Blue Velvet ☆ 音彩ブログ

As time goes by.~日々の残像~ここは日常のヒトコマを切り取る場所。日々の想いや感じたままの言葉の置き場所。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --    

【映画】THIS IS IT  in丸の内ピカデリー 

マイケル・ジャクソン THIS IS IT


昨日観てきました。
丸の内ピカデリーは音響がいいのと、
座席空間が比較的ラクなのでお気に入り。

あっという間の2時間。

ダンサーやスタッフ達のインタビュー。
躍動感溢れるカットや曲のイメージに合ったCG...
過去の映像を絡め、細部まで工夫を凝らし、
丁寧で飽きないよう、テンポよく一気に観る事ができた。

そして・・・
何よりもこの映画が素晴らしいのは、その死について一切触れてないこと。
最高のショーを創り上げるべく音楽とダンスと演出の采配を振るう、
偉大なリーダーの奮闘ぶりがそこにある。
オルテガ監督が本作を、故人を偲ぶという口実で、
お涙頂戴のドラマに仕上げるという誘惑に勝てたのは、
それが、エンターテイナー道に生きた男への最高の手向けと知るからだ。
せめて映画という形で、公演を全うしてあげたい。
限られた素材を慎重に縫いあわせ、マイケルの最後の夢を現実のものとした。
商業的なことを差っ引いても誠実な仕事だと思う。

Thank you, Ortega!!


エンドロールで流れた
“Human Nature”でウルウル。


If they say -
Why, why, tell 'em that is human nature
Why, why, does he do me that way.....

みんな僕を見て「どうして」って言うけれど、
それが人間なんじゃないのかな。
僕の行動を変だって思うかもしれないけれど、
人間って、きっとそんなものだよ。

Thank you, Michael!!




人気ブログランキングへにほんブログ村 音楽ブログ 好きな曲へblogram投票ボタン




関連記事

category:  └ Michael Jackson

thread: 映画レビュー  -  janre: 映画

tag: 映画  マイケル・ジャクソン 
TB: --    CM: --    

PROFILE

Comments+Trackback

月別アーカイブ(過去ログ)

カテゴリ

タグクラウドとサーチ

ご訪問ありがとうございます

Welcome to Flag Counter!

フリーエリア

【免責事項】

Memorial,Steven Paul Jobs

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

Twitter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。