FC2ブログ

Blue Velvet ☆ 音彩ブログ

As time goes by.~日々の残像~ここは日常のヒトコマを切り取る場所。日々の想いや感じたままの言葉の置き場所。

矢沢永吉【BLUE SKY】40TH ANNIVERSARY LIVE [DVD] 

矢沢永吉 40th ANNIVERSARY LIVE 【BLUE SKY】 DVD -1

最初から最後までちゃんと見れたのは今日が初めて。

2.1のサラウンドでも十分堪能できた。

MCの言葉にいちいち頷いちゃったりしてね。

でも、Amazonのレビューにあったように、客席の映像が多いのがちょっと残念。


矢沢永吉【BLUE SKY】40TH ANNIVERSARY LIVE  [DVD] -2

[関連記事]
2012 最高の夏をありがとう




category:  ├ 矢沢永吉

thread: 音楽のある生活  -  janre: 音楽

tag: 邦楽  矢沢永吉  2012年   
TB: 0    CM: 0   

Albert Hammond - For the peace of all mankind (1973年) 

落ち葉-2  
近所の公園にて - 2012/11/13 -


深呼吸すると冬の匂いがした。

もうすぐ本格的な冬がやってくる。 

それでもって、

この曲を連想してしまうわけです。

『落ち葉のコンチェルト』

Albert Hammond - For the peace of all mankind (1973年) -



アルバート・ハモンドはリアルタイムでは知らないが、この曲、母が聴いていたのでよく覚えている。
逃げられた男の自虐的で女々しい内容の歌詞。でも、いかにも日本人ウケしそうなメロディーラインと、
メランコリックで透明感のある繊細な声に助けられているね。

「落ち葉のコンチェルト」なんて邦題、誰が付けたんだい?
当時の製作者のセンスに脱帽です。




category: 【 洋楽 A・B 】

thread: 音楽のある生活  -  janre: 音楽

tag: 洋楽  1973年  アルバート・ハモンド 
TB: 0    CM: 2   

バカラな夜にスコーピオンズ 

バカラな夜 恵比寿
クリスタルな恵比寿様    - 2012/11/13 -

冷たい空気の中を歩いてると、ついつい見落としちゃうもの多い。
肩をすぼめて歩くと、こわばっちゃって周りがあんまり見えなくなる。
だから、背筋をピンっと伸ばして、コートに手を突っ込まないで堂々と。

この時期はいつも夢中で何か作業している。
そして周りが見えなくなってる自分を社員が支えてくれている。
期待とか信用とか、そのもっと先にあるもの。
みんな意地を持っていてそれを言葉に出さず心に持っている。
行動でしか表現することはできないから、どうにかこうにかもがいて動く。
きっと今年も一年を締めくくるとき、最高のパフォーマンスと結果で
みんなに支えられながら助けられていることだろう。

もう少し辛抱強く頑張ろう。

「サンプリング曲集」備忘録 更新

-- 続きを読む --

category: 【 洋楽 S 】

thread: 音楽のある生活  -  janre: 音楽

tag: 洋楽  HR/HM  1990年  スコーピオンズ  マイケル・シェンカー・グループ  ドイツ  森光子   
TB: 0    CM: 2   

ある日の路上詩人 

ある日の路上詩人
        
忘れてはならない忘れられない物語はたくさんある
それらは何度も形を変えては蘇ってくる
詳細なんか飛ばしちゃっても

過去は追認と反省
未来は予想

移ろいゆく時間の中で
唯一無二
正しいのは現在の自分だけ

This is my road

途が刻まれてゆく





category: 【 随筆的なサムシング 】

thread: 日々のつぶやき  -  janre: 日記

TB: --    CM: --    

あるべきサービス業の姿をイメージする 

サービス業について考える時、大勢の人がホスピタリティを意識する。
おもてなしはとても大事なことだけど、それだけじゃ一方的すぎる。
お客様のため、満足のためにおもてなしをする?どうして、こうもしっくりこないのか。

たぶん、おもてなしはマナーの範囲なのだと思う。
おもてなしに見返りを求めたり、気に入ってもらおうっていうのはサービスではない。
定食のご飯のようなあって当たり前のオプションだと思う。
君のためだから、あなたのためだからと言われると、「味噌汁と一緒にご飯も付いてます」的に押しつけがましい。
おもてなしの押し売りは、時に小さな親切大きなお世話、ただのお節介だ。
「ご飯大盛り無料です」「お代わり自由です」というのは、すべての人に必要とされてるものじゃない。

情熱を持って取り組んでくれることはありがたいことだけど、
「こうしてあげたのに」という思考では、上手くいかなかった場合、次は相手にお願いし始める。
「お願いですから買ってください」「お願いだから契約してください」ってね。これって情熱なのかな。
胡散臭いだけで、ボクは買うことも契約もしない。カネを払う行為に付きまとう責任は自分に帰順するから。
そういう概念を持つことは、高い意識で仕事をして対価を得ていれば自然に身に着いていくものだと思う。
不思議なことに、自分が必要なものには何を言われなくてもすすんでカネを支払い、満足すれば感謝もする。

