Blue Velvet ☆ 音彩ブログ

As time goes by.~日々の残像~ここは日常のヒトコマを切り取る場所。日々の想いや感じたままの言葉の置き場所。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --    

レディー・ガガ 『THE BORN THIS WAY BALL』 in さいたまスーパーアリーナ (Vol.2) 

興奮覚めやらぬ10日は、

帰宅後、とっておきのワインで乾杯。


20120510 ワインで乾杯

・ドライイチジク
・枝付きレーズン
・パルミジャーノ
・ベビーキウイ
・ガーリックトースト&クリームチーズ
・グリッシーニ生ハム巻




レディー・ガガ、TDLに出現 ミッキー耳でアトラクションを満喫

オフ日に六本木や原宿にも現れたそうで、
twitterや2チャンの反応がおもしろい。
http://togetter.com/li/301926


今日が公演最終日。
クールダウンしないうちに、
10日の参戦日に話を戻そう。


トイレの帰りに会場を覗いてみたら、
とんでもないことになっていた。

なんじゃ!この、人、人、人、、、、

ガイジンのリトルモンスター嬢と話し込んでいた嫁の位置がわからないほど、
人で溢れかえっている。
圧倒的に女性ファンが多いね。
有名芸能人が到着するたびに発する悲鳴には笑っちゃいましたが。

ちょーーっとボヤけちゃってますが貼り付けます。
ちなみに場内撮影に関して、一眼レフはNG、コンデジ、ケータイはセーフみたいです。
なので、今日最終日参戦される方は忘れずに。
レディー・ガガ 『THE BORN THIS WAY BALL』 in さいたまスーパーアリーナ -6

Gagaの意向で報道陣の撮影はNGという異例の“非公開ライブ”の幕開けは、
この曲でスタートした。

Highway Unicorn (Road To Love)

ENCORE含め、全23曲、激しいパフォーマンスなのに口パクじゃないってのがスゴイ。
ほとんどの曲に「トキオー!」「ジャパーン!」を入れてくれて、
中盤の東日本大震災に触れ感極まって涙ぐむシーンにはウルっときた。

セットリスト
01. Highway Unicorn (Road To Love)
02. Government Hooker
03. Born This Way
04. Bloody Mary
05. Bad Romance
06. Judas
07. Fashion of His Love
08. Just Dance
09. LoveGame
10. Telephone
11. Heavy Metal Lover
12. Bad Kids
13. Hair
14. Yoü and I
15. Electric Chapel
16. Americano
17. Poker Face
18. Alejandro
19. Paparazzi
20. Scheiße
21. Black Jesus + Amen Fashion
---ENCORE---
22. The Edge of Glory
23. Marry the Night


『Born This Way』から「The Queen」以外の収録曲全て。
『The Fame』『The Fame : Monster』からシングル曲全て。


レディー・ガガ 『THE BORN THIS WAY BALL』 in さいたまスーパーアリーナ -5

後方だったので、ナマGagaがちっちゃ過ぎたのが残念ですが、
どちらかというと、身にまとうファッションや、発言の奇抜さやネタ的な要素の強いGagaではなく、
美しく・カッコ良く・歌の上手い硬派なGagaが好きなのです。
事実、純粋に美しいコスチュームもあったし、
「You & I」や「Hair」のバラードアレンジでは観客を黙らせる声を響かせてくれた。

下手な小細工一切なしのガッツリ踊って盛り上げてくれた「Telephone」「 Scheiße」や、
ギターを片手に歌った「Heavy Metal Lover」・・・
そしてライブの為にある様な曲と言っても過言ではない「Born This Way」、「Poker Face」、
「Judas」、「The Edge Of Glory」のようなダンスナンバーでは、
きっちりダンサーと息を揃えてダンスをする姿も多く拝む事が出来て本当にカッコ良かった。



ステージ上のアーティストを見ることは、表面上の華やかさや凄さにとらわれず、
自己概念を高める行為そのもの。
大事なのは、どんな刺激を受けて、どのような“気づき”をもらったか、だ。

今回、初めてのGagaライブに参戦して問われているのは、

『何を発信して、どんな存在になるのか?』
 
こんなに自分を簡単に発信できる時代に、
その日のその気分で無意味な発信をしてもNothingだということ。

目の前の問題は、誰も解決などしてくれない。
誰かに頼っていては何も変わらない。
すべて、自分!

圧倒的な努力をしたい。 
時間じゃなく、
戦略で。

圧倒的にアタマがちぎれるほど考えて、
戦略的に行動したい。

ガンガン稼ぎ、ガンガン遊ぶ。
そのために努力は厭わない。 
だから、がんばれるんだよね。

情熱がなければ、いつかその行動は止まる。
真剣に念じてなければ、運は巡ってこない。
熱狂しなければ、奇跡などおきてくれない。

だから僕は、
真剣に、
情熱的に、
熱狂できる好きなことしかしない!と誓った。

レディー・ガガ 『THE BORN THIS WAY BALL』 in さいたまスーパーアリーナ -7


Thank you! Gaga.
Well, good‐bye until we meet again.







人気ブログランキングへにほんブログ村 音楽ブログ 好きな曲へblogram投票ボタン




関連記事

category:  ├ Lady Gaga

thread: 音楽のある生活  -  janre: 音楽

tag: 洋楽  ダンス  レディー・ガガ  ライヴ  2012年 
TB: 0    CM: 2   

コメント

うん、男性はシンガーとはいえどもどうもストレートの女性の方が好きなんじゃないかなと。だから女性に人気があるんでしょうか。私の大好きなCyndi Lauperは多国籍、多セクシュアリティの人がオーディエンスにいますけども。

LimeGreen #- | URL | 2012/05/13 23:49 | edit

Re;LimeGreenさん

Gagaは常に「私はこうなのよ」「私は私らしく」を地で行っている気がします。
自立したい願望女性のカリスマ的存在なんでしょう。
Cyndiと同じく弱者の味方ですし、世に与える影響は計り知れませんね。

次、参戦するとしたら、かみさん大ファンのAdeleかな。

Bergamot #GTh2ANWE | URL | 2012/05/14 04:48 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gekkohka.blog104.fc2.com/tb.php/480-1c975010
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PROFILE

Comments+Trackback

月別アーカイブ(過去ログ)

カテゴリ

タグクラウドとサーチ

ご訪問ありがとうございます

Welcome to Flag Counter!

フリーエリア

【免責事項】

Memorial,Steven Paul Jobs

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

Twitter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。