Blue Velvet ☆ 音彩ブログ

As time goes by.~日々の残像~ここは日常のヒトコマを切り取る場所。日々の想いや感じたままの言葉の置き場所。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --    

隅田川燃ゆ 

2014-07-26 隅田川花火2014-1

隅田川燃ゆ

7/26は隅田川の花火でした

人ごみを避け、荒川方面から位置取り

2014-07-26 隅田川花火2014
スカイツリーと粋なDUO

スポンサーサイト

category: 【 随筆的なサムシング 】

thread: 日々のつぶやき  -  janre: 日記

TB: 0    CM: 0   

長男の背中が少し大きく見えた日 

2014-07-24.jpg
(2014-07-24)

明日、カナダへ発つ。君の将来は君自身が選択すべきもの。
流されて手に入れた未来なんてきっと思い描いていたそれとは違う。
2年で何を学んだかじゃない。何をしたかだ。
君が自ら望むように生きて大いなる人生を歩んでくれることを僕は君の父として心から願っている。

「ありがとう」のひとことが沁みた夜

うんうんって、いろんなことを受容しながら、笑って、結局自分の心の奥底に眠っているものを封印して、
そうやって、もしかしたら自分の中にある自分の「死」を、ちょっとずつ先取りしていって、
その貯金箱が満杯になった時、嘘にまみれた自分がこの世からアバヨするとしたら、ちょっと悲しいかもしれない。
でもその時は、自分のホントなんてもうなにもなくってカラッポなのかもしれないので、
心なんてもうどこにもなくなって、軽い気持ちでいられるのかもしれない。

どっちなんだろうな?

そんな風に心の振幅は上がったり下がったりで、そうやって何十年も生きてきたのではあるけれど。

ちょっとしたことが、救いにもなり、
ちょっとしたことで、無残にも心に轍を残してゆく。

今日ですべてが終わるさ 
今日ですべてが変わる 
今日ですべてが報われる 
今日ですべてが始まるさ


昭和の偉大なるおっさん、泉谷しげるはそう今も歌い続けている。すべてが今日のようで、
過ぎてきた過去も今日だったわけで、多分今日の明日ぐらいには、まだぶら下がっているだろうから、
果てしない「今日」を続けることしかないんだよね、と、
そんなセリフを吐きながら今日を始める。

category:  ├ 家族

thread: 日々のつぶやき  -  janre: 日記

tag: 矢沢永吉  泉谷しげる 
TB: 0    CM: 0   

氷室京介ライブ引退 え? 

2014-07-16 氷室京介
(2014-07-16)

・・・・そっか・・・受け入れるしかないよなあ・・・
「ANGEL」から25年、ヤメるとなると気になる氷室京介。リアル世代だから。
当時は永ちゃんが神で、BOOWYなんてミーハーなの聴かねーなんて、カッコ付けてたけど、ほとんど歌える(笑)
70、80になってもケツ振って歌ってそうな永ちゃんは別格として、
氷室が引退しちゃったら日本のロック界大丈夫か?なんてことを本気で心配してしまう今日この頃なのです。


WOWOW8月号
氷室が表紙を飾ってます。


氷室京介-1

見開き2ページ

氷室京介-2


氷室京介ヘビロテBest10(iTunes内再生回数順)

1位:「魂を抱いてくれ」
2位:「JEALOUSYを眠らせて」
3位:「SQUALL」
4位:「STAY」
5位:「炎の化石」
6位:「WALTZ 」
7位:「 MISSING PIECE」
8位:「堕天使」
9位:「STRANGER」
10位:「DRIVE」

653回って!そんなに聴いたかな「魂を抱いてくれ」
ハードボイルド的で琴線に触れる名バラードには間違いけど、意外。




category:  └ 氷室京介

thread: 音楽のある生活  -  janre: 音楽

tag: 氷室京介 
TB: 0    CM: 0   

PHOTO徒然 ③ 

2014-07-11 新宿東口 レインボー
2014-07-11
新宿レインボー



2014-07-12.jpg
2014-07-12
新旧コラボin六本木



2014-07-17.jpg
2014-07-17
関東の梅雨明けも近い。雨が上がり、ふと、落とした視線の先に空が見えた。


category: 【 随筆的なサムシング 】

thread: 日々のつぶやき  -  janre: 日記

TB: 0    CM: 2   

世間の注目を集めている犯罪行為に便乗する、この安っちい悪ノリはやめとけ。 

なぜ増える「違法」と認識しない薬物の乱用 -- アゴラ編集部
アゴラ 7月17日(木)15時9分配信

北海道で飲酒による危険走行で女性らがひき殺されたりしているんだが、いわゆる「脱法(違法)ハーブ」などを使用しての暴走事故も絶えません。違法薬物による「殺人」が、毎日のように報じられています。これはもう報道も片棒を担いでいるんじゃないかと思います。何かと言えば「脱法ハーブ」とか「合法ドラッグ」という呼び方。「脱法」とか「合法」と言えば、使う側は「違法」と知らず、気軽に使ってしまうでしょう。