マジックショーは見る側には摩訶不思議なものだけど、その実、大胆で単純なものが多い。
見る側は無意識のうちにマジックを成功させてほしいという願望を持っている。
マジシャン側は、堂々と心配させないショーを、サービス精神旺盛な言葉とパフォーマンスで展開する。
だからタネもシカケもあると知っているのに、お金を払ってでも見たいものなんだと思う。

人は自然に新しい需要を提起し、また、提供する技術を探し出す。
革新的なサービスを、より高いホスピタリティを意識して提供していこう。


category: 【 随筆的なサムシング 】

thread: ビジネスに必要な心理学  -  janre: ビジネス

tag: ビジネス 
TB: --    CM: --    

Roxette - Listen To Your Heart (1988年) 

丸の内 2012-11-10
街キラキラ 心ウキウキ   恋が始まる予感・・・    - 2012/11/10 -


「サンプリング曲集」備忘録 更新


iTunesでラジオ(aa-radio.com Adult Contemporary Pop Hits)を聴きながら作業していたら、
昔、聴いたような曲が流れていた。曲名が知りたくて開いてみたら、タッチの差で他の曲に変わってしまった。
それは、ハート(Heart)の「Alone」にも似たメロディーラインで、痛々しい歌詞が印象的。
気になりだしたら止まらない。作業中断して、ところどころのワンフレーズを頼りに検索すること数十分。

な、な、なんと!スウェーデンの男女デュオ、ロクセット(Roxette)だった。
曲名は「Listen to Your Heart」と判明。ほんっと!懐かしいっ!


Roxette - Listen to Your Heart

美メロポップ路線で80年代全米ヒットチャートを賑わした。
日本でのヒット曲といえば、全米1位の「The Look」、映画『プリティー・ウーマン』に使用された
「I Must have been loved」、そして「Joyride」が挙げられる。


Look SharpLook Sharp
Roxette

Capitol 2000-01-01
売り上げランキング : 115364

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


category: 【 洋楽 O・P・Q・R 】

thread: 音楽のある生活  -  janre: 音楽

tag: 洋楽  1988年  ロクセット  Roxette  丸の内  イルミネーション   
TB: 0    CM: 2   

サンプリング曲集(備忘録)  

希に往年の名曲をサンプリングという技術で構築された楽曲がヒットチャートを賑わしたりする。
その多くは圧倒的にHIPHOP、R&B、ダンスミュージックに見受けられるのだけど、
コード進行やベースラインだけ頂いちゃったり、歌詞のワンフレーズだったり、サビ部分を丸ごと打ち込んだり、
その斬新さから話題性も先行して元ネタもヒットするという不思議な現象が起きたりするから目が離せない。

サンプリングの歴史を探っていくと、上に書いたように多種多様であり探し出すにも大変な作業になる。
でも、元ネタを知ることで、よりいっそう洋楽を聴くのが楽しくなること間違いなし。
そういうわけで、今まで琴線に触れた楽曲を思いつくままに備忘録として書き記していきたいと思う。
よってこの記事は、随時更新とさせていただこう。(年代順不同)
-- 続きを読む --

category: 【 随筆的なサムシング 】

thread: 音楽のある生活  -  janre: 音楽

tag: 洋楽  ディスコ/クラブ  HIPHOP  R&B  ダンスミュージック  サンプリング 
TB: 0    CM: 0   

Canon Rockな日  

OMOTESANDO HILLS Christmas 2012
OMOTESANDO HILLS Christmas 2012 - Walt Disney 110th Anniversary -

今日、久しぶりの休日・・・・(何日ぶりだ?)

街は毎年恒例のXmasイルミネーションもスタートしている。
ここ表参道ヒルズもディズニーイベント満開。
忙殺されている中、一瞬でも癒しの時間を過ごさせてもらった。
このとき思い出したのが、この曲。

Jewel - Foolish Games (1995年)

Foolish Games by Jewel on Grooveshark

Xmasソングでもないのに、なぜなんだろうと思うが、ほんとうに何気なく。
(別に泣きたかったわけじゃありません念のため)

Pieces of You
Pieces of You


これからだよね、あちこちでツリーやらイルミネーションやらで盛り上がっていくのは。
ヤマタツの「クリスマス・イブ」はまだかな?これは1週間前ぐらいが丁度イイ。
Xmas当日はバロック音楽で厳かに。って誰かが言っていたけど、近からず遠からずかも。

あ、そういえば、山下達郎『OPUS~ALL TIME BEST』初回限定盤が届いてたんだった。
ブログ用に写真撮っておいて放置プレイ。

山下達郎OPUS~ALL TIME BEST 1975-2012~ 初回限定

前作のベストが1995年リリースですから17年分が追加されての本当の意味でのコンプリート盤。
山下本人が厳選した49曲に初回盤はボーナストラック6曲を追加した55曲。
デビューしてから現在までの彼の足跡を知る上で最強のアイテム。

あ? なんでしたっけ? 













