Blue Velvet ☆ 音彩ブログ

As time goes by.~日々の残像~ここは日常のヒトコマを切り取る場所。日々の想いや感じたままの言葉の置き場所。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --    

父から息子へ  

まずは、合格おめでとう。

大学へ進学するからには、今までそうであったように、
分かっていると思うが、学ぶことが君の義務になる。
多くの知識や脈々と続いている知恵を学んでもらいたい。
「知は力なり」とフランシス・ベーコンが言ったけど、その通りなんだ。
そして学ぶことは最高の贅沢であると言っておこう。


この時期は多いに学び多くの事を思索してもらいたい。
君のライバルは日本ではない。
世界は君が思っている以上に広く、学ぶことがたくさんある。
日本の教育システムで学ぶだけでは不十分なんだ。
世界中の多くの学生たちは日本以上に学んでいる。

僕は仕事で世界のいろいろな人と接する機会も多いが、
彼らの学ぶ姿勢、仕事に取り組む姿勢を見ていると圧倒される。
その中でも決してひけを取らず、出し惜しみせずに、
彼らをリードするような人になってもらいたい。

そのためには語学も必要だ。僕はカタコトの英語を話すが、
英語を知っておくと読む本、つきあう人のバリエーションも飛躍的に広がる。
どういうことをやるにしても英語(英会話)は僕以上にマスターしてほしい。
君は狭い世界で生きるのではない。
広い視野に立った人になってもらいたいと願っている。

考える素地、考え方、そういうものを僕は君に教えようと思う。
学歴や成績がいいだけではダメなんだ。
そんなものは人間生きていくうえで何の役ににも立たない。
もっと高い目標、高い次元で世界を見てもらいたい。
何事にも背景となる原理がある。勉強するというのは表面だけでなく、
この原理を見透うすように努めてほしい。
数字や物を捉える能力、自分で考えて解決を導きだす能力、
多くの先人たちの言葉、知恵、思想、多いに学んでほしい。

本をたくさん読むこと、自分で考えること、考えを形にすること。
そういうことを学び、そして仲間と共有する悦びを味わってほしい。

僕の父、つまり君のおじいさんはちょっと変わった人で、
僕が大学に入るときに、みっつのことだけを言ったんだ。
本は買って読め。酒は自分の金でできるだけ良い酒を飲め。
女性を口説くときは酒のチカラを借りるな。
そのときにはこの意味を良く分かっていなかったけど、今はなんとなく分かる。
なるほどね、と今になってようやく思える。僕も君にこのみっつを言おう。

この世界は広く、光り輝いていて、そして君の可能性は無限大だ。
この世界で君が自ら望むように生きて、大いなる人生を歩んでくれることを、
僕は君の父として願っている。

そのためには、君のお母さんも僕も協力は惜しまないつもりでいるよ。


♪♪ Scatman John - Scatman (1995年) ~スキャットマンから学んだこと~



人気ブログランキングへにほんブログ村 音楽ブログ 好きな曲へblogram投票ボタン



関連記事

category: 【 随筆的なサムシング 】

thread: 日々のつぶやき  -  janre: 日記

TB: --    CM: --    

PROFILE

Comments+Trackback

月別アーカイブ(過去ログ)

カテゴリ

タグクラウドとサーチ

ご訪問ありがとうございます

Welcome to Flag Counter!

フリーエリア

【免責事項】

Memorial,Steven Paul Jobs

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

Twitter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。