じゃなくって、「ハーブ」というネーミングがダメでしょうよ。
「なんか知らないけどハーブだし?体にいいんじゃね?」のノリですよ。
ったく、イタリアンじゃあるめーし。



世の中、努力しても報われないかもしれんけど、努力しないで報われる可能性は塵ほど低い。

てなこと言っても、自分の脚で歩けない、歩こうとも考えない、聞く耳がもう失くなった君たちには何も聞こえんだろうね。

ああ、、、年寄りは説教臭くっていけねえや。聞き流してくれ。


学生時代、ゼミの偉い先生に言われた。

「お前はゴミにもなれない塵。

わかるか、塵は目に見えないってことなんだよ。

せめて努力して目に見えるゴミくらいにはなりなさいよ。」

ってね。

あれから、もう何十年も経つけど、

果たして、おれが塵からゴミになって、そして現在どこまで来たかは謎だが。


「苦しみに遭って自暴自棄に陥るとき、人間は必ず内面的に堕落する。……同時に、その苦しみに堪えて、これを打ち越えたとき、その苦しみは必ずその人を大成せしめる」

森信三(著)『修身教授録―現代に甦る人間学の要諦』より引用


category: 【 随筆的なサムシング 】

thread: 日々のつぶやき  -  janre: 日記

TB: 0    CM: 0   

「土曜ワイド劇場」牟田刑事官ファイル 5分スペシャル番外編   





「その日、こうのとりは飛ばなかった - 城崎温泉と神戸、新宿をつなぐ点と線。消えた切手の行方は?-」


72d17469.jpg
【牟田刑事官事件ファイル】



その日、あなたが城崎温泉に日帰り出張に行ったと主張している、2013年9月2日、兵庫県は大雨で、「こうのとり」も、「はまかぜ」も、日中は、ほとんど運休でした。あなたは、特急で城崎温泉に向かい、仕事をしたとおっしゃっていますが、それは無理だったんです。あなたは、本当のことを、言っていない。私は、そう、思っています。


 「・・・・・・・・。」野々村竜太郎-1



牟田刑事官

そして、この事件の最大の謎であった、あなたが神戸と大阪で買った、切手の行方も分かりました。これです。


野々村竜太郎県議

そんな普通の往手紙に貼られた切手、どこにでもあるじゃないか。私の指紋でも残っていたというのか。その切手に。


牟田刑事官

いいえ。あなたの指紋は、どこにも、ありませんでした。切手にも、手紙にも。あったのは、あなたの支援者の一人の指紋です。



 「・・・・・・・・。」野々村竜太郎-2




牟田刑事官

手紙の裏には、あなたを応援する言葉が、添えられていました。その支援者の方に聞きました。あなたから支援者名簿を渡され、この手紙を、速達で、割り当ての人宛に送って欲しいと、お願いされたと。この切手はその速達代金だと。しかし、この手紙は、決して急ぐ必要がなかった。急がなくても良いが、遅れてはいけないので、念のため、切手をお渡しします、そう、おっしゃったと。



「・・・・・・・・。」野々村竜太郎-3




牟田刑事官

お話を聞いた支援者の方は、それでも、あなたの言葉の意味を汲み、速達で、新宿にいる、あなたの古い知り合いまで、手紙を送ったそうです。これが、そうです。ほかの支援者の方は、誰も、速達で手紙を送っていませんでした。誰ひとりも。彼らが手にした切手が、どこにいったか。それは、知りません。誰も・・・

「・・・・・・・・。」野々村竜太郎-6



牟田刑事官

この切手の件で、あなたを、罪に問うことはできません。不正請求でも。それ以外でも。しかし、あなたの、政治家としての資質を問い、そして、あなたの作った裏金の行方を、追うことはできると、私は、考えています。あなたを信じて、手紙を送った、たった一人の、正直な支援者の方の言葉から、辿ることができると、私は、信じています。