バロック音楽だった。

で、ボクの場合、どうしてもROCKしちゃうんだよね。
久しぶりにカノンロック(Canon Rock)を無性に聴きたくなりネット・サーフィンしている。

カノンロックは、台湾の作曲家JerryC(ジェリーシー)が「パッヘルベルのカノン」の名で広く親しまれている楽曲をメタルアレンジした作品。

本人による演奏がこれ。



この動画を発見したときの衝撃度MAX!!スゴイのが世界中にいるもんだとカルチャーショック。
ちなみに「Canon Rock」でググルと今日現在で関連動画件数が約37万件ヒットする。
最近はバイオリンやピアノ演奏まであり、ギター以外の作品も見かけるようになった。
作曲家パッヘルベル(1653-1706)は、ある意味、究極の一発屋かもしれない。

日本人も何人かいる中でぎんじねこ(Ginjineko)さんのカバーは圧巻。
プロアマ問わず、世界中のギタリストがその腕を競い合う中、最も気に入っている作品だ。
超早弾き、スウィープ奏法、スピード感、安定感、どれもこれもがこれぞメタル!!スゴイ!!
こういうの見ちゃうと触発されます。またギター弾きてーーって。



さらに検索を追っていくとツインギター演奏まで登場した。
日本人って何気にスゴイな。感動もんです。



▼▼番外

これも超有名なバッハ作品「G線上のアリア」のROCKバージョン。すんげーよ。

category: 【 随筆的なサムシング 】

thread: 音楽のある生活  -  janre: 音楽

tag: 洋楽  Jewel  1995年  表参道ヒルズ  山下達郎  JerryC 
TB: 0    CM: 2   

君自身のIndividualなのだから 

息子、長男の誕生日プレゼントにあのマガジン・ラックを届けに横浜まで行ってきた。
京急線沿いの古いマンションに住んでいる。築20年以上は経っているとか。
来客用の駐車場がないので近所のコインPへ車を止めて歩くこと5分。

部屋へ入るのは2度目だ。
入居当時と比べ生活感がいたるところに感じられる。
自炊もしているようで一人暮らしも板についてきたようだ。

壁に2ショットのプリクラが4~5枚ほど貼ってあった。後輩でゼミが一緒だと言っていた。
誕生日当日は予定があると言ったのは、これか!そうだったのか(笑)
仰々しく紹介しろとは言わない。今度そのカワイイ彼女さんと3人で食事でもしよう。

息子ギター

ギター弾きながらパソコンと向き合う息子。

「DIO」のナンチャラをカヴァー。
微妙に違うけどと言って照れ笑いする。
録音したのを聴いて驚いた。
けっこうイケてる。親バカだ(笑)

十何年ぶりに弾いてみるが、ダメだね。指が全然ダメ。
動かないにもほどがある。
「幼稚園のころ、弾いていたの覚えているよ」と息子。
そうだったねえ。アノ頃が懐かしいねえ。
そうです、ボクも普通にギター小僧でした。

帰ってから納戸の片隅に置いてあるFender blackを開いてみた。
5弦が切れていた。あああ・・・


Fender black

「息子へ」

就職か進学で悩んでいるみたいだが?
海外でやってみるのも一つの選択肢。
何も日本に拘るコトはない。

未来は現在の延長線上にある。
でも単純な延長じゃない。

流されて手に入れた未来なんて
きっと思い描いていたそれとは違う。

君の可能性は無限大だ。
君の将来は君自身が選択すべきもの。

君が自ら望むように生きて
大いなる人生を歩んでくれることを
僕は君の父として願っている。

category:  ├ 家族

thread: 日々のつぶやき  -  janre: 日記

tag: 家族 
TB: --    CM: --    

松茸ごはん 

松茸

義母からの御すそ分けだそうで。

長野産らしい。

え?こ、こくさんじゃないか!

松茸ごはん

さっそく「松茸ごはん」で舌鼓。

今まで松茸には執着心がないというか、そんなにそそられるシロモノじゃなかったけど、
品のある上物の香りは自然に小鼻が広がるね。ふはぁ~って。
歯応えもちゃんとあって美味いっ!松茸LOVEでした。お義母さんありがとー。

明晩、あっ、今日か・・・・・・

寒くなってきたので、松茸で「すき焼き」もいいねえ。

category:  ├ 美味ログ

thread: 美味しいもの  -  janre: グルメ

tag: グルメ  松茸 
TB: 0    CM: 6   

PROFILE

Comments+Trackback

月別アーカイブ(過去ログ)

カテゴリ

タグクラウドとサーチ

ご訪問ありがとうございます

Welcome to Flag Counter!

フリーエリア

【免責事項】

Memorial,Steven Paul Jobs

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

Twitter