Blue Velvet ☆ 音彩ブログ

As time goes by.~日々の残像~ここは日常のヒトコマを切り取る場所。日々の想いや感じたままの言葉の置き場所。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --    

♯新年会2013 ♯大島渚監督 ♯愛のコリーダ ♯クインシー・ジョーンズ 

新年会 2013

10年前起業セミナーで知り合った同期と、今年、その時の講師を交えての新年会。

兄貴分もいれば、弟分、妹分もいる。ある意味、奇天烈で破天荒で我がままな集団だ。
その道のプロフェッショナルがボクの周りにいて、困ったら彼らに聞ける。 
これほどまでに幸せなことはない。たったひとりでがんばっても、しょせん自己基準の中。

限界を超えるには、すでに限界以上で普通に生活している人達と、
「時間」「会話」「空間」を共有することだ。

越えて行けそこを。越えて行けそれを。今はまだ人生を語らず 。

                         - よしだたくろう -

大島渚監督の訃報の話題にも触れた。
朝まで生テレビで収集つかなくなるほど突然キレまくって、時々にかって笑う。
ギャップの高低差ありすぎて耳キーンなるわ驚きもし、激情型の性格が面白かった。

作品は「愛のコリーダ」「戦場のメリークリスマス」くらいしか知らないが、
それまでの邦画の概念を覆したというか、タブーに挑戦した日本初のハードコア「愛のコリーダ」は、
批判覚悟で言うなら彼の代名詞的作品だと思う。⇒レビューはこちら
いやいや、病に倒れて奇跡の復活作品『御法度』こそと言う。まてまて、『新宿泥棒日記』だよ!
『夏の_ 』なんとかというのもあったな。とか、通なヤツにしかわからない作品も出てきて、
この話題で不謹慎ながらも盛り上がってしまった。

「ぼくはスキャンダルが大好きなんだよ」

そう言い放った大島監督、その顔と声の記憶に、今、叱咤激励されている気がする。

タブーなんて恐れるな。タブーにぶつかってもひるむな、「スキャンダルが大好き」で戦い抜け。
そういうことなんだろう。

謹んでご冥福をお祈りします。



Quincy Jones - Ai No Corrida

関連記事

category: 【 随筆的なサムシング 】

thread: 日々のつぶやき  -  janre: 日記

tag: 映画  大島渚  吉田拓郎  洋楽  ソウル  R&B  クィンシー・ジョーンズ 
TB: 0    CM: 2   

コメント

「愛のコリーダ」

中学の同級生が大島渚監督についてFBでコメントしていてそれで亡くなったことを知りました。彼も「愛のコリーダ観たことが」というので、「実は私もこっちで…」と言ったら、彼が見たのはやはり修正版だったということでした。彼のお友達で、フランスでセンサー全く入ってないやつを観たってひとがいましたね。私は勿論こっちでNot Rated版をしかもNetflixで普通に借りちゃったという。ダンナがそれで一緒に観ててびっくりしてました。いやはや凄い映画でした。

私が好きなのはやっぱり「戦メリ」ですけどね。ボウイも教授も綺麗で…(をい)。教授はいまでもお綺麗だけど(笑)、ボウイはね…(苦笑)。

LimeGreen #dHjVWJuc | URL | 2013/01/17 20:47 | edit

Re: 「愛のコリーダ」

「戦メリ」はまだじっくり観てないんですよ。教授とボウイの抱擁シーンが印象深い(笑)

Bergamot #GTh2ANWE | URL | 2013/01/19 23:32 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gekkohka.blog104.fc2.com/tb.php/606-17ada9a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PROFILE

Comments+Trackback

月別アーカイブ(過去ログ)

カテゴリ

タグクラウドとサーチ

ご訪問ありがとうございます

Welcome to Flag Counter!

フリーエリア

【免責事項】

Memorial,Steven Paul Jobs

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

Twitter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。