Blue Velvet ☆ 音彩ブログ

As time goes by.~日々の残像~ここは日常のヒトコマを切り取る場所。日々の想いや感じたままの言葉の置き場所。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --    

【DVD】愛のコリーダ  1976年公開作品 

愛のコリーダ 完全ノーカット版 [DVD]愛のコリーダ 完全ノーカット版 [DVD]


ポニーキャニオン 2001-06-06
売り上げランキング : 44865

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

監督:大島渚
出演:藤竜也 松田暎子 殿山泰司

TRAILER



物語は、惚れた男と愛欲に溺れ、その果てに男を殺し男性器を切り取ったという、
昭和の猟奇事件「阿部定事件」を題材にして、日本初のハードコア撮影という事もあり、
当初からスキャンダル含みの映画だった。
たちまち『芸術か猥褻か』で論争になり、三一書房から出版された書籍『愛のコリーダ』は、
わいせつ図画販売・同幇助の疑いで告発されたりと、色々と物議を醸した。
書籍のほうは何年か前に古本屋で見たことがあるが、
巻頭に映画のスチールがカラーで掲載されているものの、
今の時代にどこが猥褻なのかと言われると??という印象。

出演者に目を向けると「時間ですよ」の藤竜也はそこには居ない。
野性味があって当時34歳とは思えぬこの渋さ。実にクールでカッコイイ。
お相手の松田英子さん・・・ググッてみたら引退してるんですね。
包丁逆手で「やい吉!」ってやってる様が愛らしい女なんて初めて見た。
いつも顔は知ってても名前が出てこない殿山泰司さん。流石、名わき役だ。グッジョ!

本来、男と女の間には、こんなにも激しくて汚くて恐ろしくて、生々しくて痛々しいものが流れているものだ。
口当たりの良い邦画「ラブストーリー」が、いかに嘘つきで偽善に満ちてるか、
この映画を見ると痛感させられる。

70年代にこんな映画作っちゃったんだから、大島監督って、やっぱりスッゲェー人だ。

関連記事

category:  ├ Movie

thread: 私が観た映画&DVD  -  janre: 映画

tag: 映画  DVD  大島渚  藤竜也  松田暎子  殿山泰司  1976年 
TB: --    CM: --    

PROFILE

Comments+Trackback

月別アーカイブ(過去ログ)

カテゴリ

タグクラウドとサーチ

ご訪問ありがとうございます

Welcome to Flag Counter!

フリーエリア

【免責事項】

Memorial,Steven Paul Jobs

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

Twitter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。