Blue Velvet ☆ 音彩ブログ

As time goes by.~日々の残像~ここは日常のヒトコマを切り取る場所。日々の想いや感じたままの言葉の置き場所。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --    

始まりのまま変化しないものは無い。 

2013-10-03-1.jpg


いとこからリンゴが届いてた

ありがとう達兄っ!!


2013-10-04-1.jpg

甘くてジューシー!!

病み上がりの体は嬉しい悲鳴をあげていた

この蜜の濃度は

青森や信州のブランドに負けてはいない



実はまだ弱ってます。
そんな状態なのに、昨夜は、ずっと懇意にしてきた方の結婚祝いという特別な夜で、
本調子じゃないのにカミさんと二人で出かけたのでした。

おめでとう!と乾杯して、
ウイリアム王子の結婚式で供されたシャンパーニュ「ポル・ロジェ」を手渡したんですよ。
ね、なんかいいでしょ。
「シャンパンはうたかたの泡、結婚もねー、うたかたの泡みたいなもんだからねー、
その泡が消えてから先がホントの人生だからねー」
とか、酔ってもないのにへろへろのトーンで言ってはみたものの・・・・その話には食いつきはなく(笑)
彼女は今後の生活とか、家電の話とか、料理の話とか、語ることは当然未来のことであり!!
まったく大きなお世話さんでした。わははは。しょうがねえなあ、おっさんは(爆)

7cda3c5e.jpg

それにしても、若い人から見ると、人生は長く、目の前に横たわっている砂漠の向こうに、
夢の国があるのか、オアシスがあるのか、はたまた蜃気楼だけなのか、
それだけでワクワクなんだろ~な~と疲れたおっさんはウンウンと頷いてシャンパンをあおるのでした。
すべてを風邪のせいにしてはいるのだけれど。

年月が過ぎて、50歳を超えて、気がつくと此処にいた・・・・・という表現は、
ある程度年配の方なら納得いただけるだろうけど、あの時こっちに曲がっていればよかったなあ、とか、
あの時あいつに邪魔されなければなあとか、してもしきれぬ後悔なんざいくらでもある。
でも、過ぎてみるとそれは大半は自分に帰属するものなのだろう。それは誰のせいでもない。
どんなに他人のせいにしかならないような口惜しいできごとだって、
最後は自分でケツ拭かないと「自分の人生」にならないのだろうと、今は思う。

全てのものは常に同じ形に留まらない。すべてのものは変化しつづける。
それは絶対的な自分の価値観の中でも変わっていくんだと思う。
幾千年の間も変わらぬ人の世の常と言える諸行無常の意味は計り知れない。
諸行無常は、有形無形を問わず、カタチもココロもヒトも何もかも全て、時間と共に移り変わる「理」を持つ。

関連記事

category: 【 随筆的なサムシング 】

thread: 日々のつぶやき  -  janre: 日記

TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gekkohka.blog104.fc2.com/tb.php/684-13462f3c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PROFILE

Comments+Trackback

月別アーカイブ(過去ログ)

カテゴリ

タグクラウドとサーチ

ご訪問ありがとうございます

Welcome to Flag Counter!

フリーエリア

【免責事項】

Memorial,Steven Paul Jobs

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

Twitter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。