Blue Velvet ☆ 音彩ブログ

As time goes by.~日々の残像~ここは日常のヒトコマを切り取る場所。日々の想いや感じたままの言葉の置き場所。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --    

Motown 50 anniversary celebration !! 

モータウン


モータウンが今の私を育ててくれた。          
          - アメリカ第44代大統領バラク・オバマ -


今年はモータウン50周年。ベリー・ゴーディ・Jr.が俗称モーター・シティ、すなわちデトロイトにモータウンを創設してから50年も経つのだから、昔のモータウン・サウンドは今なお新鮮に耳に響くと言っても、そこにある種の懐かしさが感じられるのは当然だ。ただ単に古き良き時代を想起させるから懐かしいのではなく、あの頃あの時代に、ここまで緻密に作り込まれた大衆音楽が実存したということに驚かされる。だから余計に、モータウン・サウンドをオン・タイムで知らない世代がそれらを耳にしても、追体験での懐かしさを感じることができるのでは、と思う。
スモーキー・ロビンソン、マーヴェレッツ、スティーヴィー・ワンダー、マーヴィン・ゲイ、マーサ&ヴァンデラス、テンプテーションズ、フォー・トップス、シュープリームス、グラディス・ナイト&ピップス、ジャクソン5・・・etc...この場ではとても枚挙しきれないほど、モータウン・サウンドを彩ったキラ星の如きアーティストの歌声とサウンドは、色褪せるどころか、年月を経て更に輝きを増すようだ。
公民権運動が盛んだった激動の時代に奇蹟のような音楽が生まれ、そしてそれは奇蹟のように残った。“Yesterday, Today, and Forever”祝モータウン50周年!!


Four Tops ― Reach Out I'll Be There― (1966年)



昨年10月、迫力あるヴォーカルを聴かせくれたリーヴァイがデトロイトの自宅で死去した。
72歳だった。
フォー・トップスはテンプテーションズと並んでモータウンを代表するR&Bヴォーカル・グループ。
グループ名のとおり4人組みであったが、ローレンス・ペイトンが1997年、
オービー・ベンソンが2005年に亡くなっているので、今回リーヴァイが亡くなり、
アブドゥール・デューク・ファキール唯ひとりになってしまった。
リーヴァイはリード・ヴォーカルとして、大変目立ち人気もあったが、
グループから脱退してもソロに転じることは一切なかった。
凄いのは、テンプテーションズは次々とメンバーチェンジを繰り返してきたが、
フォー・トップスは40年以上も誰一人として脱退しなかったことだ。

そこには・・・

変わらない大切なものがある

「フォー・トップス結成50周年記念トリビュート・コンサート」2004年


フォー・トップスの国は“change”変革をメッセージに狂人ブッシュからオバナに変わった。
40年前のキング牧師の“I Have a Dream.”の夢が叶った。
良くないことより良くしたいから「change」。
でも、大切なことへは「変わらないものがある」としていたい「change」であってほしいものだ。



人気ブログランキングへにほんブログ村 音楽ブログ 好きな曲へblogram投票ボタン


関連記事

category: 【 洋楽 E・F 】

thread: 音楽のある生活  -  janre: 音楽

tag: 洋楽  ソウル  R&B  モータウン  フォー・トップス  オバマ  1966年 
TB: --    CM: --    

PROFILE

Comments+Trackback

月別アーカイブ(過去ログ)

カテゴリ

タグクラウドとサーチ

ご訪問ありがとうございます

Welcome to Flag Counter!

フリーエリア

【免責事項】

Memorial,Steven Paul Jobs

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

Twitter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。