Blue Velvet ☆ 音彩ブログ

As time goes by.~日々の残像~ここは日常のヒトコマを切り取る場所。日々の想いや感じたままの言葉の置き場所。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --    

モーツァルトの脳内変換最終形がファルコになる理由。 

この週末、妹夫婦が遊びに来た。来月早々に「スイス・オーストリア旅行」らしい。
2ヶ月もすりゃ年末だ。遅すぎる夏休みだと笑っていた。
オーストリアはドイツ在住時代に一度だけ訪れたことがある。

アルプスを望むのどかな古都、賑わうインスブルックのマリアテレジア通り、世界遺産グラ-ツ市の街並み。
アルバムには訪問日:2001年7月15日と記してあった。
懐かしい思い出話にも花が咲く。

(スキャナーして2枚UP)

ドナウ川クルーズ船から
          - ドナウ川クルーズ船から眺める古城 -


モーツアルト像
          - ブルク庭園に立つモーツァルト像 -  
写真には写ってないが、像の前の花壇の花は、ト音記号の形に咲くように植えられている。


ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト
- Wolfgang Amadeus Mozart -

クラシック音楽に詳しくない人でも、ショパンやベートーヴェンと一緒で誰もが知る偉大な作曲家だが、
ボクの場合、モーツァルト⇒オーストリア⇒映画「アマデウス」、最終的にファルコと変換してしまう。
北斗の拳ではありません。念のため。

ここで取り上げるファルコFalco)って人は、オーストリア出身のロックミュージシャンで、
85年に「ロック・ミー・アマデウス」というヒップホップな曲が大ヒットする。
聴けば「あっ、これね!」って人も多いでしょうね。たぶん。

どうせなら、ちょっと長めの、12inchバージョン聴きましょうか。


FALCO - ROCK ME AMADEUS - 12" American edition

ファルコさん、映画「アマデウス」に影響されてこの曲を作ったらしい。
ドイツ語と英語のチャンポンなラップ調が面白いし、キワモノだけどノリがいいので当時は大好物でした。
ラップやヒップホップが今のようなメジャーなものでなかったから余計に新鮮に感じたのかも。

ヤツはパンク野郎
ウイーンというデカイ街に住んでいた
ヤツはなんでもやった
酒のために借金もした
でも女はみんなヤツのとりこ
そうして叫ぶんだ
来て! あたしをシビレさせて! アマデウス!


確かに映画では、大酒飲みで、女好きで、スケベなくせに嫉妬深く、借金まみれのしょーもない奴の一面を描いてはいるけど、クラシック界の良識派(何をもって良識というのかは置いといて)から偉大なる作曲家をここまでチャラかすってどーよ的な批判があって不思議ではない。
でも大ヒットしたという事実。オーストリア本国はもちろんヨーロッパ主要国のチャートを制覇してしまうんだから、大衆に受け入れられたってことだ。
英語圏以外の全米1位は難しいといわれるアメリカでさえBillboard 1位を記録してしまう。

それにしても、タモリの空耳アワーで取り上げられてからというもの、
「パンッ パンッ パンッ パンッ パン粉ッ パンティ パン粉ッ パンティ」にしか聴こえなくなって困るなあ(笑)





≪追記≫

98年に亡くなっていたとは知らなかったな。

1998年2月6日、ドミニカ共和国サント・ドミンゴで自動車事故により死去。(Wikiより)

なるほど、それでDVD「ファルコ 運命に翻弄されたスーパースター 」がリリースされていたのかと納得。

享年40歳か。若すぎますわなあ・・・
謹んで哀悼の意を表します。

(合掌)



関連記事

category: 【 洋楽 E・F 】

thread: 音楽のある生活  -  janre: 音楽

tag: 洋楽  1985年  ファルコ  タモリ  モーツァルト 
TB: 0    CM: 6   

コメント

おはようございます♪

ファルコ たぶん初めて・・聴きました。
ギミックを効かせた映像 サウンド
なかなか洒落た感じでいいですね!

オーストリアってイメージがこのファルコを聴いて
ちょっと変わりましたよ(笑)

ももPAPA #Wgi4adpQ | URL | 2012/10/23 09:17 | edit

で、

GazeboのI Like Chopinを思い出したんですけど、つい…。

LimeGreen #dHjVWJuc | URL | 2012/10/23 11:05 | edit

お久しぶりです。
いいですねぇ、falco!
小生、このロックミーで洋楽に入っていったへんちくりん経歴があります。
当時のFMを聞いていて、この曲の後にマドンナのyou can danceが続いて、そこから洋楽が好きになりましたねぇ。
事故死はちょっと検索したら画像が出ますよねぇ、つらいです。
falcoはいろいろありましたよねぇ。
ジェニーは確か放送禁止だったか、何かあった気もします。
確かにあのPVは精神疾患系の何らかに見えたりします。
小生はもちろんアルバム、ロックミーも好きでしたが、その後に出たウィナーブラッドの方もテープ切れるんちゃうか?ってくらい聞きましたねぇ。
懐かしいです。

mongy #- | URL | 2012/10/23 17:44 | edit

Re: ももPAPAさん

おはよー、ももPAPAさん。

日本では一発屋の印象が強いですが、本国オーストリアではスーパースターなんですよ。
アルバムのほとんどはチャート1位記録してますし。
当時のディスコではRemixされたヴァージョンもあってけっこうヘビロテでしたね。

Bergamot #- | URL | 2012/10/24 08:03 | edit

Re: LimeGreenさん

懐かしいなアイ・ライク・ショパン♪

日本のカヴァーは「雨音はショパンの調べ」だったかな。
小林麻美さんだよね。このお姉さん好きでした(笑)

Bergamot #- | URL | 2012/10/24 08:09 | edit

Re: mongyさん

おお、mongyさんってファルコ詳しいねえ!
アマデウスしか知らないBergamotですが、初めて聴いたとき一発でKOされました。
当時、小林克也が「ベストヒットUSA」で賞賛していた記憶があります。

Bergamot #- | URL | 2012/10/24 08:23 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gekkohka.blog104.fc2.com/tb.php/562-1cc70a63
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PROFILE

Comments+Trackback

月別アーカイブ(過去ログ)

カテゴリ

タグクラウドとサーチ

ご訪問ありがとうございます

Welcome to Flag Counter!

フリーエリア

【免責事項】

Memorial,Steven Paul Jobs

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

Twitter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。