Blue Velvet ☆ 音彩ブログ

As time goes by.~日々の残像~ここは日常のヒトコマを切り取る場所。日々の想いや感じたままの言葉の置き場所。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --    

「欲しい本、探します」の甘い誘惑 

2013-05-24 神保町
(2013-05-24)

古本の聖地神保町に立つと寄り道してあれこれ物色したくなるんだよね。

店に入ると古紙の放つ湿った匂いっていうのかな、

あの独特な鼻に抜けていくすすけた匂いが好きだったりする。



古本屋で探している本に出会えたらラッキーだ。
兎にも角にも古本全体の絶対数が多いし、希少なものであることも珍しくない。
一軒の古本屋で扱う本の量を考えたら、探している本に出会う確率なんて、ほとんどゼロに近い。


今はネットで本を簡単に探すことができるから、そういう苦労も少なくなった。
それでも、見つからない本というものがある。
古本の世界というのは、本当に奥が深いなあと思う。

2013-05-24 神保町 -2

デストロイヤーに卍固め!! 42年前の「ゴング」にくぎ付けになる。

あのころ猪木はヒーロー、馬場は神だったなあ・・・猪木不死鳥のカムバックと書かれていた。



小さな古本屋でも「欲しい本、探します」なんて貼り紙を見ると、ついつい期待を抱いてしまう。
小さくても、実は、すごい力を持っていて、ものの数分で探している本を見つけてしまうのではないだろうか。
とか、たかが古本屋だと思っていたけれど、これはもしかしてもしかするぞ。みたいなね。

そういう期待感MAXでワクワクしながら、レジで欲しい本の題名を告げると、大抵はイヤな顔をされる。
この日もそう。
「そういう本は買う人が少ないから、あまり流通してないんだよねえ」
ほーら来た聞き慣れた常套句が。
こっちはあまり流通していないから、アチコチ苦労して探しているんだってば。

今までずいぶん多くの店で探求書を申し込んできたけれど、連絡が届いたことは、これまでに一度もない。
そもそも探してくれているのかどうかも不明だし、意識の片隅にでも置いてくれているのかどうか・・・
こちらでは確かめる術はない。
たとえそうであっても一縷の望みを託して氏名、連絡先を書いて店主にお願いする自分(苦笑)

現実的に考えると、一冊の本をピンポイントで探し出すというのは、かなり無茶なんだろうなあ。
まして、それが古本という世界であれば、なおさらのこと。
子供みたいに甘い夢など、おちおち見ないことだよ、この世界は(笑)


2013-05-24 天使と悪魔

上・中・下そろっていたので捕獲。315円なり。
映画がおもしろかったので読んでみようかなと思ってたのですよ。
昨日「下」に突入。

関連記事

category:  ├ Books

thread: この本買いました  -  janre: 本・雑誌

TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gekkohka.blog104.fc2.com/tb.php/608-cccbea57
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PROFILE

Comments+Trackback

月別アーカイブ(過去ログ)

カテゴリ

タグクラウドとサーチ

ご訪問ありがとうございます

Welcome to Flag Counter!

フリーエリア

【免責事項】

Memorial,Steven Paul Jobs

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

Twitter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。