Blue Velvet ☆ 音彩ブログ

As time goes by.~日々の残像~ここは日常のヒトコマを切り取る場所。日々の想いや感じたままの言葉の置き場所。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --    

サンプリング曲集(備忘録)  

希に往年の名曲をサンプリングという技術で構築された楽曲がヒットチャートを賑わしたりする。
その多くは圧倒的にHIPHOP、R&B、ダンスミュージックに見受けられるのだけど、
コード進行やベースラインだけ頂いちゃったり、歌詞のワンフレーズだったり、サビ部分を丸ごと打ち込んだり、
その斬新さから話題性も先行して元ネタもヒットするという不思議な現象が起きたりするから目が離せない。

サンプリングの歴史を探っていくと、上に書いたように多種多様であり探し出すにも大変な作業になる。
でも、元ネタを知ることで、よりいっそう洋楽を聴くのが楽しくなること間違いなし。
そういうわけで、今まで琴線に触れた楽曲を思いつくままに備忘録として書き記していきたいと思う。
よってこの記事は、随時更新とさせていただこう。(年代順不同)



T.I. feat. Rihanna - Live Your Life (2008年)  NEW



2008年、T.I.(クリフォード・ジョセフ・ハリス・Jr.)の6thアルバム『ペーパー・トレイル: 真実の行方』からのシングル。
リアーナをフィーチャリングし全米1位を獲得。プロデュースはジャスト・ブレイズ 。
元ネタは社会現象にもなったオゾンの「ドラゴステア・ディン・テイ/恋のマイアヒ」をサンプリング。
のまネコが懐かしい。

O-Zone - Dragostea Din Tei (2004年)






SWV-Right Here (Human Nature MIX) (1992年) 



90年代に活躍した女性R&BグループSWVの代表曲とも言える曲。
1992年、マイケル・ジャクソンの「Human Nature」をサンプリングしたバージョンで全米2位を獲得。

Michael Jackson - Human Nature (1983年)
Human Nature by Michael Jackson on Grooveshark





Madonna - Hung Up (2005年)



2005年、約2年ぶりにリリースされた11thアルバム「Confessions on a Dance Floor」からのファーストシングル。アバ(ABBA)の「Gimme! Gimme! Gimme! (A Man After Midnight)」をサンプリング。
世界43ヶ国でNo.1を記録。これはポップ・ミュージック界史上、No.1最多獲得国数。全米最高7位を記録。
これでTOP10入りシングルのエルヴィス・プレスリーの持つ記録(36曲)に並ぶタイ記録を樹立。
マドンナ48歳となった2006年は、通算6度目となる2年ぶりのワールドツアー「Confessions Tour」の話題に尽きる。北米を廻ったあと、欧州、そして9月には13年ぶりとなる日本公演が東京と大阪で行われた。
ボクも東京ドーム公演最終日に参戦。(このときの模様は後日記事アップする予定)

abba The Definitive Collection
ABBA関連記事はこちら

ABBA - Gimme! Gimme! Gimme! (A Man After Midnight) (1978年)
Gimme! Gimme! Gimme! (A Man After Midnight) by ABBA on Grooveshark






The Toys - Lovers Concerto (1965年)



60年代に活躍した米国女性ユニット『ザ・トイズ』は日本ではあまり馴染みがない。
バッハ作曲「メヌエット」原曲をそのままアレンジしたこの曲「ラヴァーズ・コンチェルト」は、
ジャズ界のディーバだったサラ・ヴォーン(Sarah Vaughan)のカバーのほうが有名かもしれない。

え?
バッハ作曲じゃないの?
クリスティアン・ペツォールト(Christian Petzold, 1677~1733)の作品であることが通説となってるぞ。
って、ええええーーーーっ?
新しい発見。

Sarah Vaughan - Lovers Concerto (1965年)
A Lover's Concerto by Sarah Vaughan on Grooveshark





The Sugar Hill Gang - Rapper's Delight(1979年)



ラップ史に残る最古の曲らしい。ツーフィンガーのファンクでタイトなベースラインがカッコイイ。
元ネタは1979年当時のディスコを牽引した『Chic』の「Good Times」(全米1位)
『Queen』の「Another On Bites the Dust」(全米1位)にもこのベースラインがインスパイアされている。

Chic - Good Times (1979年)
Good Times by Chic on Grooveshark

Queen - Another On Bites the Dust (1980年)
Another One Bites The Dust by Queen on Grooveshark





Janet Jackson - All For You (2001年)



さわやかなR&Bの代名詞とも言えるような超有名曲。元ネタは『Change』の「The Glow of Love」らしいが、
幾度聴けど別モノにしか聴こえないんだよね。しかも、ベースラインがChicのGood Timesだ。
ってことは、この2曲の位置はここではなくってことになりゃしませんかねえ。恐るべしChic!

Changeはイタリア産バンド。メインボーカルにR&Bの大御所ルーサー・ヴァンドロスを迎え最大のヒットとなる。
※ルーサー・ヴァンドロス(Luther Vandross)2005年逝去。54歳という若さだった(合掌)

Change - The Glow of Love (1980年)
The Glow of Love by Change on Grooveshark

Chic - Good Times (1979年)
Good Times by Chic on Grooveshark





Beyoncé - Crazy In Love (2003年)



ビヨンセのソロデビュー作。8週連続全米1位を記録。恋人Jay-Z(後に夫となる)フィーチャーしたことで話題性も十分。確かにすごいエンターティナーだと思う。
このイケイケ感が大好きな人もいれば、ボクみたいに1曲だけ聴けばもうお腹一杯な人もいるはず。
キライじゃない。でもスキでもない。
元ネタはシカゴを代表するソウルグループ『Chi-Lites』の「Are You My Woman?(Tell me so)」。
ホーンセッションがたまらん。元がカッコイイんです。だからビヨンセも良くなった。そんな感じかな。
うーーーん、ダメ、もうダメだ。笑いをかみ殺せない。渡辺直美のモノマネがこびりついて離れない(笑)
バックダンサーまでも真似しちゃうんだからすっげーよ。
渡辺直美


Chi-Lites - Are You My Woman?(Tell me so) (1970年)
Are You My Woman? (Tell Me So) by The Chi-Lites on Grooveshark





Around The Way - Really Into You (1993年)



90年代を代表するR&Bクラシックの名曲。少し切なさが漂い、この曲で泣いた人もいるのでは?
元ネタ『Grover Washington Jr』の「Just the two of us」の邦題は「クリスタルの恋人たち」。
けっこう好きな邦題である。大都会ニューヨークに強い憧れを抱いたころを思い出させる。

Grover Washington Jr - Just the two of us (1982年)
Just the Two of Us by Grover Washington, Jr. on Grooveshark





MC Miker G & DJ Sven - Holiday Rap (1986年)



『Madonna』のデビュー曲「Holiday」をサンプリング。
自然に体が動き出す超ハッピーなナンバー。

Madonna - Holiday (1983年)
Holiday (Immaculate Collection Album Version) by Madonna on Grooveshark





関連記事

category: 【 随筆的なサムシング 】

thread: 音楽のある生活  -  janre: 音楽

tag: 洋楽  ディスコ/クラブ  HIPHOP  R&B  ダンスミュージック  サンプリング 
TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gekkohka.blog104.fc2.com/tb.php/572-35b9b01f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PROFILE

Comments+Trackback

月別アーカイブ(過去ログ)

カテゴリ

タグクラウドとサーチ

ご訪問ありがとうございます

Welcome to Flag Counter!

フリーエリア

【免責事項】

Memorial,Steven Paul Jobs

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

Twitter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。