Blue Velvet ☆ 音彩ブログ

As time goes by.~日々の残像~ここは日常のヒトコマを切り取る場所。日々の想いや感じたままの言葉の置き場所。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --    

【DVD】親密すぎるうちあけ話  2006年公開作品 

親密すぎるうちあけ話 [DVD]親密すぎるうちあけ話 [DVD]

ハピネット・ピクチャーズ 2006-11-24
売り上げランキング : 53222

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

原題: CONFIDENCES TROP INTIMES/INTIMATE STRANGERS

監督: パトリス・ルコント 脚本: ジェローム・トネール
出演: サンドリーヌ・ボネール(人妻アンナ) ファブリス・ルキーニ(税理士ウィリアム) 他


触れていないのに官能的な
愛を交わしていないのに濃密な
会話を交わすたびに鼓動が早くなるような

膨らむイマジネーション、いやいや妄想か。

(今日の1曲はお休みです)


以下、

ネタバレご注意願います。



【親密すぎるうちあけ話】サンドリーヌ・ボネール妻と別れ、淋しい生活を送る税理士ウィリアムのもとにある日、美しい女性アンナが訪ねてくる。同じフロアの精神分析医を訪ねるつもりが、ノックするドアを間違えてしまう。
そんなふとした過ちから出逢う二人。ウィリアムはアンナの口から語られる赤裸々な夫婦生活に惹きこまれていく。

最初は離婚に伴う税務相談と思い聞いていたウィリアム。
しかし、夫がDVであることや、SMチックなプレイを強要するなど、およそ税務相談とは言い難い話に言葉を失って、自分が税理士であることを言いそびれてしまう。

翌週も訪れたアンナに「実は医者じゃない」と明かすのですが、「セラピストが医者とは限りませんわ」なんて事を言って帰ってゆくアンナ。悪意はないけど罪な女とそれに振り回される可哀相な小男。

「ほれてまうやろぉ~~~っ! !」が決めキャラのチャンカワイ(Wエンジン)が浮かび、
なんともおかしかった(笑)

この二人を何かに例えるなら、雨に濡れた迷いネコを偶然見つけ、
一日だけなら面倒をみてやろうと思ったら、なんだか猫が居着いちゃって、
放すに放せなくなった・・・・そんな感じでしょうか。
気まぐれで愛らしく、それでいて弱々しくもあるネコ。勘違いから始まったのに、
僕のマンションはペット禁止なんだよ、飼えないんだよと言えなくて、そのまま居着いてほしくもなる男。
もしかして、それはすべてネコの計算だったのかもしれない。
変わらない毎日に変化を求めていた彼がおびき寄せた運命だったのかも。

【親密すぎるうちあけ話】ファブリス・ルキーニ手を触れる事も、好きの“す”の字も言えない(むしろ言わない)男が、彼女のDV夫に「彼女を愛している!」と宣言するのは、彼女を知り尽くしている、独占しているという自負があったからだろうね。

また、そういったことで悦に入れる人だが「秘密の扉を開けてしまえば閉じるのは難しい」などと本物の精神分析医から諭されたりする。そうして「知りすぎていた男」が「裏窓」を恐る恐る覗いた時嫉妬心から自らを晒し、意識のかさぶたが剥離していく。この辺は重苦しくて切なかった。

フラストレーションという外皮から一枚ずつ脱皮するかの如く逢瀬の度に艶めいていく
サンドリーヌ・ボネールが素晴らしい。
同監督、89年製作「仕立て屋の恋」以来20年ぶりに拝見しましたが、
イレーヌ・ジャコブやソフィー・マルソーといったフレンチ正統派美人の造形的な美しさではなく、
存在そのものの美しさと強さを光らせることができるその「佇まい」の美しい女優さんですね。

二人がより親密さを増す、ラストの俯瞰ショットも決まりすぎというほどカッコイイ。
終わらないお伽噺といったところ。
含蓄あるセリフが人生の奥深さ、楽しさ、悲しさを物語ってくれる。


【親密すぎるうちあけ話】ラストシーン

見始めはコミカルでサスペンス的な「究極の焦らしプレイ」だと思っていたらとんでもない。
しょうもない邦題を差っぴいても余りある、
渋めで珍しくエロシーンのない極上のフレンチでした。


人気ブログランキングへにほんブログ村 音楽ブログ 好きな曲へblogram投票ボタン





関連記事

category:  ├ Movie

thread: 私が観た映画&DVD  -  janre: 映画

tag: 映画  DVD  サンドリーヌ・ボネール  ファブリス・ルキーニ  パトリス・ルコント  イレーヌ・ジャコブ  ソフィー・マルソー 
TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gekkohka.blog104.fc2.com/tb.php/410-e29003e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PROFILE

Comments+Trackback

月別アーカイブ(過去ログ)

カテゴリ

タグクラウドとサーチ

ご訪問ありがとうございます

Welcome to Flag Counter!

フリーエリア

【免責事項】

Memorial,Steven Paul Jobs

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

Twitter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。