Blue Velvet ☆ 音彩ブログ

As time goes by.~日々の残像~ここは日常のヒトコマを切り取る場所。日々の想いや感じたままの言葉の置き場所。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --    

ハロウィン(Helloween) - Keeper of the Seven Keys Part 2 - 

ハロウィン(Helloween)

Helloween.jpg 

Helloween抜きでジャーマン・ロックは語れねーぜ!!

今日がハロウィンだからってそこまで言う!? 
ええ、まあ、ハイ



Keeper of the Seven Keys Part 2
Keeper of the Seven Keys Part 2

邦題:守護神伝~第二章~ 

Amazon登録情報
 CD (2006/8/8)
 ディスク枚数: 2
 フォーマット: Original recording remastered, Import, from US
 レーベル: Sanctuary Records
 ASIN: B000GG4XD8
 EAN: 0060768642928

Amazonで詳しく見る

ディスク:1
 01. Invitation
 02. Eagle Fly Free
 03. You Always Walk Alone
 04. Rise And Fall
 05. Dr. Stein
 06. We Got The Right
 07. March Of Time
 08. I Want Out
 09. Keeper Of The Seven Keys
 10. Save Us
ディスク:2
 01. Savage (B-Side Taken From Dr. Stein EP)
 02. Livin Ain't No Crime (B-Side Taken From Dr. Stein EP)
 03. Don't Run For Cover (B-Side Taken From I Want Out EP)
 04. Dr. Stein (Remix From Treasure Chest)
 05. Keeper Of The Seven Keys (Remix From Treasure Chest)


ドイツが誇る世界的に有名なロックバンドは?といえば、マイケル・シェンカー・グループ(M.S.G.)、スコーピオンズ(SCORPIONS)になるだろうけど、ハロウィンだって負けちゃいけない。でも、今いち人気が無い、知名度が無いと思うのは気のせいだろうか。ハロウィンは日本語読みで、正しくは「ヘロウィン」。スペルをHell(地獄)としたことでメタルっぽさを醸しだしているが、最初はそのネーミングのコミカルさから、食わず嫌いなバンドだったのは否めない。一変したのは、この1988年発表3rdアルバム「Keeper ~ Part 2」を聴いてから。

バンド名からは程遠い、気風の良さ、粋のいい初々しさにイメージが180度ひっくり返ったのを覚えている。

天下とったるでー的ガッツはいいとして、それをアルバムのタイトルに向けちゃうセンスと方向性についてはいかがなものよ?と半分小バカ状態で聴いてたら、これが思ったより全然良くて、ちょっとやそっとじゃ計り知れないほど驚いちゃった作品。前年(87年)発表の日本デビュー作「Keeper ~ Part 1」を凌ぐキスクのシャウト、リフの切れ、秀逸なサビメロ、どれをとってもメロスピ指向のメタラーは確実におさえておくが吉。

「Keeper ~ Part 1」もぜひ押えておきたいアルバムなのに、どこを探しても見当たらないってことは、おそらく息子行きか誰かの所有物になっているかと思う。「I'm Alive」が秀逸。Amazonでゲットするしかねーか。
まあ、ぐたぐた言ってないで、一番気に入っている曲を聴こうよ?

I Want Out (#08.)



CDをinして初っ端に聴くナンバー。これでHelloweenにはまっちまったんだよ!!これで!!!!
あうぉんっあぅぁ~~~
ライイブよりこのPVっていうかスタジオ盤が好きかも。
Aメロ~Bメロ~サビの流れが完璧。
とぅ~び~ふりーーーーーー!!!!!!外へ出たいい!!!!!!(イミフメイ)

でも、

ゲイリー・ムーア「Out In The Fields」に似てる?
       Out In The Fields by Gary Moore on Grooveshark

カイのギタソロもM.S.G.「Into The Arena」のまんま?
       Into the Arena by Michael Schenker Group on Grooveshark

まあこれぐらいは(笑)アノ曲とコノ曲なんちゃらってのは言い出したらキリがない。


Keeper of the Seven Keys Part 2
Keeper of the Seven Keys Part 2

大好物なストライク曲(ベスト5)は以下の通り。圏外5曲はステ曲ってわけじゃありません念のため。

TRACKナンバー
  ↓
(#08.) I WANT OUTレビュー参照)

(#02.) Eagle Fly Free
     Eagle Fly Free by Helloween on Grooveshark

(#05.) Dr. Stein
     Dr. Stein by Helloween on Grooveshark

(#07.) March Of Time
     March of Time by Helloween on Grooveshark

(#09.) Keeper Of The Seven Keys
     Keeper of the Seven Keys by Helloween on Grooveshark

次点で(#04.)Rise And Fall も好物。



番外

キスクのシャウトは、さすがに今は無理だろうと探したら、昨年の「ラウパ」でのHOTな映像発見。
うわあ44歳?すっげーよすっげー!現役バリバリ超絶シャウト健在!!!アタマも腹も歳喰った!!!
2009年、新バンドUNISONIC結成。盟友カイも参加している。





関連記事

category: 【 洋楽 G・H 】

thread: 音楽のある生活  -  janre: 音楽

tag: 洋楽  HR/HM  ドイツ  1988年  ハロウィン  Helloween  UNISONIC  マイケル・シェンカー・グループ  スコーピオンズ 
TB: 0    CM: 4   

コメント

読んでました

ぜったいこれやってくれると思ったのですよ(笑)。

私もI Want Outが大好きでしたねー。
以前ドイツ人のペンパルがいて、「Helloweenが好き」と言ったら、「結構みんなそう言うのよねー。ドイツじゃそれほど有名じゃないのよ。」と意外な答えが返ってきましたよ。ヨーロッパの複雑なマーケティングの一面を見たような(アメリカで売れるバンドは本国にはあんまり力入れないっていうか)。

LimeGreen #dHjVWJuc | URL | 2012/10/31 21:57 | edit

Re: LimeGreenさん

や、ヤバイ!読まれていたとは(笑)
というか、そういう読みが嬉しいBergamotです。ドモアリガトーーー!!
うーーん・・・本国でもそういう扱いだったとは意外だな。
でも、彼らの北欧に与えた影響は大きいと思うんですけどねー。

Bergamot #GTh2ANWE | URL | 2012/10/31 23:43 | edit

Helloween

"小粋なネーミング"
このバンドは知らなかったです。
音もパワフル&ドライヴ感溢れてますね♪

言われてみれば "I want out" 雰囲気似てますね~
ギターのリフも・・
大いに影響は受けてるのかもですね

ももPAPA #Wgi4adpQ | URL | 2012/11/01 23:56 | edit

Re: ももPAPAさん

ね?似てるよねー

Helloweenは、僕の周りにも知らない人多いです(笑)

Bergamot #GTh2ANWE | URL | 2012/11/02 06:18 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gekkohka.blog104.fc2.com/tb.php/569-e4de572e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PROFILE

Comments+Trackback

月別アーカイブ(過去ログ)

カテゴリ

タグクラウドとサーチ

ご訪問ありがとうございます

Welcome to Flag Counter!

フリーエリア

【免責事項】

Memorial,Steven Paul Jobs

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

Twitter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。