Blue Velvet ☆ 音彩ブログ

As time goes by.~日々の残像~ここは日常のヒトコマを切り取る場所。日々の想いや感じたままの言葉の置き場所。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --    

山下達郎 - 蒼氓 (1988年)  



バック・コーラスは、夫人の竹内まりや、
そして桑田佳祐、原由子夫妻という豪華な顔ぶれ。


十数年前・・・



アメリカから帰ってくる飛行機の中で聴いた。
ただただ泣けてきた。
わけもなく頬をぬらした。

悔いを残さないように視線のそのまた先は見えているようで案外見えてないものだから。
未来へ走り始めたとき、同じパフォーマンスを発揮できる保障は何処にも無く。
自分の意思とは無関係に時が流れていくのも否めない事実で。
運命を好転させるのが人生だとしたら、
ちっぽけな夢も誇りに思うのがきっと正しいことだと思った。

「蒼氓」とは、生い茂った草の如く蒼きさすらう民を意味することを知った。

「さあ、どちらを選びますか?」と聞かれたとき、

覚悟を決めて選択しなければならないんだと。



僕の中の少年僕の中の少年
(1999/06/02)
山下達郎

商品詳細を見る


大ヒット「ゲット・バック・イン・ラブ」、傑作「僕の中の少年」をはじめ、
心にしみる名曲揃いの一枚。


人気ブログランキングへにほんブログ村 音楽ブログ 好きな曲へblogram投票ボタン


関連記事

category:  └ 山下達郎

thread: 音楽のある生活  -  janre: 音楽

tag: 邦楽  山下達郎  竹内まりや  桑田佳祐  原由子  1988年 
TB: --    CM: --    

PROFILE

Comments+Trackback

月別アーカイブ(過去ログ)

カテゴリ

タグクラウドとサーチ

ご訪問ありがとうございます

Welcome to Flag Counter!

フリーエリア

【免責事項】

Memorial,Steven Paul Jobs

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

Twitter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。