Blue Velvet ☆ 音彩ブログ

As time goes by.~日々の残像~ここは日常のヒトコマを切り取る場所。日々の想いや感じたままの言葉の置き場所。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --    

スイッチ 

そこに触れるとき

あなたの眠っていたモノが

目を覚ます


そこはいつも同じ場所とは限らない

言葉のときもあれば

仕草や息遣いのときもある


そこを探り当てたとき

頭の中で 

カチリと

音が聞える



それがスイッチ



その瞬間

世界が一変する


闇の中から這い出した

ケモノが僕を支配し

あなたを犯し

食いちぎり

引き裂けと命じるのだ


あなたも

そんな僕を見ては

瞳を潤ませて

身を委ね

カラダを差し出す


ズブズブと

深いドロリとした

得体の知れない闇に

クチビルに微笑みをたたえながら

自ら沈んでゆく



どこまでも深く

深く底なし沼に沈みながら

あなたの痺れた脳は

体中に麻薬を送り続ける



沈んだ先に見えるのは

誰にもわからない

ぼくにも


あなた自身にも

関連記事

category: 【 随筆的なサムシング 】

thread: 詩・想  -  janre: 小説・文学

TB: --    CM: --    

PROFILE

Comments+Trackback

月別アーカイブ(過去ログ)

カテゴリ

タグクラウドとサーチ

ご訪問ありがとうございます

Welcome to Flag Counter!

フリーエリア

【免責事項】

Memorial,Steven Paul Jobs

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

Twitter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。