Blue Velvet ☆ 音彩ブログ

As time goes by.~日々の残像~ここは日常のヒトコマを切り取る場所。日々の想いや感じたままの言葉の置き場所。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --    

【Skid Row】- 18 And Life - 1989年 

Skid RowSkid Row
Skid Row

Atlantic / Wea 2000-01-01
売り上げランキング : 60877

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Skid Rowスキッド・ロウ)は1986年結成、1989年デビューしたアメリカのヘヴィメタバンド。

普段は、新人バンドに期待することなんて少ないのに、Bon Joviがバックで支えてデビューということで、
視聴もせず即買した記憶が昨日のことのように思い出されます。
Vo.のセバスチャン(愛称:バズ)が合流したあとバンドのスタイルを変化させる間もなくデビューし、
ストレートなストリート感覚を直接チャートの上位に持ち出すことができたのが、彼らの最大の功績でしょうね。
奇を衒うことなくストレートにミュージックシーンに叩きつけた、この1st2nd(Slave To The Grind)は、
80年代のHMブーム最後の収穫だったといっても過言じゃないと思います。

【Tracks】
1. Big Guns
2. Sweet Little Sister
3. Can't Stand The Heartache
4. Pieces Of Me
5. 18 And Life
6. Rattlesnake Shake
7. Youth Gone Wild
8. Here I Am
9. Makin' A Mess
10. I Remember You
11. Midnight/Tornado

1998年、バズとメンバー間の対立で解散。2000年にバズ抜きの新メンバーで再結成。
期間限定でもいいから「バズありのスキッド・ロウ」をもう一度聴きたい今日この頃です。


まあ、なんだその・・・うだうだ言ってないで一番のお気に入り♯5. 18 and Lifeをいっちゃいましょうか。
この曲はリッキーという主人公がカネも無く 家でも邪魔モノ扱いされ、
ひとりぼっちで街を歩き回った末、銃を手にしたために転落してしまう少年の悲劇を歌っているんですが、
18で人生を知っちゃ可哀そうっちゃ可哀そう。




10代ってのは、一生でいちばん危険で、暴力的で、無力で、育つ心体をコントロールできなくて、
劣等感のカタマリで、最先端のファッションや音楽にぶら下がって、残酷で、小心で、猜疑心が強くて、
親に頼らず友人に依存して、セックスに目覚めて、規則は無意味でバカバカしくて、悪にあこがれて、
この混沌が永遠に続くように思えちゃうんだな。

みんながみんな同じだとは言わないけど、心の中は同じドロドロしてるのに、
結果は人それぞれぜんぜん違う道を歩んでいる。

そのままアウトローで一生終えるやつ。
可もなく不可もなくもめごともおこさず平凡なやつ。
面倒なことに目をそらすやつ。
幾つになっても無気力で依存的で自分の無いやつ。
まじめくさって成績優秀で絵に描いたような好青年。

止まれ少年よ少女よ、よく考えてもらいたい。

君たちのちょっとだけ長い人生を歩いている先輩の戯言として聞いてもらえればそれでいい。
こうして書いている自分だって例外じゃないし、家裁のお世話になったりもした。
目を覆いたくなるような過去が沢山ありすぎる人間だ。
けっして諭したり導いてやろうなんてことはこれっぽっちも思っちゃいない。

つまり、結果はなるべくしてなった単なる結果に過ぎないってことだよ。
既存の価値を信じていい子であろうとするのか、破天荒になるか、無視するかの差なんだ。
でも、不思議とみんな大人になったら忘れて、親も教師も結果で一喜一憂し、
あたかも自分は昔っから「りっぱな人間」であったかのように振る舞う。
でも君たちは純粋だから見えるんだろうな。お前らが言うなよ。説得力ねーんだよ。やってられねーよって。

でもね、今も昔も大して変わっちゃいない。いつの世もそういう「理不尽」さはつきものなんだ。
だからって、それに文句言っても何も始まらないし、何にも生まれやしない。
学校や会社という既存の組織は、その社会の最も保守的で過去の価値観の象徴だってことを忘れちゃいけないよ。
その組織を辞めるという決断も確かにあるけど、どんな組織に行っても「理不尽」さは残るものなんだ。
ぜひ知っててほしいのは、「革新的な新しい価値観」はいつも「古い価値観」の中から生まれてるってことだ。

僕は、その古い価値観に縛られて一生終えるのが嫌で悔しくて飛び出しちゃったんだ。
そういう反面教師的な会社組織にいて、人生って、仕事ってどうあるべきか随分悩んだよ。
基本、人生楽しくなきゃ面白くもない。だったらやりたい仕事をやりたいようにやってやろうじゃないかって、
今いる組織は起業するための準備期間だと思って、吹っ切れたら15年間走り続けられたんだ。
40までに起業するっていう人生最大の分岐点に到達するベクトルがあったからどんなことでもやれたんだと思う。
どうにかこうにか今は小さな会社の代表を務めさせて頂いて、人を束ね、人から助けられながら会社を運営している。
運が良かったのかもしれない。
でも、どんな理不尽な組織の中でも、自分らしいパフォーマンスを発揮できる能力を磨くことが大事なことで、
これこそが、これからの若い世代に求められる大きな資質だろうと思うな。

学校の先生もサラリーマンなんだ。事なかれ主義でいることが当然さ、くらいにしておいたほうが間違いはない。
人生において最大のパフォーマンスを発揮しなきゃいけないのは30代からだ。
20代まではすべてが人生体験だと思ったほうがいい。なんでもプラスにできるし吸収も早い。
それまで時間は十分にあるし走り急ぐもことはない。焦ってみたって空回りするだけだから。

