Blue Velvet ☆ 音彩ブログ

As time goes by.~日々の残像~ここは日常のヒトコマを切り取る場所。日々の想いや感じたままの言葉の置き場所。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --    

「拘束と開放」 

包み込むには隙間が多すぎて

何で包めばいいのか分からなくて

訳のわからぬ気持ちで包もうとして

それは靄のように拘束などできなくて


確かめたくて貴女をまさぐり

中から澱んだものを搾りだし

すべての骨を砕く程に強く抱くんだ



このまま手をつなぎ眠り続けたら

10万年後に化石となって発見され

僕らのことをロマンチックに語られることだろう



関連記事

category: 【 随筆的なサムシング 】

thread: 詩・ことば  -  janre: 小説・文学

TB: --    CM: --    

PROFILE

Comments+Trackback

月別アーカイブ(過去ログ)

カテゴリ

タグクラウドとサーチ

ご訪問ありがとうございます

Welcome to Flag Counter!

フリーエリア

【免責事項】

Memorial,Steven Paul Jobs

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

Twitter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。