わたしは~うぐぐぅ~あ~~あぁああ~
野々村竜太郎-5



もちろん、これは、フィクションですよ、フィクション。
画像はWEBより拝借しました。


category: 【 随筆的なサムシング 】

thread: 日々のつぶやき  -  janre: 日記

TB: 0    CM: 2   

オヤジの聖地 

やっぱりここでしょう。

アタクシ的には、今でも

『しょんべん横丁』のほうがしっくりくる。



2014-07-09 思い出横丁-2

昔、新宿で「ひとり飲み」といったら、ここへの訪問率が高かった。
何十年ぶりかで訪れてみて、
20代の女子やガイジン観光客の多さにちょっと驚く。

2014-07-09 思い出横丁-1

ずっと残っててほしいなあ、なんてーことを思いながら、ちょいと串焼きで一献。


2014-07-09
悲喜交々、諸行無常を肌で感じるディープな夜。

2014-07-09 思い出横丁

category: 【 随筆的なサムシング 】

thread: 日々のつぶやき  -  janre: 日記

TB: 0    CM: 0   

久しぶりにストーンズを 

日本人って、お国のため、愛する人のため、親のためとか何かとそう言うのが好きだよね。
昨夜一緒に飲んだアイツもコイツも、ドイツも(あああ!もう少しでブラジル☓ドイツだ!)
久しぶりの再会だったな、あん畜生どもめ。
3~4年ぶりに会ったっていうのに、昨日も会ったかのような気分にさせてくれる。阿吽の呼吸とはこのことだろう。

オレだって、お前のために頑張るとか、社員のために一生懸命とか、子供たちのためにとか、そりゃ言いたいけどね。
それが悪いというわけではないんだが、
何かのためっていうのは、強そうで実は弱いんじゃないんじゃないのかって時々思うんだよね。
その「なにか」という支えが失くなった時は、非常に弱々しくなっている危険性を孕んでるんじゃないかって。
特に本人が無自覚にそれを信じている場合とかも多いので気をつけんといかんな。
諭してもわかってもらえんばかりか、あいつは冷たい人間だとかよく言われてきましたからね。

自分のためにってホントは言いたいんですけどね、なかなか言えませんよ、これが。

松田優作さんが死んだ時には40歳で人生終わるんだと思い、キヨシロさんは58歳であっちに逝かれた時にはもうそこまでだよなあと思い、原田芳雄さんのときはオレの人生は73年と勝手に決めたりしてみましたよ。
ほんと弱すぎる人間だよな。何かとか誰かにすがりっぱなしじゃないか(アハハ)

まあ、そんなわけで戯言をあーだこーだと。

ミック・ジャガー御大は70歳で腰振りながら「サティスファクション」を歌い、
自分の見えない未来に向かって、鍛え続け、頭脳を張り巡らし、ストーンズというビジネス・モデルに関して考え、
そして「ロックンロール」なんてものにも真っ赤なベロを出しながら、
今日もどこかで「It's onle rock'n roll,but I like it.」ってシャウトしてんだろうな。

いや、いや、いや、オレなんざまだまだひよっこ。くたばっちまうには早いぞ!




category: 【 随筆的なサムシング 】

thread: 日々のつぶやき  -  janre: 日記

TB: 0    CM: 0   

PHOTO徒然 ② 

2014-07-05 歌舞伎町一番街

ネオン看板が設置されていた。

昭和の象徴がまたひとつ

信号が変わり人並みはまた動き出す
誰もが諸行無常を感じながら
再び雑踏の中へ


この街角に立っていた自分の背中を今でも見ている。
10代でこの街を朝まで彷徨っていたあの頃の自分を。
エロビデオの看板持ったスカート履いたおっちゃんの手は爪まで黒かった。

2014-07-05 線香花火-1

二人で花火なんて何年振りだろうね、と、かみさん

持つ手が震えてる


2014-07-05 線香花火-2

曼珠沙華?

残りは夏の終わりに


category: 【 随筆的なサムシング 】

thread: 日々のつぶやき  -  janre: 日記

TB: 0    CM: 0   

PROFILE

Comments+Trackback

月別アーカイブ(過去ログ)

カテゴリ

タグクラウドとサーチ

ご訪問ありがとうございます

Welcome to Flag Counter!

フリーエリア

【免責事項】

Memorial,Steven Paul Jobs

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

Twitter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。