「きみたちは、何かを信じなければいけない。
自分の勇気、運命、人生、カルマ・・・何でもいい。
点と点がいつかつながるにちがいないと強く思えば、
自信を持っておのれの心のままに進んでいける。
たとえ、ほかの人たちの道から逸れていっても、歩み続けることができ、
やがて大きな違いを生みだせるだろう」


- スティーブ・ジョブズ、2005年スタンフォード大学の卒業式のスピーチより -


孤立しててもいいと思う。何も臆することも恥じることもない・・・

同級生あたりと大きな価値観の差を感じるくらいで、
人間ってちょうどいい具合にできてるんだから。



人気ブログランキングへにほんブログ村 音楽ブログ 好きな曲へblogram投票ボタン



関連記事

category: 【 洋楽 S 】

thread: 音楽のある生活  -  janre: 音楽

tag: 洋楽  1989年  HR/HM  スキッド・ロウ  ボン・ジョヴィ 
TB: 1    CM: 4   

コメント

Skidsきたー!

Basには大変お世話になりました(笑)。追っかけしてても、あんなにファンに愛想のいい人も珍しくてね。一度Bas & MariaのWedding Dollsを作ってあげたら大変喜んでくれまして、後でアメリカの雑誌を買ったらそこに写真が載ってて(彼の自宅で撮影で、本棚に飾ってあった)、天にも昇る思いがしましたよ。

1998年、私は渡米していたわけですが、何かの理由で彼のソロのサイトでコンタクトつけて、そこでサイン入りポスター買ってみたら、結構なメッセージ付きで家にやってきたので、嬉しくていまでもここ(PC部屋)に飾ってあります。

あ、話がずれましたSkidsでした。
彼らはデビュー前(1988年)にすでに話題になっていましたよね。「ギタリストはRichie加入以前にBon Joviのギタリストだった」とかそういう前評判があって。このアルバム、買ったはいいけど、ちょうど実習中で、それが終わるまで我慢していた記憶があります。危険なぐらいのめり込みそうだったので。昭和天皇崩御のすぐ後でしたね。

で、予想通りのめり込みました。私はSlave to the Grindもそうだけど、実はSubhuman Raceもわりと好きだったりしました(変?)。

語りだしたら止まらなくなりますが、ファーストに限るなら、私はやはりYouth Gone WildとI Remember Youが特に好きですね。アルバムまるごと好きではありますが…。18 and Lifeはこっちで人気がありすぎて、ちょっと食傷気味になっちゃったのがいけなかったみたい…。

こちらのVH1 Classicで去年の4月にBasが出演しましたが、すっごい楽しかった!「俺がメタルじゃないことまで手を出すのは(ミュージカルだとか、TV番組とか)、それで金稼いで、メタルにつぎ込むからさぁ!」と開き直り。気持ち良かった。Skidsに戻るか否かの話は「オファーはあったけど(私話があったのは実はTed Poleyを通じてきいていた)、古い曲しかやらないっていうから…俺は新しい曲を作りたいんだ。」とさ。The Snakeもその前後に出てたような。別にBasと喧嘩してるわけじゃないってことは強調してたな。そのまたずーっと前にはRob Affusoもカメオ出演(?)してたっけ。で、結局どうなってるんだ?って感じ。

LimeGreen #- | URL | 2012/03/14 19:33 | edit

Re;LimeGreenさん

おはよう!あ、そっちはこんばんはですね。
しっかしまあ・・・LimeGreenさんって、守備範囲広い広い(笑)
Skidsまで広げちゃったら、アイアン・メイデンもいける口なのかな?
え?変じゃないですって!
オリジナルアルバム3部作どれも完成度高いよね。
Subhuman Raceはメタルとして良質なアルバムだし、
もちろんSlave to the Grindも。

とにかくデビュー前から高い評価を受けてましたね。
ニュージャージーから若いすっごいやつらがやってきた、
みたいな話しで当時盛り上がってました。

Bergamot #GTh2ANWE | URL | 2012/03/15 07:56 | edit

のわ~~スキッド・ロウ。
これ、1st、2ndまでCD買って持ってたのに、どうしちゃったのかなぁ?
売ったのかなぁ?
なんか手元で見ないです(;´д`)トホホ
89年デビューだったんですか?
それ、知りませんでした。
もっと後かと思ってました。

mongy #- | URL | 2012/03/19 21:24 | edit

Re:mongyさん

あるある!!そういうの・・・
貸しっぱなし?売っちゃった?みたいな。
思い入れあるバンドやミュージシャンだと
よけい悲しくなります。


Bergamot #GTh2ANWE | URL | 2012/03/20 03:44 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gekkohka.blog104.fc2.com/tb.php/450-be3a9498
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめteみた【Blue Velvet ☆ 音彩ブログ】

Skid RowSkid Row Atlantic / Wea 2000-01-01売り上げランキング : 60877Amazonで詳しく見る by G-ToolsSkid Row(スキッド・ロウ)は1986年結成、1989年デビューしたアメリカのヘヴィメタバンド。普段は、新人バンドに期待することなんて少ないのに、Bon Joviがバックで...

まとめwoネタ速suru | 2012/03/18 10:14

PROFILE

Comments+Trackback

月別アーカイブ(過去ログ)

カテゴリ

タグクラウドとサーチ

ご訪問ありがとうございます

Welcome to Flag Counter!

フリーエリア

【免責事項】

Memorial,Steven Paul Jobs

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

Twitter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。