Blue Velvet ☆ 音彩ブログ

As time goes by.~日々の残像~ここは日常のヒトコマを切り取る場所。日々の想いや感じたままの言葉の置き場所。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --    

「燃 費」 

黙ってりゃいいヤツ。
見て見ぬフリができないヤツ。
ひと言多いヤツ。

どうも俺のことらしい。

仕事でマジ切れされた。
それも悪くないと思った。
なんてことはない。

どうでもいいヤツは、
どうでもいい対応を取るのだから。

日々時間はものすごい速度で過ぎていく。
時間の燃費がワルイ人とイイ人。

見えないけど確実にある。
スポンサーサイト

category: 【 随筆的なサムシング 】

thread: 詩・ことば  -  janre: 小説・文学

TB: --    CM: --    

「交 歓」 

なんどでも

手のひらで

這わせてゆく


やがて

漏れ出した細い糸は

熱い肉と絡まり

深く堕ちてゆく


category: 【 随筆的なサムシング 】

thread: 詩・ことば  -  janre: 小説・文学

TB: --    CM: --    

「距離感」 

ちょうどイイくらいの距離感がいいと
他人(ヒト)は言う。
これほど難解なものはない。

僕は何もできずに
頬に触れることしかできないだろう。

友達でいるということは
その壁を越えないようにするということ。
超えてしまえば正常も正義もヘッタクレもない。

だから厄介なんだ。


category: 【 随筆的なサムシング 】

thread: 詩・ことば  -  janre: 小説・文学

TB: --    CM: --    

♪♪ Europe - Open your heart (1984年)  




言葉よりも

深く 強く


わかりあえる瞬間がある


伝えあう喜びと

通じあえる感動を


あなたとともに



明日への翼明日への翼
ヨーロッパ

Sony Music Direct 2004-09-23
売り上げランキング : 111365

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



Out of This WorldOut of This World
Europe

Epic Europe 2007-06-12
売り上げランキング : 168495

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


category:  ├ Europe

thread: 音楽のある生活  -  janre: 音楽

tag: 洋楽  HR/HM  1984年  ヨーロッパ 
TB: --    CM: --    

「CHANGE」 

押し付けがましいことが大っキライ

誰かを従わせたくもないし

誰かに従いたくもない


"特別になる"のではなく

"大切なもの"でありたい


うれしくて

ありがたくて

ほんのちょっと素敵だったらいい


だから固執しないで

ゆっくり変化していけばいい

category: 【 随筆的なサムシング 】

thread: 詩・ことば  -  janre: 小説・文学

TB: --    CM: --    

「艶 歌~えんか~」 

こぼれ堕ちる泪が頬を流れ

カラダすべてを濡らすことなく

雫は胸にとどく前に乾き

海にも川にもならないで


アタシはいつも狂い咲き

category: 【 随筆的なサムシング 】

thread: 詩・ことば  -  janre: 小説・文学

TB: --    CM: --    

「希 望」 

ああこの感覚だ

過去に味わったこの感覚だ

もう二度と無いと思ったこの感覚だ

雲がまとわり流れて

吸って吐いて

それは幸福とかではなくて

人の持ちえる生きていることの大切なもの


category: 【 随筆的なサムシング 】

thread: 詩・ことば  -  janre: 小説・文学

TB: --    CM: --    

♪♪ 桑田佳祐 - 月 

満ちるときも

消えそうなときも

確かに存在していて


見て欲しいのか

欲しくないのか


見られることの喜びを知っていても

結局見てもらえぬと裏で泣く月は



あなたですか



桑田佳祐の「月 」
神曲です。





人気ブログランキングへにほんブログ村 音楽ブログ 好きな曲へblogram投票ボタン



category:  └ サザンオールスターズ

thread: 詩・ことば  -  janre: 小説・文学

tag: 邦楽  サザンオールスターズ  桑田佳祐 
TB: --    CM: --    

国家の品格 (新潮新書) [新書]   藤原正彦(著) 

階段の書籍たち

階段に備え付けの書棚に、書店の紙カバーが付いたままの本があった。
おそらく買ってそのままにしたものであろう。


国家の品格 (新潮新書)国家の品格 (新潮新書)
藤原 正彦

新潮社 2005-11
売り上げランキング : 3362

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



この2~3日の移動時間で一気に読みきった。
かなり右寄りだが、内容は真っ当なもので、
「論理を突き詰めると論理では説明出来ないことに行き着く」といったもの。
そこから、論理が全てとして成り立っている現代の合理主義や、
グローバリズムに警鐘を鳴らしている。

ま、筆者の言うことにも一理ある。
如何に偏った価値観だけで今の世界が構築されようとしているか、
それを確認するだけでもこの本を読む価値はあるだろう。
だからといって日本人が万能の神の如く、全てを解決できるとも思わないが、
少なくとも自分達が考えるきっかけになると思う。

ただ、随所に垣間見られる「日本民族は優れている」的な表現が納得いかない。
日本は世界でも異質な文化を持った民族であることには同意するが、
それを際だたせようと、いささか誇張しすぎているような気がする。
さらに、所々で引用される武士道を強引に利用している気がしないでもない。
武士道で問題をすべて解決出来るわけでもないのに。


人気ブログランキングへにほんブログ村 音楽ブログ 好きな曲へblogram投票ボタン




category:  ├ Books

thread: 読書メモ  -  janre: 本・雑誌

tag:   藤原正彦 
TB: --    CM: --    

「矛 盾」 

好きで始めたことなのに
いつの間にか全然関係のないことで嫌いになって
それでも好きで居続けなきゃいけないなんて
そんな義務感に駆られてまでやるべきことなのかなんて
自分でも怖いくらいに冷静に考えてる

category: 【 随筆的なサムシング 】

thread: 詩・ことば  -  janre: 小説・文学

TB: --    CM: --    

「夫婦の絆」 

恋とか

愛とかの

少し先にあるものじゃねーの?



category: 【 随筆的なサムシング 】

thread: 詩・ことば  -  janre: 小説・文学

TB: --    CM: --    

PROFILE

Comments+Trackback

月別アーカイブ(過去ログ)

カテゴリ

タグクラウドとサーチ

ご訪問ありがとうございます

Welcome to Flag Counter!

フリーエリア

【免責事項】

Memorial,Steven Paul Jobs

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

Twitter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。