Blue Velvet ☆ 音彩ブログ

As time goes by.~日々の残像~ここは日常のヒトコマを切り取る場所。日々の想いや感じたままの言葉の置き場所。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --    

約束を破る自分を許すのをやめよう。  

【3/1 遅めのランチは豆カレー】
20120301ランチ-カレー

約束をしないのは責任から逃れる行為だ。
約約束をすれば責任と言う重いプレッシャーを背負うことになる。
あえて責任を背負い、そのプレッシャーをなぎ倒してこそ進化を遂げる。


でも約束を破った時に、いとも容易くすいませんと言う奴がいる。
謝って済むなら桜田門なんて必要ありませんって。
ニヤニヤしながら謝られて気分のいい人なんていません。

何故人の神経をそこまで逆撫でできるのか本人に聞いてみた。
理由にならない理由をこじつけながら、もっともらしい言い訳に終始する。
挙句に「ペナルティーを受けるので許して欲しい」と言う。

だけどね、罰は罪を帳消しにするためにあるんじゃない。

罪は決して消えないもの。罰はあくまで反省し更生する為の手段でしかない。
約束を破ったことを許して貰いたいなら、逃げずにもう一度約束をするしか道はない。
そして見事その新たな約束を守ってこそ前回のしでかした約束反故への本質的な反省となる。

また、本人が何故約束を破ってはいけないのかを意識しなければ意味が無い。
約束を破られた人の痛みが伝わる罰じゃなきゃ意味が無い。
自分に痛みがあるように、他人にも痛みがある事を自覚してもらわなきゃいけない。

約束を破られた相手がどれだけ困るか分かったら、二度と破らないと約束することだ。
そして約束を反故にしといて謝っただけで許してもらう習慣から抜け出す事だ。
必ずそれ以上の成果を添えて反省する事でしか他人は納得しない。

約束を破る自分を許すのをやめよう。
謝って許してもらうのをやめよう。


人気ブログランキングへにほんブログ村 音楽ブログ 好きな曲へblogram投票ボタン



関連記事

category: 【 随筆的なサムシング 】

thread: 日々のつぶやき  -  janre: 日記

tag: ランチ  カレー 
TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gekkohka.blog104.fc2.com/tb.php/439-cf4fd24e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PROFILE

Comments+Trackback

月別アーカイブ(過去ログ)

カテゴリ

タグクラウドとサーチ

ご訪問ありがとうございます

Welcome to Flag Counter!

フリーエリア

【免責事項】

Memorial,Steven Paul Jobs

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

Twitter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。