被災地13のオフレコ話 (SAKURA・MOOK 44)1年後の3.11―被災地13のオフレコ話 (SAKURA・MOOK 44)
ゆうみ えこ

笠倉出版社 2012-03-02
売り上げランキング : 25882

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

category:  ├ Books

thread: 最近読んだ本  -  janre: 本・雑誌

tag:   コミック  エッセイ  ゆうみ・えこ 
TB: 0    CM: 2   

「絆回廊 新宿鮫Ⅹ」 大沢在昌 (著) 

絆回廊 新宿鮫Ⅹ絆回廊 新宿鮫Ⅹ
大沢在昌

光文社 2011-06-03
売り上げランキング : 18739

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

シリーズ10作目。傑作か?うーーん微妙。
でも、読み出したら止まらない、読んだ人にしかわからない大沢ワールド。
第2作「毒猿」ではまってしまったひとりです。
それにしても、鮫島初登場からもう二十年以上経つのか・・・・・・・。
新宿署にもう二十年以上いるってことですね鮫島は(笑)
晶とも、桃井課長とも別れこれから鮫島はどうするのか。
果たして11作目は出るのか?次の展開が気になる。


人気ブログランキングへにほんブログ村 音楽ブログ 好きな曲へblogram投票ボタン



category:  ├ Books

thread: 読んだ本。  -  janre: 本・雑誌

tag:   大沢在昌 
TB: 0    CM: 0   

自分の中に毒を持て―あなたは“常識人間”を捨てられるか  

20120408 目黒川
(2012-04-08 目黒川にて)

ついに・・・ホタテマンが・・・

(合掌)
-- 続きを読む --

category:  ├ Books

thread: 読書メモ  -  janre: 本・雑誌

tag:   岡本太郎  タモリ  佳つ乃  目黒川    1993年 
TB: 0    CM: 2   

9割がバイトでも最高の感動が生まれる ディズニーのホスピタリティ  

そういえば、直近でディズニーランドに行ったのはいつだったろう・・・・

と、振り返ってみたものの10年は行ってないと思うので、あまり偉そうなことは言えませんが、
とにかくキャストさんのホスピタリティには、行く度に「感動」と共にいろんな「気づき」を頂いてました。
それは今も変わってないらしいので、ずっと老若男女、世代を超えてみんなから愛されるんでしょうね。

ディズニーランド

ということで、
なぜディズニーのキャストはみんなホスピタリティにあふれてるんだろう、
っていう疑問にお答えするこの本を紹介します。

「9割がバイトでも最高の感動が生まれる ディズニーのホスピタリティ」

2012-04-01読了。
-- 続きを読む --

category:  ├ Books

thread: 読書メモ  -  janre: 本・雑誌

tag:   福島文二郎  ディズニー 
TB: 0    CM: 4   

PROFILE

Comments+Trackback

月別アーカイブ(過去ログ)

カテゴリ

タグクラウドとサーチ

ご訪問ありがとうございます

Welcome to Flag Counter!

フリーエリア

【免責事項】

Memorial,Steven Paul Jobs

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

Twitter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。