Blue Velvet ☆ 音彩ブログ

As time goes by.~日々の残像~ここは日常のヒトコマを切り取る場所。日々の想いや感じたままの言葉の置き場所。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --    

『はだしのゲン』が閲覧制限。 

<はだしのゲン>松江市教委、貸し出し禁止要請「描写過激」

漫画家の故中沢啓治さんが自らの被爆体験を基に描いた漫画「はだしのゲン」について、「描写が過激だ」として松江市教委が昨年12月、市内の全小中学校に教師の許可なく自由に閲覧できない閉架措置を求め、全校が応じていたことが分かった。児童生徒への貸し出し禁止も要請していた。出版している汐文社(ちょうぶんしゃ)(東京都)によると、学校現場でのこうした措置は聞いたことがないという・・・
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130816-00000054-mai-soci


作者が身を削る想いで命がけで描きあげた魂の叫びだってことわかっているのかな。
閉架措置ということは有害図書に認定したということ。大変な憤りを禁じ得ない。
子供たちが自由に話し合い、考えること、知る権利をも奪うことになる空恐ろしさ。

はだしのゲン、閲覧制限必要ない 広島知事

「change.org」で措置の撤回を求める署名活動が行われていて賛同し署名しました。

風立ちぬの喫煙シーンに対する抗議もそう。「見ちゃダメ」「聞いちゃダメ「してはダメ」、
なんでもかんでもダメ!ダメ!ダメ!そんなに無菌室で蝶よ花よと育てたいのか?
この国にはリスキーなものから目を背けたり、遠く遠く追いやろうとする変ちょこりんな大人が多すぎる。
生命の尊さばかり唱えて、けっして死を見ようともしない。それをあたかもないようにふるまう。
だから、幾つになっても他人に依存し、想像力の乏しいとんでもねーイカレポンチが量産されるんだ
あるべき姿を考えさせないで、あるいは見せないで、エサだけ与えるんじゃ動物園の見世物と一緒だ。

2013-08-20はだしのゲン

息子の部屋にあったのでめくってみたら読み返してたような形跡あり。
なぜこうなったの?なぜ日本が負けたの?なぜ、なぜ、なぜ・・・・
ショックを受けても、いろんなことを聞いて、頷いたり、納得しなかったり。
娘は読んで泣き出した記憶がある。それでいいんだ。ありのままの感情を出して。
僕が最初に読んだのは、少年ジャンプに連載してたころだ。(40年前か・・・)
確かに怖い、おぞましい、と思って読んだけどね。
あれはエンターテイメントの怖さではなく大量破壊兵器への恐怖だよ。
今生きる世界がどれだけ平和でありがたいかも、それで知る。
忘れた頃にまたそういう映画、戦争報道をみて思い出す。そんなトラウマの何がいけないんだ。

「戦争」を考えて「平和」がある。

「死」を考えて「生」がある。

「最悪」のことを考えて「最善」の知恵がでる。


関連記事

category: 【 随筆的なサムシング 】

thread: 日々のつぶやき  -  janre: 日記

TB: 0    CM: 2   

コメント

これもアニメになりましたが

こっちでレンタルされてたものには、しっかりRとなってました。私はそれ見てびっくり。「みんなが観るべきものなのに…マンガよりよっぽどやわらかい表現にしてあるのに…。」と悔しかった。

でもまさか日本の人が同じように思うとは、あきれてものも言えません。

私もおっしゃるように大昔にちょこっと読みました。毎週のように通っていた歯医者さんで(ジャンプ、マガジンはそこで読めた)。爆風の後顔中にガラスが刺さって泣いている子供、遺体が見つかって、火葬したら骨も残らなかったというお母さん(だったかな)のエピソードなどを今でも覚えています。子供心にむごいことだとは思ったけど、それが悪影響になんかなるとは全く思わないし、かえって、いい影響になったと思っています(こんなこともう二度とあってはならないのだと思えたということで)。

この様子じゃ、「火垂るの墓」や「ガラスのうさぎ」が発禁になるのもそう遠くはないんじゃないですか…怖いなぁ。

LimeGreen #dHjVWJuc | URL | 2013/08/21 20:23 | edit

Re: LimeGreenさん

反戦思想に対するプロパガンダが見え見えで本当に嫌な気分にさせられました。
教育者がこんなことをしてちゃいかんですよ。
世の中にはもっと規制すべきものが氾濫しているのに、
こんな馬鹿げた措置は直ちにやめるべきですね。

Bergamot #- | URL | 2013/08/22 23:54 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gekkohka.blog104.fc2.com/tb.php/667-cee10c40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PROFILE

Comments+Trackback

月別アーカイブ(過去ログ)

カテゴリ

タグクラウドとサーチ

ご訪問ありがとうございます

Welcome to Flag Counter!

フリーエリア

【免責事項】

Memorial,Steven Paul Jobs

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

Twitter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。